新卒NLPエンジニアが取り組んだ音声合成システムにおける句境界予測モデルの導入

はじめに

こんにちは、2020年4月に新卒としてLINE株式会社に入社した二又 航介です。テキスト音声合成システムの研究開発を担当するAI開発室 Voiceチームに所属し、音声合成システムにおけるテキスト処理部の研究開発やチームの機械学習基盤構築に取り組んでいます。

学生時代は機械翻訳や同時通訳に関連する研究に取り組んでいました。研究以外の活動としては、アルバイト・インターンでの対話システムや機械翻訳システムの研究開発、個人活動としてwebアプリケーション開発などを行っていました。このような活動を通じて、数多くのユーザーに利用される自然言語処理技術を活かしたサービスに携わりたいという思いからLINEを志望しました。学生時代は専ら自然言語処理に関連する研究に取り組んでいましたが、音声合成に興味を持ち始め、かつ音声合成システムの研究開発において自然言語処理の知見が活きるタスクが多くあるため、これらに取り組む形でVoiceチームに配属しました。

全体研修や集中開発研修を経て、去年8月にAI開発室 Voiceチームに配属となりました。エンジニアとして入社した同期が、配属部門での開発業務についての紹介記事を同ブログに投稿する中、研究開発業務に関する記事は上がっていなかったので、LINEの研究開発業務における雰囲気を掴んで頂きたくこの記事を執筆しました。この記事では、自然言語処理エンジニアとして入社し、AI 開発室 Voiceチームで過去半年間取り組んだ業務内容について紹介します。

Bootstrap5がリリースされました!

はじめに

こんにちは。フロントエンド開発センター(UIT) 岡崎です。

LINEはBootstrapを応援しており、2021年5月からはSponsorも行っています。また、OSS貢献の一環としてBootstrap日本語リファレンスの翻訳・運営も担当しています。

Bootstrap4正式公開から3年4ヶ月、2021年5月5日に待望のBootstrap5正式版がリリースされました!

今回はバージョン4からの変更点をチェック、公式Blog記事(英語)を日本語に翻訳して紹介していきます。

「LINE Technical Writing Meetup vol.1」を開催しました!

こんにちは、Developer Contentチームのmochikoです。LINE株式会社でテクニカルライターとして働いています。

2021年3月11日(木) に、「LINE Technical Writing Meetup vol.1」をオンラインにて開催しました。テクニカルライティングをテーマにした技術者向けのミートアップは初開催だったため、どの程度みなさんに興味を持ってもらえるかという心配もあったのですが、蓋を開けてみたら600人超の参加申し込みをいただき、当日もQ&Aの時間内では回答しきれないほどの質問をいただいて、大盛況のイベントとなりました。

この開催レポートでは、当日の様子を動画や資料でご紹介していきます。

UIT Meetup vol.12「リニューアル戦略発表会」を開催しました

3月10日に、フロントエンドコミュニティ UIT の 12 回目となるミートアップ「UIT meetup vol.12『リニューアル戦略発表会(一部から全部まで)』」を開催しました。

今回の UIT meetup では、『リニューアル・リプレース』をテーマに、3名の登壇者によるセッションをお送りしました。

【登壇・協賛情報】CloudNative Days Spring 2021 ONLINE

2021年3月11日(木)・12日(金)の2日間にわたって開催される、CloudNative Days Spring 2021 ONLINEにて、LINEはゴールドスポンサーおよびCMスポンサーを務めます。また、当日はLINEのエンジニアが登壇いたします。

【インターンレポート】ドメイン適応と相互情報量最小化に基づくクロスリンガル音声合成の研究

みなさんこんにちは。私は2020年7月から10月まで行われたLINEのサマーインターンシップでLINE Speech Teamに参加した辛 徳泰 (シン トクタイ, Detai Xin) といいます。このインターンシップで私はクロスリンガル音声合成のためのdisentangledな話者・言語表現を獲得する方法をテーマにして、研究成果をトップカンファレンスに論文投稿することを目標に研究開発を行ってきました。私はその3か月間で開発・実験・論文執筆を行い、そこでの成果をまとめた論文[1]は音声処理のトップカンファレンスであるICASSP2021(IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing)に採択されました。

このブログでは、今回行った我々の研究について簡単に紹介したいと思います。

【インターンレポート】 独立低ランク行列分析を用いた音源分離・残響除去

LINE株式会社の 2020 年度夏季インターンシップに参加しました中嶋 大志と申します。普段は東京都立大学大学院で音源分離に関する研究をしています。
今回のインターンシップでは LINEのData Labs の Speech チームに所属し、 Robin Scheibler さんにメンターになっていただきました。

【インターンレポート】多次元データに対する差分プライベートなデータ探索

2020年夏のインターンシップに参加した加藤郁之です.今回のインターンシップでは,多次元データに対する差分プライベートなデータ探索の実現に関する研究を行いました.また,インターンシップ終了後も,アルバイトとして半年間研究に携わりました.

本研究に関する論文は,2021年3月に開催される 第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021) で発表予定です.

【Team & Project】 Smart Channelのレコメンド配信システムの開発を担当しているチームを紹介します

LINEの開発組織のそれぞれの部門やプロジェクトについて、その役割や体制、技術スタック、今後の課題やロードマップなどを具体的に紹介していく「Team & Project」シリーズ。今回は、レコメンド配信システムを開発しているCRS Devチームを紹介します。 CRS Devチームの渡邉と萩原に話を聞きました。 

【LINE証券 Frontend】requestIdleCallbackを活用して初期レンダリング時間を約14%削減した話

こんにちは。フィナンシャル開発センターの鈴木です。LINE証券のフロントエンドを担当しています。この記事は【LINE証券 FrontEnd】シリーズの4番目の記事です。

最近のWeb Vitalsの隆盛を受けて、LINE証券のフロントエンドでもパフォーマンスの改善に取り組み始めました。およそ2週間ほど改善に取り組んだ結果として、開発環境での計測ではLighthouseのperformanceスコアが従来より30点ほど上昇しました。

パフォーマンス改善のためにさまざまな施策を行いましたが、この記事ではその中でも興味深かったものとして、requestIdleCallbackを活用してLazy Loadingされるコンポーネントの読み込みを遅延し、その結果初期レンダリングにかかる時間を約14%削減できた事例をご紹介します。