! This post is also available in the following languages. 英語, 韓国語

LINE DEVELOPER DAY 2021 振り返りレポート

Developer Successチームの佐藤です。

11月10日、11日の2日間、LINEの技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2021」を開催しました。まずは、ご参加/視聴いただいた皆さま、登壇いただいたLINEおよびそのグループ企業の登壇者の皆さま、運営に携わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

LINE DEVELOPER DAY 2021は、COVID-19感染拡大の影響で昨年に引き続き、オンラインイベントでの開催となりました。この記事では、LINE DEVELOPER DAY 2021がどのような傾向で登録・参加・視聴されたのかを各種数値とともに振り返ってみようと思います。

Contents

LINE DEVELOPER DAY 2021では、LINEおよびそのグループ企業の社員77名に登壇いただき、2日間×4トラック合計59のセッションを行いました。全てのセッション動画を合計すると 約28時間のコンテンツが配信されました。
昨年は3日間×6トラック合計155のセッションを行いましたが、今年は約1/3のセッションに厳選をしました。イベントを企画する上で、多くのセッションを持つことよりも、一つ一つのセッションのクオリティ向上やそのサポートを充実させ、満足度の高い技術の発表を実現すること、また私たちチームや登壇者、関係するマネジメント層などの企画・準備工数を掛けすぎないことを優先しました。

アーカイブ動画や講演資料が公開されていますので、ぜひお時間ある際にご覧ください。
*アーカイブ動画および講演資料は、公式Webサイトの各セッションの詳細ページからも視聴・閲覧可能です。

なお、ログミーTechにて、一部セッションの書き起こし記事も順次公開されていますので、こちらもぜひご覧ください。
https://logmi.jp/events/2825

Registration

11月11日イベント終了時点で、5,938名の方に登録をいただきました。内訳は、韓国から2,831名(47.7%)・日本から1,831名(30.8%)となりました。

昨年と比較すると累計9,980名→5,938名(59%)の数値です。昨年は日本以外の地域で初めて事前プロモーション活動を行なったことや、オンライン開催ということで登録ハードルの低さもあり、登録数は全体的に想定していた数字よりも大きく上振れしました。今年は、社会的にもオンラインイベントへの登録・参加意向が落ち着いたようで、昨年よりも全体的に登録者数が伸びませんでした。

一方でWebサイトやセッションの全てを従来の日本語・英語に加えて今回初めて韓国語でも翻訳・通訳対応を行ったこともあり、韓国からの登録は昨年の1,930名から大きく増加し、最終的に2,831名(142%)の登録を集めることができました。

Number of Total
(Current registered) 
Rate
(Current registered) 
Total5,938
Korea2,83147.67%
Japan1,83130.83%
Taiwan59510.02%
Thailand2123.57%
Indonesia3515.91%
Vietnam781.31%
Other400.67%
Japan1,83130.8%
(Not Japan)4,10769.2%

登録時のフォームで入力いただいた項目に関しては以下の通りです。

登録者属性

Server Side Engineerが最多の1,822名(30.69%)、Student 684名(11.52%)、Frontend Engineer 664名(11.18%)などが多くなりました。

職種人数割合職種人数割合
Server Side Engineer1,82230.69%Data Scientist1312.21%
Student68411.52%Marketing/PR911.53%
Frontend Engineer66411.18%Security Engineer751.26%
Other3786.37%IT Consultant711.20%
Android Engineer2594.36%Site Reliability Engineer671.13%
Data Engineer2114.36%Data Analyst631.06%
iOS Engineer2464.14%Designer631.06%
R&D1722.90%Software Engineer in Test300.51%
QA/Test Engineer1712.88%Support Engineer270.45%
Project Manager1702.86%Database Engineer210.35%
ML Engineer1692.85%Network Engineer200.34%
Product Manager1652.78%Sales Engineer200.34%
Infra Engineer1352.27%Hardware Engineer120.20%

気になるカテゴリランキング

rankカテゴリ票数rankカテゴリ票数
1Server Side2,8928Team & Process1,908
2AI2,6329iOS/Android1,516
3Data2,62010Security1,399
4Infrastructure2,12911QA/Test1,376
5Developer Product2,06612Blockchain1,292
6Machine Learning1,97313OSS973
7Frontend1,94414Corporate IT959

ブックマーク数 ランキング

参加登録者限定のWebサイトブックマーク機能について、平均ブックマーク数は3.12でした。

ブックマーク数の上位10セッションは以下の通りです。

ranksession titleブックマーク数
1LINE Platformのサーバー障害処理プロセスと文化589
2LINE Messaging Platform におけるHBaseとKafkaのデータパイプラインと活用例588
3LINT:HTTP/2とTLSによる Network Modernization558
4開発者フレンドリーなUIコンポーネントライブラリの作成502
5膨大な楽曲数を扱う検索機能を支えるElasticsearchの構成と速度改善手法487
6RedisのPub/Subを使って設定情報を大規模ユーザに高速配布した話478
7LINEの開発者向けドキュメントを支える「テクニカルライティング」の専門チーム474
8PIPE: 開発者体験を改善するための CI/CD + Runtime464
9Opening Keynote457
10TCP実装に起因する大規模Kafkaクラスターのリクエスト遅延解決までの道のり447

Attendees

イベント期間中の参加者数(Webサイトのユーザー数)は、2日間累計で22,685名でした。昨年と比較すると累計15,116名→22,685名(150%)の数値になりました。

