Tag Archives: Vulnerability

Android脆弱性検査の自動化に向けたJandroid導入レポート

こんにちは。LINEでセキュリティを担当しているPark Sunjooです。
LINEのセキュリティチームでは、リリース予定のサービスやアプリケーションのセキュリティリスクを事前に発見することで、プロダクトの安全性向上に努めています。サービスやアプリケーションのセキュリティ検査を行う際、過去にセキュリティ問題を引き起こしたコードと類似したパターンを使用していたり、セキュリティリスクの高いコーディングパターンを再利用することによる脆弱性を発見することが度々あります。このように頻発するセキュリティ上の問題を迅速かつ容易に検出するために、一般的なソリューションを使用したり、独自のツールを開発したりしています。本記事では、Androidアプリで利用可能な自動脆弱性検査ツール「Jandroid」をLINEのAndroidアプリに取り入れ、セキュリティ上の問題を発見した事例を紹介します。

VoIPのオープンソースライブラリPJSIPにおけるバッファオーバーフロー

こんにちは。セキュリティ室(アプリケーションセキュリティチーム)で主にLINEサービスのセキュリティ診断を担当しているYoungsung Kim(Facebookアカウント/Twitterアカウント)です。

これはLINE Advent Calendar 2017の24日目の記事です。

今日はVoIPのオープンソースライブラリであるPJSIPの脆弱性(CVE-2017-16872およびAST-2017-009)について書かせていただきます。PJSIPは、標準プロトコル(SIP、SDP、RTP、STUN、TURN、ICE)を実装したオープンソースのマルチメディア通信ライブラリです。たとえばIP PBXやVoIPゲートウェイなどで広く使用されているAsteriskフレームワークは、PJSIPを使用してSIPスタックを実装しています。

はじめに

今回発見した脆弱性は、64ビット環境においてクライアントから受け取ったデータを処理する際にsigned intからunsigned longへの暗黙的な型変換(型キャスト)が行われており、そこで整数型の符号拡張を考慮していないことが原因でバッファオーバーフローが発生するというものでした。この脆弱性についての詳細は、「(Security) Function in PJSIP 2.7 miscalculates the length of an unsigned long variable in 64bit machines」を参照してください。