LINE Engineering
Blog

  • 「Bug Bounty」をテーマとしたSecurity Meetupを開催しました!
    k2wanko 2018.05.24

    LINEで脆弱性探してます。

    こんにちは、LINEのセキュリティ室でセキュリティエンジニアをしているコキチーズです。LINEでは、社内のエンジニアであれば誰でも技術イベントの企画や、勉強会での登壇が可能です。またそういったエンジニアの対外的な活動を支援してくれる専門のチームが社内に存在します。
    それを利用して「Bug Bounty」をテーマとした勉強会「Meetup in Tokyo #34 - Security Bug Bounty -」を開催しました。
    セキュリティの勉強会を主催するのは初めてで不安でしたが、結果的に大勢の方にお越しいただきました。皆様ありがとうございます。

    Bug Bounty Security

    もっと見る

  • 脱シンプルBot!Chatbotプログラムを最大限活用するためには?[from CodeIQ]
    LINE Engineering Blog 2018.05.24

    編集部注:本記事は過去に CodeIQ MAGAZINE にて掲載されたものと同一内容となります 2017年はChatbotイヤー!
    オリジナルのBotの作成に挑戦してみた方も多いのでは?
    私も公開されているAPIドキュメントやサンプルプログラムを見れば、シンプルな応対Botなら簡単に作ることができます。
    今回は、そのもう一歩先。さらにステップアップして、より柔軟性の高い、まるで人間と会話しているかのようなBotの作り方を学んでいきましょう!

    CodeIQ chatbot

    もっと見る

  • LINE Developer Meetup in Kyoto #33 参加レポート
    Hirakida Yosuke 2018.05.23

    こんにちは、LINE Fukuoka株式会社で開発エンジニアをしている開田です。 4月25日(水)に京都でLINE Developer Meetup #33が開催されましたので、参加レポートをお届けします。 今回も100名近い方にご参加いただき、ありがとうございました!



    今回は「ミドルウェア」をテーマに、2人の弊社エンジニアが登壇いたしました。

    LINE Developer Meetup LINE Kyoto LINE_DM

    もっと見る

  • LINE Developer Meetup #32 参加レポート
    Fujishima Shigeyuki 2018.05.22

    はじめまして。LINE FukuokaでVerdaという弊社プライベート・クラウドのサービス開発をしている藤嶋です。4月24日(火)にLINE Developer Meetup #32が開催されました。今回のブログ記事ではイベントの様子や各セッションの内容をご紹介いたします。

    今回のミートアップのテーマは「インフラ」でした。Amazon Web ServiesやGoogle Compute Engineを代表するパブリック・クラウドが普及した現代において、「インフラ」は過去の定義を大きく超える範囲を含むことがあります。今回のテーマはそういった事情を反映したかのように、非常に幅広い話題を含むものとなりました。登壇者は弊社エンジニアだけではなく、GMOペパボの高石様とさくらインターネットの鷲北様にもご登壇頂きました。また、今回も引き続き、多くの方にご参加いただきました。当日は雨が降っておりましたが、欠席は非常に少なく、参加者の関心の高さが伺えるものでした。ご参加いただきました皆様にこの場を借りて感謝を申し上げます。




    LINE Developers Meetup LINE Fukuoka

    もっと見る

  • 【登壇・協賛情報】JJUG CCC 2018 Spring
    LINE Engineering Blog 2018.05.22

    2018年5月26日に開催される日本最大のJavaコミュニティイベント「JJUG CCC 2018 Spring」 にて、LINEはゴールド&寿司スポンサーを務めさせていただきます。また、LINEのエンジニア3名が登壇いたします。 参加費は無料ですので、満員になる前にお早めに参加ご登録ください!

    登壇情報 協賛情報 jjug_ccc

    もっと見る