FIDO at LINE: パスワードのいらない世界に向けて

本日、LINEの認証サーバであるLINE Authentication Serverが、サービス提供会社として世界初のFIDO Universal Server1認証を取得できたことを報告できた事を嬉しく思っています。
LINEは近い将来、FIDO認証を通じてログイン、認証などを生体情報(顔、指紋など)やYubikey、Google Titan keyのような外部認証装置を通じて容易に手早く行うことができるように、研究開発を進めています。FIDOの導入によって認証手段を限定することなく、パスワードやPINなどの認証情報をサービスと共有する認証方式の代わりに公開鍵暗号化方式を活用して、非常に強力な認証をサービスを利用する皆様に提供することができます。

LINE Thingsで自己紹介!? E inkを使ったLINE Thingsの活用事例

こんにちは。LINE Thingsの開発を行っている伊藤(@cpulabs)です。 今回はLINE Thingsで使用できるデモデバイスに関して、詳しい利用方法と何が出来るかについて説明します。
以前、LINE Advent Calendar 2018にてLINE Thingsに対応した2つのデバイスを簡単に紹介しました。(記事:https://engineering.linecorp.com/ja/blog/line-things-prototype/)
今回これから紹介するのはこのうちLINE Things E-cardデバイス (Bluetooth LE電子ペーパーディスプレイ) に関してです。

【登壇・協賛情報】YAPC::Tokyo 2019

2019年1月26日(土)に開催される日本最大のPerlコミュニティイベントYAPC::Tokyo 2019にて、LINEはプラチナスポンサーを務めます。

また当日はKeynoteとして、Perl6のコミッターであり、LINE Ads Platform担当のエンジニアリングマネージャーである松野 徳大(@tokuhirom)が登壇いたします。

チケット発売中ですので、是非お早めにお申し込みください。

LINE Developer Meetup #46 in Kyoto開催レポート

こんにちは、LINE Fukuoka 株式会社で iOS エンジニアをしている竹下です。

去る11月15日(木)に京都にて LINE Developer Meetup #46 が開催されましたので、参加レポートをお届けします。

今回のテーマは「モバイルアプリ」ということで、LINE メッセンジャーアプリはもちろん、簡単に LINE スタンプが作成できる LINE Creators Studio の開発秘話などを弊社エンジニアが発表しました。

今回は100名の方にご参加いただきました。ありがとうございました!

LINE and Intertrust Security Summit 2018, Autumn参加レポート

セキュリティ室の市原です。

今回は、2018年10月29日(月)にローマ(Museo de Arapacis)で開催された
“LINE and Intertrust Security Summit 2018, Autumn”について、幾つかのスピーチやパネルセッションをピックアップして報告します。

Website: https://www.intertrust.com/company/events/2018-fall-line-summit/

ハイライト映像: 

【登壇情報】IoTスタートアップセミナー LINEが描く2025-IoTサービスの未来に迫る

2019年1月31日(木)に開催される 【IoTスタートアップセミナー】LINEが描く2025-IoTサービスの未来に迫る にLINEのテクニカルエバンジェリスト 立花翔 が登壇いたします。

公式サイト【IoTスタートアップセミナー】LINEが描く2025-IoTサービスの未来に迫る

LINE DEVELOPER DAY 2018 総まとめ

Developer Relationsチームの桃木です。

11月21日に開催した、LINEのエンジニア向け技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2018」のハイライト動画を本日公開しました。本記事では、ハイライト動画にあわせて、これまでバラバラと公開していた講演資料 や動画、多めの写真などを総まとめとして掲載しました。カンファレンスの当日の模様、そして、セッションの様子などをご覧いただければ幸いです。また、当日お話ししたセッションの関連職種(絶賛積極採用中です!)もご紹介させていただきます。
かなりかなり長〜くなっておりますが、年末年始などのお時間ある際にぜひぜひご覧ください。

Developer of the Month 2018.11 中村憲一郎様インタビュー

Clova Extensions Kit&Clovaスキルストアの公開に合わせてスタートした「Developer of the Month」。毎月一度LINEのAPIを使いこなして素晴らしいサービスをリリースしていただいた開発者の皆様の中から一組を新宿ミライナタワーオフィスにご招待し、インタビューと副賞の贈呈を行います。

第4回「Developer of the Month」は、ClovaスキルとLINE Botを組み合わせたサービスである「マイトレーニング」を開発した中村憲一郎様です。「マイトレーニング」は、LINE Messaging APIやLINE Pay APIとの連携がとられ、LINE BOOT AWARDS 2018のファイナリストにも残った優秀作品です。インタビューでは開発されたサービスのほか、中村様が開発されてきた開発者向けのツールについても伺います。

中村憲一郎氏

Namelti : 人名の読み仮名候補を自動列挙するためのライブラリ

メリークリスマス !!
LINE Advent Calendar 2018の最終日は、Clovaの自然言語理解システムの開発に携わっている佐藤敏紀(@overlast)が担当します。今年のクリスマスプレゼントは自分で自分に、超小型ジンバル付きカメラを買いました。いつかまた子供の頃の様にサンタさんからプレゼント貰いたいです。
今回のテーマはタイトルにも含まれている、”人名の読み仮名候補の自動列挙”についてです。

Kubernetes上で動作する機械学習モジュール配信管理基盤Rekcurd (ex Drucker) Update (PyPI, LDAP対応, etc…)

こんにちは、Clova開発室でNLU (Natural Language Understanding) を担当している 服部 (keigohtr) です。この記事は LINE Advent Calendar 2018 の24日目の記事です。
こちらの記事では、以前LINE Engineering Blog「夏休みの自由研究 -Summer Homework-」でご紹介した「Clovaにおける機械学習モジュールの管理運用基盤Druckerについて」からのアップデートを紹介します。