UIT

【Team & Project】LINEのユーザ向けサービスのWebフロントエンドを開発しているチームを紹介します

LINEの開発組織のそれぞれの部門やプロジェクトについて、その役割や体制、技術スタック、今後の課題やロードマップなどを具体的に紹介していく「Team & Project」シリーズ。

今回は、フロントエンド開発組織の中で、ユーザ向けサービスのWebフロントエンドを担当しているチームについて紹介します。フロントエンド開発センターの清水大輔、縣亮太、折原レオナルド賢に話を聞きました。

ユーザ向けサービスのWebフロントエンドを担当しているチームのzoom会議の様子

なぜ default export を使うべきではないのか?

フロントエンド開発センター(通称: UIT)の花谷(@potato4d)です。

この記事では、 ESModule の仕様であり、現在の JavaScript を用いた開発で必須である import / export 構文について、 default export ではなく named export を利用すべきである理由について紹介します。

生放送 Podcast「UIT INSIDE Live! vol.1」を配信しました

5 月 13 日、フロントエンドコミュニティ「UIT」が発信する生放送 Podcast「UIT INSIDE Live! vol.1」を公開しました。

この企画は、UIT のメンバーが出演する Podcast「UIT INSIDE」の生配信版として、普段音声だけで公開していたものを発展させ、YouTube Live にてお送りしました。生放送という今まで私たちが取り組んだことのない試みではありましたが、最終的な総視聴者数は 200 人を超え、想定以上の反響をいただきました。

UIT meetup vol.8 online 「We Are TypeScripters!」を cluster にてオンライン開催しました

3 月 18 日に フロントエンドのコミュニティ「UIT」のミートアップ第 8 弾である、「UIT meetup vol.8 online We Are TypeScritpers!」を開催しました。

今回は UIT meetup としては初となるオンラインでの開催。クラスター株式会社支援のもと、cluster / YouTube Live の 2 つのチャネルにて参加可能となりました。

UIT とは?

UIT は、 LINE のメンバーが中心となって発足した、「User Interface × Technology」を掲げるコミュニティです。 ユーザーの目に見える部分を技術で解決する開発者のための、実践的なコミュニティとして活動。JavaScript だけでなく、また、ユーザーインターフェースだけでもなく、多面的なテーマ設定が特徴となっています。 過去には BFF(Backend for Frontend) のような技術にフォーカスした勉強会や、「わたしたちにとってのVue.js」と題した様々な現場での Vue.js の事例など、トレンドを追いながらも地に足の着いたテーマを多く取り扱っている点も魅力の一つです。

制作現場におけるビジュアルリグレッションテストの導入 – 「LINEのお年玉」4年目の挑戦

みなさんこんにちは。LINEのフロントエンドエンジニアの藤井です。年末年始に実施した「LINEのお年玉」キャンペーンも今年で4回目の実施となりました。
今年は過去4年で経験した様々な反省点を振り返り、様々な改善を行いました。今回はそのなかの一つである「ビジュアルレグレッションテスト」の実施についてご紹介します。この記事では、ビジュアルレグレッションテストを運用していく上で工夫したことや、得られた知見などを共有したいと思います。

「LINEのお年玉」におけるフロントエンドでの UX へのこだわり

皆さん、こんにちは。LINEでフロントエンド開発を担当しているシュウと申します。
昨年末に、年に一度の企画「LINEのお年玉」キャンペーンにて JavaScript の部分を担当させていただきました。そこで、今回は、 前回の記事に引き続き、「LINEのお年玉」での実装の裏側について紹介いたします。

今回は、小さいながらもアプリケーションの品質を大きく上げる、こまかな UX 向上施策について紹介したいと思います。

デコレータ使わない Vue.js + TypeScript で進んだ「LINEのお年玉」キャンペーン

皆さん、こんにちは。LINEでフロントエンド開発を担当しているUIT1室のシュウと申します。

今回、年に一度の企画「LINEのお年玉」キャンペーンにて JavaScript の部分を担当させていただきました。LINEのお年玉は多くのトラフィックが流れる大規模かつ短期間の企画となります。

