世界最大規模のITコンテストImagine Cup2018世界大会に出場し第3位を獲得しました

こんにちは、開発3センターAds Platformの開発チーム所属・新卒1年目の佐藤邦彦です。

2018年7月23~25日、アメリカはシアトルにて開催されたMicrosoft主催「Imagine Cup」世界大会に日本代表として出場し、第3位を受賞しました1。今回はその参加レポートを書きます。

Imagine Cup とは

Imagine Cupとは、学生たちがテクノロジーを駆使して社会に革新を起こすプロダクトを創造し、それらを競い合う大会です。プロダクトのジャンルやテーマは自由です。

Imagine Cupは1年に1回開催されます。Imagine Cupには世界中から応募があり、2018年度における応募総数は3000チーム以上でした。世界大会には各国・各地域の予選を勝ち抜いた代表49チームが参加しました。優勝特典として、賞金8万5000ドルとMicrosoft Azureのサブスクリプション利用権、Microsoft CEOのSatya Nadellaとのメンタリングが与えられます。

また、弊社はImagine Cupの日本予選大会の協賛を2017年度から行なっています。

大会形式

Imagine Cupではトーナメント形式で優勝チームが決まります。審査方法は1回戦がTech show形式(デモ形式)で審査員に対して1対1でプロダクトの説明をします。1回戦以外は3分ピッチと質疑応答で審査が行われます。

1回戦で49チームから15チームに絞られます。その後、敗者復活戦で3チームが選出され、計18チームで準決勝が行われます。18チームのうち3チームのみが決勝に進めます。最後に決勝で1~3位までの順位が決まります。大会は3日間あり、初日に1回戦のTech show、2日目に準決勝、最終日に決勝が行われました。

チーム紹介

私たちのチームは「Mediated Ear」という聴覚障害者向けのプロダクトを開発しました。Meidated Earは雑音が混ざった音源から特定の人物の声を抽出することができるソフトウェアです。


上記写真の中央で手を振っている2人組が私たちMediated Earチームです。右側が筆者です。

大会前日 Arrivals & Briefing

大会はMicrosoftの本社ビルで行われます。出場チームは大会期間中、同じくシアトル市内にあるワシントン大学の宿泊施設に泊まります。出場チームは大会前日にワシントン大学の宿泊施設にチェックインするとともに大会の受付を済ませます。

受付を済ませた後、空いた時間でチームインタビューを撮ってもらいます。Imagine Cup世界大会では宿泊施設や大会会場の至るところにMicrosoftの撮影チームがいます。

夕方ごろにBriefingがあり、大会のスケジュールなどの確認があります。このときに初めて出場チームすべてが1つの会場に集合します。

Briefingが終わったあとは、集合写真の撮影と参加者懇親会のためにワシントン大学内の広場に移動します。

懇親会中はプロのダンサーによるパフォーマンスステージがありました。

懇親会が終わると、それぞれのチームは次の日の大会本番に向けた準備をしに各自の宿泊部屋へと戻って行きました。我々のチームも次の日のTech showを想定した練習を行い、早めに就寝しました。

大会初日 Tech show

大会初日はTech show形式の1回戦です。審査員を目の前にし、10分間でプロダクトの説明と質疑応答の両方を行います。Tech showは審査員と1対1で行うため、通常のプレゼンよりも審査員とより密にコミュニケーションを取る必要があり、よりレベルの高い英語力が問われます。

我々は想定される質問に対して回答を用意していたため、審査員からの質問に対しても落ち着いて答えられたと思います。また、Tech showの空いた時間には各国からのメディアの取材もありました。そのため、会場は常に多くの人で賑わっていました。

大会2日目 Semifinal

大会2日目は、準決勝への進出チームの発表から始まります。49チームから15チームだけが準決勝への権利を得ます。

我々のチームはチーム名を呼ばれ見事に準決勝へ進みました!

また、準決勝へ進めなかったチームはこのあと敗者復活戦を行いました。敗者復活戦では90秒間で自チームのプロダクトをピッチをします。敗者復活戦で選ばれた3チームのみが準決勝へ進めます。

準決勝は審査員4名の前で3分間のピッチを行います。そして、ピッチのあとに審査員から質疑応答があります。審査員席の後ろにはオーディエンス席があり、他チームやメディアの人が座っています。

我々のチームは練習通りにピッチができたと思います(ちなみにプレゼンはもうひとりのチームメンバーが担当だったので筆者はプレゼン中一言も話していません笑)。

準決勝が終わると、その日のうちに決勝進出チームが発表されます。決勝へ進出できるのはたった3チームだけです。

進出チームの発表はImagine Cup名物司会者のKateさんが行います。まず、1チーム目の発表です。

「From…Japan! Team Mediated Ear!」

我々のチームは最初にチーム名を呼ばれ、見事に決勝へ進出しました!

決勝進出が決まるとその日のうちに決勝の会場であるFour seasons hotelへ連れて行かれ、リハーサルやチーム紹介ビデオの撮影がありました。

大会最終日 Final

ついに大会決勝です。決勝では準決勝同様、3分間のピッチと質疑応答があります。決勝3チームの発表が終わったあと、結果発表があり1~3位までの順位が付きます。決勝戦の途中ではMicrosoft CEOのSatya Nadellaがステージに登壇しスピーチを行うなど、大会の豪華さをうかがわせました。

我々のチームは3チームの中で最後にピッチ行いました。会場の雰囲気や審査員の豪華さから異様な緊張感がありましたが、聴衆にプロダクトの価値を伝えられたと思います。

そしていよいよ結果発表です。まず第3位の発表です。

ここで我々のチーム名が呼ばれてしまいました。3位でした。残念ながら優勝は逃してしまいました。

優勝はカナダのチームのsmartARMに決まりました。

終わりに

優勝は逃してしまいましたが、3000チーム以上の応募がある中から世界第3位になれたことはとても光栄です。

また、Imagine Cup世界大会では他の代表チームの方々と話す機会が多くありました。Imagine Cupはコンピュータサイエンスを学ぶ世界中の同世代と交流できる最も大規模なITコンテストだと思います。ですので、コンピュータサイエンスを学ぶ学生にはぜひとも応募してもらいたいです。

例年、日本予選大会の募集は冬ごろに始まります。例年のルールだと年齢の上限がないので博士課程の人も応募可能です2

Dream it. Build it. Live it.



1: Imagine Cupは学生向けのITコンテストですが、2018年度の場合、2017年9月から2018年7月の間に1日でも学生であれば出場権がありました。筆者は2018年3月に大学院を卒業したため、出場権がありました。


2: Imagine Cupのルールは毎年少しずつ変わるので、応募時に必ず最新版を確認してください。

Related Post