【Team & Project】LINEアプリのiOSクライアント開発をしているチームを紹介します

LINEの開発組織のそれぞれの部門やプロジェクトについて、その役割や体制、技術スタック、今後の課題やロードマップなどを具体的に紹介していく「Team & Project」シリーズ。今回は、LINEアプリのiOSクライアント開発チームを紹介します。マネージャーの富家将己と朴盛民に話を聞きました。

LINEアプリのiOSクライアント開発チームのzoom会議の様子

【LINE証券 FrontEnd】コンポーネントをカスタムフックで提供してみた

こんにちは。フィナンシャル開発センターの鈴木です。LINE証券のフロントエンドを担当しています。

以前の記事でご紹介した通り、LINE証券ではReactを使用しています。React 16.8で導入されたフックの機能は非常に革新的で、特にカスタムフックの概念によってReactにおけるコンポーネント設計は大きく様変わりしました。我々もフック時代のコンポーネント設計を試行錯誤しており、その結果はLINE証券にも反映されています。

この記事では、その中でも我々が最近ハマっている「カスタムフックを通じてコンポーネントを提供する」という、いわば“render hooks”とも言うべき設計パターンを紹介します。

All TypeScript で開発したLINEで動くリアルタイムクイズアプリの裏側

LINE株式会社フロントエンド開発センター(通称: UIT)の折原です。

先日、6月17日に開催した UIT meetup vol.9 で、本編の前にウォームアップとして、フロントエンドに関するクイズ企画を開催しました。そこで使うことを目的として、UIT App という名前で LIFF のアプリを作成しました。

UIT App は LIFF で動作するクイズアプリです。
現状クイズだけですが、今後はいろんな取り組みをこのアプリ上で動作させることができるようになっていく予定です。

この UIT App を実装するにあたって、フロントエンドでは StencilJS を、サーバーサイドでは NestJS を採用しました。
これらを使ってみての所感や、こだわった箇所などを紹介したいと思います!

Tech Demo Day:リモートワークを逆手にとった情報・成果の共有と協業の推進

はじめに

こんにちは。LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)の伊藤 宏幸(Hiroyuki Ito)です。

  • 「隣のチームが何をやっているのか(全く)分からない」
  • 「このチームがなぜその施策を進めようとしているのか分からない」
  • 「あの組織が、開発・運用しているツール・サービスの技術スタックやアーキテクチャを共有してくれず、参考にしたくてもできない」

皆さんのチーム・組織・会社では、このような「不満」は出ていませんか?

UIT meetup vol.9 「The new normal frontend」を開催しました

フロントエンドコミュニティ UIT のミートアップ 9 回目は「The new normal frontend」というテーマで 6 月 17 日に開催しました。

オンラインで開催する UIT meetup はこれで 2 回目になります。昨今の状況で皆さんの中にも、働き方や生活様式が大きく変わった人も多いんじゃないでしょうか。そんな中、UIT meetup vol.9 ではこの状況下で新しいプロジェクトを完成させた Changhee Kim さん、リモートワークが当たり前な会社で働くための基盤を構築した Lena Morita をゲストにお呼びしてお話していただきました!

【LINE証券 FrontEnd】Page Stack の進化と課題

こんにちは、sunderlsです。2年前Page Stackについての記事「LINEマンガ:Page Stackを使ってサクサクなページ遷移を実現できました」を出しました。LINE証券でもこのアプローチをとっています。

この記事ではPage Stackはどう進化したのか、どんな課題を抱えているのかを説明します。

LINEの社内には「テクニカルライティング」の専門チームがあります

こんにちは、Developer Contentチームのmochikoです。LINE株式会社でテクニカルライターとして働いています。今日は「テクニカルライター」というお仕事と、LINEにあるテクニカルライティングの専門チームについてお話しします。

LINE Timelineの新たな挑戦vol.1 – おすすめのコンテンツが探索できる「ディスカバー」と新しい購読モデルの「フォロー」

LINEの「タイムライン」に「ディスカバー」機能と、新たな購読モデルとなる「フォロー」機能が追加されました。ユーザーにとっては目新しい機能ではないかもしれませんが、これらの機能を実装するにあたって、私たちが何に悩み、工夫したかをみなさんに共有したく、この記事を書くことになりました。今回の記事を皮切りに全3回のシリーズで、詳しい情報をお届けしたいと思います。

  • LINE Timelineの新たな挑戦vol.1 – おすすめのコンテンツが発見できる「ディスカバー」と新しい購読モデルの「フォロー」
  • LINE Timelineの新たな挑戦vol.2 – ディスカバー配信システムの紹介
  • LINE Timelineの新たな挑戦vol.3 – ディスカバー・レコメンド・モデルの詳細

【Team & Project】LINEのMessaging Server開発業務、Apache Kafkaプラットフォームの開発・運用をしているチームを紹介します

LINEの開発組織のそれぞれの部門やプロジェクトについて、その役割や体制、技術スタック、今後の課題やロードマップなどを具体的に紹介していく「Team & Project」シリーズ。
今回は、LINEのMessaging Server開発業務、Apache Kafkaプラットフォームの開発・運用をしているチームについて紹介します。Z PartチームのWonpill Seo、井出真広、Javier Luca de Tena、河村勇人に話を聞きました。

Z Partチームのzoom会議の様子