技術的な挑戦をするためのプロジェクトとしてもちょうど良いサイズ感であったため、今回多くの挑戦を行いましたので、連載形式で紹介していければと思います。

初回である今回は、Vue.js と TypeScript を併用した開発についてです。

LINE×DeNAによるフロントエンドイベント「FROKAN × UIT #2 年忘れLTバトル」を開催しました

12月18日、LINE新宿オフィスにて、「FROKAN × UIT #2」を開催いたしました。

本イベントは、DeNA 主催のフロントエンドイベント「Frontend de KANPAI!(FROKAN)」と、弊社メンバーが中心となっているフロントエンドイベント「UIT」のコラボレーション企画です。第二回は UIT が主辞となり、FROKAN の運営メンバーを招待する形で開催いたしました。

前回のブログ: https://engineering.linecorp.com/ja/blog/frokan-uit-1-report/

UIT とは?

UIT は、 LINE のメンバーが中心となって発足した、「User Interface × Technology」を掲げるコミュニティです。 ユーザーの目に見える部分を技術で解決する開発者のための、実践的なコミュニティとして活動。JavaScript だけでなく、また、ユーザーインターフェースだけでもなく、多面的なテーマ設定が特徴となっています。 過去には BFF(Backend for Frontend) のような技術にフォーカスした勉強会や、「わたしたちにとってのVue.js」と題した様々な現場での Vue.js の事例など、トレンドを追いながらも地に足の着いた話が多い点も魅力の一つです。

【LINE DEV DAY 2019 番外編】UIT Front-end Tooling Survey 2019

こんにちわ。UIT1室 Front-end Standardization Team 岡崎です。LINE DEV DAY 2019ではデザインシステムにおけるフロントエンドについて発表させて頂きました。 今回は番外編として、セッションの冒頭で一部紹介したフロントエンド開発組織UITにおけるFront-end Tooling Survey 2019の結果を全て公開します。 DEV DAYで発表したデザインシステムに関する話題ではありませんのでご了承ください。 登壇資料 Front-end Tooling Survey とは? Ashley Nolanさんが毎年開催しているフロントエンド周辺のツールに関するアンケート調査です。グローバルで毎年3,000-5,000人規模のエンジニアが、この調査に参加しています。 同じ内容の調査をLINEのフロントエンドエンジニアに対して行ったのが、UIT Front-end Tooling Surveyです。2018年から実施して今年で2回目になります。 メンバーとプロジェクトが増えるにつれ多様化するスキルと開発環境、これらを把握する良い機会と捉え、我々はこのアンケートを楽しんで実施しています。 具体的な数値を詳細に公開するのは初の試みですが、我々のことをより深く知って頂ければ幸いです。 比較のためにAshley Nolanさんが行った結果をWorldと表記し共に掲載します。お楽しみください。 調査結果 Voters World 数値引用元: The Front-End Tooling Survey 2019 – Results Percentage は少数点第二位を四捨五入 Q1. General Front-end Experience Q2. CSS Knowledge Q3.CSS Processor Usage Q4.CSS Processor Experience Q5.CSS Frameworks […]

UIT Global Workshop 2019 – 3カ国の参加者インタビュー

こんにちは。LINE UIT(User Interface Technology)チームのエンジニアのHyeseong Ohです。LINEでは、広く知られているコミュニケーションアプリをはじめ、ニュース、音楽、動画配信サービスのようなコンテンツ型サービスはもちろん、LINE Pay、家計簿のような金融サービスまで非常に様々なサービスをグローバルに展開しています。

LINE UITチームは、こうした多くのサービスのWebフロントエンド開発を担当しているチームです。普段は世界各地で様々な形で仕事をしているUITチームのLINEエンジニアが年に一度、一堂に会する特別な日があります。そのUIT Global Workshopが9月4日から6日まで韓国にて開かれました。今回の記事では、UIT Global Workshopに参加したチームメンバーとのインタビューを紹介し、当時の現場の雰囲気を皆さんにお伝えしたいと思います。