【登壇・協賛情報】MANABIYA TERATAIL DEVELOPER DAYS

2018年3月23日(金)〜24日(土)に開催されるITエンジニア特化型問題解決カンファレンス「MANABIYA TERATAIL DEVELOPER DAYS」(主催:レバレジーズ株式会社、会場:アーツ千代田3331)にて、LINEはゴールドスポンサーを務めさせていただきます。また両日とも、LINEのDeveloper Advocate、Culture Evangelist、Managerが登壇いたします。
参加費は無料ですので、満員になる前にお早めに参加ご登録ください!



先進の擬人化技術を搭載した筋トレーナーBotを体験しよう

3月23日(金) 16:35~17:15 (詳細ページ)

LINEで友だちに追加するだけで結果にコミットしてくれるトレーナーがいたら?
このセッションではLINEのBotとして動作するあなたの専属マッスル・トレーナーを体験いただきます。トレーニングをガイドしてくれるのみならず、自然な対話を理解し、柔軟に応答するありさまを実感していただいた上で、そのBotがどのように構成されているのか、開発者目線で中身を解剖していきます。自然言語解析、LINEの各種API、Bot開発フレームワークなどの組み合わせ技をソースコードレベルで堪能ください。皆さま、LINEをインストールしたスマホをお忘れなく。

中嶋 一樹
LINE株式会社 Developer Advocate
形になっていないアイディアがあるとすぐにBotを用いて形にする仕事をしています。


社内に情報発信する文化を根付かせ、ブログのPVを56倍にした7つの方法

3月23日(金) 17:30~18:10 (詳細ページ)

技術的な情報発信を推奨する文化を自社に根付かせたい。より広く、より深く知ってもらうために技術的なブログを開始したい。そういった会社は多いのではないでしょうか。
このセッションでは、LINE社内に技術的なアウトプットを根付かせることに奔走した1年の振り返りと、自身もブロガーであり数々のオウンドメディアを立ち上げて運用してきた経験を活かして LINE Engineering Blogの投稿数を2.4倍、PVを56倍にした手法を余すところなくご紹介したいと思います。

櫛井 優介
LINE株式会社 Culture Evangelist
Developer Relations Teamで技術系イベントやエンジニアBlogなどを担当。
LINEのエンジニア文化を広め伝えています。スタートレックとお寿司が好き。


スキル可視化で実現する強い組織の作り方 〜テック企業が選考で見るスキルとは〜

3月24日(土) 16:35~17:15 (詳細ページ)

Googleやfacebookなど、海外の企業はエンジニアの採用評価において、ホワイトボードコーディングやコーディングテストを行うことで、お互いのミスマッチをなくし、より高いパフォーマンスを発揮してもらうのが一般的ですが、近年日本に置いてもスキル評価に注力している企業が増えてきています。
ここでは、LINEの技術選考を担当する橋本さんとスキル評価支援ツールを提供するGiveryの新田が、これから評価されるべきエンジニアのスキルについて議論していきます。
なお、こちらのセッションはパネルディスカッションとなります。

橋本 泰一
Data Labs /Clova Center マネージャー
10年間の東京工業大学の助教、特任准教授を経て2014年よりLINE株式会社入社。
専門領域は自然言語処理、情報検索、データマイニング。
現在は、データ分析システムおよび機械学習インフラの開発・運用を担当する組織にて副室長として従事。
データ分析業務の傍ら、教員として学生と向き合った経験を見込まれ、技術職の新卒採用の選考を担当。


【イベント概要】

名称:MANABIYA TERATAIL DEVELOPER DAY
日時:2018年3月23日(金)11:00~20:30、2018年3月24日(土)11:10~18:05
会場: アーツ千代田3331(〒101-0021 東京都目黒区下目黒1-8-1東京都千代田区外神田6-11-14)
参加費: 無料 (事前登録制)

チケット情報など詳細は公式サイトをご覧ください。

Related Post