参加/視聴者数のほとんどが日本と韓国からでした。イベント中は、未登録・未ログインでも配信の視聴が可能としていたことや当日にもSNS広告で誘導をかけたこともあり、参加者数が登録者数を上回りました。

Day1Day2Total
Japan5,1613,9119,072
South Korea5,0123,0178,029
Taiwan8905431,433
Thailand6653811,046
United States427272699
Indonesia417258675
Vietnam395243638
Other6424511,093
Total13,6099,07622,685
※ Google Analyticsによる計測数値

CTOなどによるOpening Keynoteの視聴ユーザーは1,682名が視聴していました。以下がDay1とDay2の視聴ユーザー数の上位10セッションです。Day1のセッションの方が多くの参加者を集めました。

Day1の視聴ユーザー数 上位10セッション

ranksession Titleuserpageview
1Opening Keynote1,6824,276
2LINE Messaging Platform におけるHBaseとKafkaのデータパイプラインと活用例1,1841,838
3LINT:HTTP/2とTLSによる Network Modernization1,0401,733
4LINEのコンピュータビジョン研究-その現状と将来6521,028
5LINE Platformのサーバー障害処理プロセスと文化616947
6出前館におけるサービス向上のための機械学習594808
7大規模な汎用日本語言語モデルを搭載した「HyperCLOVA」の現575829
8分断されてしまったデータを2000台を超えるひとつのデータプラットフォームに統合した話543822
9PIPE: 開発者体験を改善するための CI/CD + Runtime532719
10LINEデータプラットフォームにおけるApache Icebergの導入491743
※ Webサイトのアクセスログによる計測数値

Day2の総視聴者数上位10セッション

ranksession Titleuserpageview
1次世代マーケティングデータ活用基盤「Business Manager」開発の裏側454675
2LINE NEWSにおけるレイアウトシフト問題への取り組み428646
3出前館におけるReact Nativeアプリ開発のこれまでとこれから362472
4LINEの開発者向けドキュメントを支える「テクニカルライティング」の専門チーム350399
5LINE Blockchainでもプログラムを動かす-Web外で活躍するWebAssembly349502
6開発プロセスを改善するLINEのQA 〜品質活動のQC領域からQA領域への拡大〜344480
7大規模クライアントアプリ開発チームの生産性を改善した仕組み化の数々340440
8RedisのPub/Subを使って設定情報を大規模ユーザに高速配布した話337524
9膨大な楽曲数を扱う検索機能を支えるElasticsearchの構成と速度改善手法319418
10開発者フレンドリーなUIコンポーネントライブラリの作成318403
※ Webサイトのアクセスログによる計測数値

 

LINE Avatar

登壇者一人一人のLINE Avatarを作り、セッションの詳細ページやLIVE紹介Cardなどで活用しました。思った以上に登壇者が楽しんでカスタマイズをしていたので、Avatarからも登壇者の個性が滲み出ていました。オンラインカンファレンスに親しみやすさとカジュアルな雰囲気を出すことができました。

Archive

各セッション終了後にYouTubeで公開をしました。

イベント終了後約1ヶ月となる11/10-12/11の期間でチャンネル視聴回数は 41,636 回とYouTubeで公開した後も多くの方にセッションをご視聴いただきました。以下が該当期間のアーカイブ動画視聴回数の上位10セッションです。

アーカイブ視聴回数 日本語 上位10セッション

ranksession Title視聴回数
1Opening Keynote – 20212,649
2大規模な汎用日本語言語モデルを搭載した「HyperCLOVA」の現状756
3大規模クライアントアプリ開発チームの生産性を改善した仕組み化の数々556
4Zホールディングス各社におけるデータマネジメントの取り組み540
5出前館におけるサービス向上のための機械学習529
6LINEの開発者向けドキュメントを支える「テクニカルライティング」の専門チーム 463
78年続くPerlプロダクトをKotlinに書き換えた話451
8TCP実装に起因する大規模Kafkaクラスターのリクエスト遅延解決までの道のり427
9膨大な楽曲数を扱う検索機能を支えるElasticsearchの構成と速度改善手法382
10LIFF/LINEミニアプリ超入門 – 特徴と実践的な開発352
※ YouTubeアナリティクスによる計測数値

Feedback

イベント参加者に全体についてのアンケートを行い、252件の回答がありました。ご協力ありがとうございました。

イベント全体への満足度は、非常に満足 73件(26%)、満足 138件(66%)、普通 32件(13%)、不満 3件(1%)、非常に不満 6件(2%)でした。
また、次回参加意向についても、必ず参加したい156件(63%)、内容や時期によるが参加したい83件(33%)、あまり参加しようと思わない6件(2%)、参加しない4件(2%)と、高い評価を得ました。

最後に

今回のオンラインイベントは、安定したクオリティと進行で無事イベント終えることができ、一定の評価をいただけるセッションをお届けすることができました。
一方で、オンラインイベントとしての体験や、いかに楽しんでセッションを見ていただくかについては、今年の企画において優先順位を下げていましたが、今後改善できる余地があると考えています。
引き続き、登壇・参加・運営など関わる全ての方により快適で価値ある体験・時間を共有できるよう、チーム一同で色々と取り組んでいきます。

以上、LINE DEVELOPER DAY 2021の振り返りでした。ご覧いただいた皆さま、イベントに参加・関与いただいた皆さま、改めて本当にありがとうございました。