KC3〜関西情報系学生団体交流会〜協賛レポート

9/16(日)に京都リサーチパークで開かれたKC3~関西情報系学生団体交流会~にて、LINEは懇親会スポンサーを務めました。

KC3は関西の学生が集まる交流会で、今回は9大学12団体が参加していました。

勉強会では、それぞれの団体がお題を出して11のハンズオンが行なわれていました。OpenCVやUnity、ChainerやAIスピーカのスキル開発といった最近の技術の勉強会が行われており、どれも きしだも参加したいと思うようなテーマと内容の充実度でした。
写真はRaspberry PIでNFCにアクセスする勉強会のものです。

中でも目をひいたのが、立命館大学情報理工学部プロジェクト団体RiG++さんのところでのモーションキャプチャでした。元々はUnityでキャラクタをアニメっぽく表示させる勉強会なのですが、勉強会が落ち着いたころにどなたかが持ち込んでいたモーションキャプチャデバイスをつなげて、勉強会で作成したキャラクタを動かしていました。想像以上にちゃんと動いていて驚きです。周りの学生さんたちからも「これで美少女に生まれかわれる!」などの声があがっていました。

勉強会が終わると、企業講演のあと場所を移動して懇親会が行われました。

懇親会での飲み物と食べ物はLINEから提供させていただきました。


懇親会ではLT大会も行われて、きしだもLTをさせていただきました。学生までの勉強は試験やレポートなど明確なタイムリミットが設定されることが多いですが、プログラマとしての勉強はそういった締め切りがないので、長い時間かけて効率悪くても一歩ずつ進めればいいのではないかという話をしました。

他のLTも全部は聞けませんでしたが面白い内容でした。

1日を通して、学生さんたちの技術の高さや興味の深さ、熱気などを感じることができるイベントでした。運営のみなさまもおつかれさまでした。

Related Post