LINE Developer meetup #53 in KYOTO 開催レポート

LINE Fukuokaのきしだです。
4/24(水)に京都烏丸コンベンションホールでLINE Developer meetup #53 in KYOTOを開催いたしました。
今回のテーマは「iOSアプリ」で、UIコードの設計、Swiftコードの操作、Swiftでのネットワークアクセスについてのセッションを行いました。

Revisiting Massive View Controller / Su PingChen(LINE Fukuoka)

最初のセッションでは、LINE FukuokaのSu PingChenさんがGUI構築コードの設計について、UIViewやUIViewContorollerの使い方の例をあげて説明しました。

Swift コードのための Swift プログラミング / ezura(LINE)

2番目のセッションでは、LINEのezuraさんが、SwiftSyntaxを使ったSwiftコードの操作について、テキストリテラルを探してWarningを出したりProtocolの順番を入れ替えたりする例とともに説明しました。個人的にはこういったメタプログラミング(プログラミングのためのプログラミング)に興味があるので、参考になりました。

Networking shouldn’t be so hard / onevcat(LINE)

最後のセッションではLINEのonevcatさんが、ネットワークアクセスコードが要求の高度化とともに複雑になる様子を示して、どのように対処していくかということをコードサンプルとともに説明しました。コードが複雑化するとともにフォントが小さくなっていき、大きめのフォントのコードで再構成していく様子がわかりやすかったです。

懇親会

いつも通り、ビールと寿司での懇親会も盛り上がりました。

今回から、LINEロゴ入りのコップになっています。

ということで、平成最後のLINE Develper meetupになりましたが、次の元号でもLINE Develper meetupをよろしくおねがいします。

LINEでは、モバイルアプリを開発するクライアントエンジニアを募集中です。

また、クライアントエンジニア以外にもエンジニアを募集していますので、こちらをごらんください。

Related Post