Share Target Pickerがリリースされ、LIFFアプリからのメッセージ送信が大幅に強化されました。

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

LIFFにShare Target Pickerが追加されましたので機能、メリット、活用事例をご紹介します。

LIFFについては以下の記事を参照下さい。

https://engineering.linecorp.com/ja/blog/liff-v2/

Share Target Pickerとは

Share Target Pickerとは、LIFFから送信先を選んでメッセージを送信することが出来る機能です。

これにより、

  • トークルームやグループから開かれなかった場合でも、メッセージを送信できる
  • LIFFアプリをLINE上で開いた場合だけではなく、ブラウザから開いた場合もメッセージを送信できる
  • 自分以外の友だちや自分が入っていないグループにもメッセージを送信させることができる

といったことが可能になります。メリットを考えてみましょう。大きく2つあります。

  • サービスtoユーザーで出来ることが広がり、LIFFアプリで解決できるユーザーの課題が増える
  • ユーザーtoユーザーのメッセージ送信が可能になり、ゲーム等でソーシャル要素を持たせることが可能に

どちらもサービス運営者の方には嬉しいメリットではないでしょうか。

使い方

Share Target Pickerを利用するためには、LINE Developersのチャネル内LIFFタブ内にて利用規約に同意する必要があります。同意はShare Target Pickerを利用しようとするチャネル毎に必要です。

Share Target Picker同意

同意したら、liff.sendMessages()の代わりに以下を呼び出すだけです。

liff.shareTargetPicker([
  {
    type: "text",
    text: "this is a test"
  }
])
  .then(
    alert("ShareTargetPicker was launched")
  ).catch(function(res) {
    alert("Failed to launch ShareTargetPicker")
  })

これでユーザーが送信先を選んでメッセージを送信することが可能になります。

サンプルLIFFアプリ

サンプルLIFFアプリを作ってみましたので動作を動画でお見せします。実際に触って見たい方はこちら(アプリ経由)もしくはこちら(ブラウザ経由)から。

(※アプリ経由のShare Target PickerはiOS版とAndroid版のLINE 10.3.0以降でサポートされます。)

家族に帰宅時間をLINEするようなケースを考えてみて下さい。そのために必要な手順は、

  • LINEを開く
  • トーク一覧タブを開く
  • トークルームを探し、開く
  • テキストボックスをタップし、キーボードを開く
  • キーボードを数字に切り替える
  • 数字を入力
  • キーボードを日本語に切り替える
  • 「時に着きます」等と入力
  • 送信ボタンをタップ

毎日繰り返している作業ですので無意識にやっていますが、結構な手数が必要です。しかも、座っている状態なら簡単ですが自転車に乗っていたり、徒歩で移動中などの時は危険ですね。また、電車が止まったり事故にあってしまった時など、上記の作業が何度も発生してしまう場合もあります。

これをLIFFをShare Target Pickerを利用したサンプルアプリ利用に置き換えてみます。その際の手順は

  • ホーム画面にあるLIFFアプリへのショートカットをタップ
  • 帰宅時間を入力するためのボタンをタップ
  • Share Target Picker経由で送信先を選び、共有

と、とても簡単に入力できます。

また、ショートカットをホーム画面に追加しそこからアクセスしているため、LINEアプリを操作することなくメッセージの送信が可能になります。

しかもこちらの場合は送信できるのはトークルームを開いている相手だけではなく、好きな相手に、同時に共有できます。

子供にも帰宅時間を知らせたいような場合には便利ですね。

まとめ

LIFFのメッセージ送信強化によりこれまではMessaging APIの補助としてのイメージがあったLIFFが、より独立した「アプリケーション」として振る舞えるようになりました。

今年はスーパーアプリやOMO等、サービスのあり方やプラットフォームに大きな変化が予想されています。

皆様からの面白いLIFFアプリの登場を心待ちにしております。

公式ドキュメント

追記

2020年3月25日、オンラインにてLINE Developer Community主催の勉強会「【オンライン】Share Target Picker を試してみた」が行われました。

当日は私からShare Target Picker含むLIFFの重要性やLIFFの活躍が予想されるミニアプリの可能性についてご説明した後、API Expert含む開発者の皆様から4つのLTが行われました。

Youtubeのアーカイブと資料を掲載しますので是非御覧ください。

三浦 耕生さん ※ API Expert

中村 優輝さん(クラスメソッド株式会社) ※API Expert

金谷 拓哉さん(株式会社 神戸デジタル・ラボ) ※ API Expert

捧 隆二さん(Voice App Lab)

ターゲットピッカーの動作環境について (2020年3月3日21:30 追記)

  • ターゲットピッカーは、LINEアプリ(iOS / Android) ver10.3.0以降でサポートされます。
  • シェアターゲットピッカーを有効化すると、LIFFアプリでのシェアターゲットピッカーの利用有無にかかわらず、LINEアプリ(iOS / Android) ver10.3.0未満を使用しているユーザーが、そのチャネルに関連付けられたLIFFアプリを起動したときにエラーが表示されます。

(2020年3月5日18:00 追記)
上記の仕様を改修し、シェアターゲットピッカーを有効化していても、ターゲットピッカーを使用していないLIFFアプリは、ユーザーのLINEアプリのバージョンに関わらず影響を受けなくなりました。
サポート対象外のバージョンを利用しているユーザーには、エラーメッセージが表示されます。

Related Post