LIFF v2がリリースされ、外部ブラウザ対応やQRコードリーダー等便利な機能が追加されました。

LIFF v2

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

LIFF(LINE Front-end Framework)のv2がリリースされ、In App Browserや外部ブラウザからも利用できるようになりました。LIFFについてはこちらの記事を参照下さい。

※ QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

主な変更点

LINEアプリ以外の環境への対応

v1では、liff.init()等の関数はiOSもしくはAndroid搭載端末においてline://appで始まるURLをリクエストした際にLINE上で開くViewのみで動作しておりましたが、v2ではIn App Browserや外部ブラウザからの利用も想定し、認証処理やメッセージの送信が強化されています。

ユーザーのメールアドレスが取得できるように

LINEログイン v2.1との互換性が向上し、ユーザーのメールアドレスの取得が可能になりました。

クライアントAPIの追加

それに伴い、新たに追加された機能を簡単に利用することができるAPIが追加されています。

関数名サポートバージョン
liff.init(successCallback, errorCallback)v1
liff.init(config, successCallback, errorCallback)v2
liff.openWindow()v1
liff.getAccessToken()v1
liff.getProfile()v1
liff.sendMessages(messages)v1
liff.closeWindow()v1
liff.initPlugins([“bluetooth”])v1
liff.getOS()v2
liff.getLanguage()v2
liff.getVersion()v2
liff.isInClient()v2
liff.isLoggedIn()v2
liff.login()v2
liff.logout()v2
liff.getAccessToken()v2
liff.scanCode()v2

使い方

liff.init(config, successCallback, errorCallback)

SDK v2 を使用開始するために、必ずページ読み込み完了後に実行が必要となる API です。

SDK v2 では LIFFを利用する場合はliffIdを渡す必要があるため、configは必須のパラメータとなります。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.getOS()

iosandroidwebいずれかの値を返します。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.getLanguage()

LIFFアプリ(LIFF SDKを導入したWebアプリケーションを指します)を動作させている環境の言語設定を文字列で返します。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.getVersion()

LIFF SDKのバージョンを文字列で返します。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.isInClient()

サービスがLINEアプリ上からアクセスされているかどうかを返します。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.isLoggedIn()

ユーザーがLINEのアカウントを利用してログインしている状態の場合はtrueを返します。trueの場合、アクセストークンが必要なAPIを呼び出すことが可能です。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.login()

ユーザーをLINEログイン画面へ遷移させます。任意の引数loginConfig.redirectUrlを設定することでログイン後に遷移する先を指定できます。指定しない場合はLIFFのエンドポイントとして設定したURLに遷移されます。

ログイン成功時はクッキーにデータが保存されますので、遷移先においても認証が必要なクライアントAPIの利用が可能です。

なお、本APIはLINEアプリ上以外のブラウザからのアクセスの場合のみ利用できます。

詳しくはこちらを参照して下さい。

liff.logout()

ユーザーをログアウトさせます。

詳しくはこちらを参照して下さい。 

liff.getAccessToken()

アクセスしているユーザーのアクセストークンを取得します。

詳しくはこちらを参照して下さい。 

liff.scanCode()

QRコードリーダーを起動します。読み取った結果は文字列の形でコールバック関数に渡されます。

なお、本APIはLIFFアプリにScanQR権限が付与済みかつ、LINEアプリ上で起動された時のみ利用できます。

詳しくはこちらを参照して下さい。 

まとめ

v2へのアップデートにより、マルチプラットフォーム対応のWebアプリケーションにLINEを利用した認証を簡単に組み込めるようになりました。

LINEは国内で月間8,100万ユーザーが利用しており、LIFFの他にもMessaging APILINE Pay APIなど、サービスの開発に役立つたくさんのAPIを提供しております。

APIをうまく活用した、良質なサービスの登場を心待ちにしております。

なおドキュメントはこちらです。

Related Post