【インターンレポート】LINEクーポンの新機能対応 & UIT Global Workshop

こんにちは、倉本涼です。
サマーインターンシップのエンジニア職 就業コースに、8/13~9/13の一ヶ月間参加しました。

今回、フロントエンドエンジニアとしてチームに所属し、実際の社員と同様に業務に取り組みました。
また、インターン期間中に開催された、UIT Global Workshopにも参加しました。
ここでは、それらの内容を紹介します。

業務

概要

私は実際に利用されているBtoCのサービスの開発を希望し、その結果「LINEウォレット」のフロントエンドチームに配属され、「LINEクーポン」の新機能対応を行いました。

LINEウォレットは、LINEアプリを開いて下部メニューの一番右のタブをタップすると開きます。
さらに、クーポンボタンを押すとLINEクーポンを利用できます。
LINEクーポンでは、全国のファストフードやレストランなど、様々なお店のクーポンを簡単に利用できます。

今回は、以下のLINEクーポンで今後リリースされる予定の新機能について、フロントエンド側の対応を行いました。

* LINE カタリナ クーポン
* お気に入り機能

– LINE カタリナ クーポン

「LINE カタリナ クーポン」とは、カタリナ マーケティング ジャパン株式会社様と提携し、LINEクーポン内で新たに利用可能になるクーポンです。
その特徴(開発者観点)として、今までのものと違い、「1人1回まで」という制限があるものを含みます。
そこで、クーポン利用画面を一新し、カタリナクーポンに対応しました。

– お気に入り機能

お気に入り機能とは、クーポンをお気に入り登録する機能です。
この機能の追加に伴い、各ページのクーポンにお気に入りボタンを配置し、お気に入りに登録されているクーポンを一覧表示するページを新たに追加しました。

開発プロセス

ミーティングへの参加、実装、レビュー等の実際の開発プロセスを体験しました。
(本当はQA対応まで体験したかったですが、残念ながら間に合いませんでした)

– ミーティング

企画、サーバー、フロント等の様々な人を含むミーティング、さらにフロントのみのミーティングにも参加しました。

最初こそ多少緊張しましたが、自分にとっては非常にいい感じの雰囲気(語彙)で、色々な提案がしやすかったので良かったです。
ミーティング外でも、普段なら「面倒だからいいか…」ってなるような細かいことや気になったこと等、ドンドン言うように心がけました。

– 実装

自分の担当は、表示や画面遷移等のロジックをVue.js(TypeScript)で実装することでした。
Vue.jsは多少経験があったので、思っていたより順調に進みましたが、たまに詰まってチームの人に助けてもらうこともありました。

また、実装していると、仕様書に足りない箇所がある、APIのフィールドが足りない、という事態が必然的に発生しますが、ここでも気づいたことがあればドンドン議論するように心がけました。

特に話題になったことの中には、「お気に入りボタンを連打した時」等、普段自分が開発している際は疎かになっていた箇所もありました。
ユーザーの多さ故に、多種多様のユーザーを想定して仕様を決めるというのは貴重な経験であり、楽しかったです。

– レビュー

実装後、チームの人にコードをレビューしてもらいました。
実は、コードレビューをしてもらった経験が殆ど無かったので、自分にとっては結構貴重な経験でした。

UIT Global Workshop

LINEではフロントエンド開発のことをUIT(User Interface + Technology)と呼んでいます。
UIT Global Workshopは、そのUITチームの人が世界の各拠点から一同に集結するイベントです。
場所は韓国の研修施設です。
私は、運良くインターン期間とイベントの期間が被っていたので、参加できました。

主な内容は、プレゼン会と交流でした。

プレゼン会では、世界の各拠点の様々なチームの凄い人達が発表していました。
中には、新卒で発表している人もいて驚きました。

プレゼンの内容は、UIフレームワークや環境構築、大規模アプリケーション開発、TypeScript等、フロントエンド開発に関するトピックが盛りだくさんで、いずれのセッションもとても興味深かったです。

交流という意味では、食事の時間やプレゼン会後の交流会、他の自由時間等で、他の新卒の方から、ついさっき前でプレゼンしていた人まで様々な人とお話できました。

他の感想としては、環境が非常に良く、ジムや体育館があったり、部屋が良い雰囲気だったりで、もう1週間ぐらいここで暮らしながら働いてみたいという気持ちになりました。

感想

今回のインターンでは、「LINEクーポン」という非常に多くの人に利用されるであろうサービスの開発に関わることができました。
これは非常に貴重な経験であり、自分にとって本当に良い経験でした。
そして、今回実装した機能がリリースされた後のユーザーの反応を楽しみにしています。

また、もう1つの個人的な目的として、「開発チームの雰囲気を知りたい」というのがありました。
これについて、業務以外にも、社員と食事に行ったり、業務とは別の色々な話をしたりで、「LINEエンジニア」の日常を体験できました。
感想としては、いい感じ(語彙)に馴染むことができて楽しかった上に、議論等もしやすい雰囲気であり非常に良い環境であると思いました。

Related Post