Tag Archives: UIT

UIT 発の OSS コンポーネント glitch-image を公開しました

LINE株式会社フロントエンド開発センター(通称: UIT)の折原です。

先日 glitch-image という画像にオシャレなエフェクトをかけられる Web Component を公開しました。
今回は使い方はもちろんのこと、このようなコンポーネントができるまでを紹介していきます。

All TypeScript で開発したLINEで動くリアルタイムクイズアプリの裏側

LINE株式会社フロントエンド開発センター(通称: UIT)の折原です。

先日、6月17日に開催した UIT meetup vol.9 で、本編の前にウォームアップとして、フロントエンドに関するクイズ企画を開催しました。そこで使うことを目的として、UIT App という名前で LIFF のアプリを作成しました。

UIT App は LIFF で動作するクイズアプリです。
現状クイズだけですが、今後はいろんな取り組みをこのアプリ上で動作させることができるようになっていく予定です。

この UIT App を実装するにあたって、フロントエンドでは StencilJS を、サーバーサイドでは NestJS を採用しました。
これらを使ってみての所感や、こだわった箇所などを紹介したいと思います!

UIT meetup vol.9 「The new normal frontend」を開催しました

フロントエンドコミュニティ UIT のミートアップ 9 回目は「The new normal frontend」というテーマで 6 月 17 日に開催しました。

オンラインで開催する UIT meetup はこれで 2 回目になります。昨今の状況で皆さんの中にも、働き方や生活様式が大きく変わった人も多いんじゃないでしょうか。そんな中、UIT meetup vol.9 ではこの状況下で新しいプロジェクトを完成させた Changhee Kim さん、リモートワークが当たり前な会社で働くための基盤を構築した Lena Morita をゲストにお呼びしてお話していただきました!

【Team & Project】LINEのユーザ向けサービスのWebフロントエンドを開発しているチームを紹介します

LINEの開発組織のそれぞれの部門やプロジェクトについて、その役割や体制、技術スタック、今後の課題やロードマップなどを具体的に紹介していく「Team & Project」シリーズ。

今回は、フロントエンド開発組織の中で、ユーザ向けサービスのWebフロントエンドを担当しているチームについて紹介します。フロントエンド開発センターの清水大輔、縣亮太、折原レオナルド賢に話を聞きました。

ユーザ向けサービスのWebフロントエンドを担当しているチームのzoom会議の様子

なぜ default export を使うべきではないのか?

フロントエンド開発センター(通称: UIT)の花谷(@potato4d)です。

この記事では、 ESModule の仕様であり、現在の JavaScript を用いた開発で必須である import / export 構文について、 default export ではなく named export を利用すべきである理由について紹介します。

生放送 Podcast「UIT INSIDE Live! vol.1」を配信しました

5 月 13 日、フロントエンドコミュニティ「UIT」が発信する生放送 Podcast「UIT INSIDE Live! vol.1」を公開しました。

この企画は、UIT のメンバーが出演する Podcast「UIT INSIDE」の生配信版として、普段音声だけで公開していたものを発展させ、YouTube Live にてお送りしました。生放送という今まで私たちが取り組んだことのない試みではありましたが、最終的な総視聴者数は 200 人を超え、想定以上の反響をいただきました。

制作現場におけるビジュアルリグレッションテストの導入 – 「LINEのお年玉」4年目の挑戦

みなさんこんにちは。LINEのフロントエンドエンジニアの藤井です。年末年始に実施した「LINEのお年玉」キャンペーンも今年で4回目の実施となりました。
今年は過去4年で経験した様々な反省点を振り返り、様々な改善を行いました。今回はそのなかの一つである「ビジュアルレグレッションテスト」の実施についてご紹介します。この記事では、ビジュアルレグレッションテストを運用していく上で工夫したことや、得られた知見などを共有したいと思います。

「LINEのお年玉」におけるフロントエンドでの UX へのこだわり

皆さん、こんにちは。LINEでフロントエンド開発を担当しているシュウと申します。
昨年末に、年に一度の企画「LINEのお年玉」キャンペーンにて JavaScript の部分を担当させていただきました。そこで、今回は、 前回の記事に引き続き、「LINEのお年玉」での実装の裏側について紹介いたします。

今回は、小さいながらもアプリケーションの品質を大きく上げる、こまかな UX 向上施策について紹介したいと思います。

デコレータ使わない Vue.js + TypeScript で進んだ「LINEのお年玉」キャンペーン

皆さん、こんにちは。LINEでフロントエンド開発を担当しているUIT1室のシュウと申します。

今回、年に一度の企画「LINEのお年玉」キャンペーンにて JavaScript の部分を担当させていただきました。LINEのお年玉は多くのトラフィックが流れる大規模かつ短期間の企画となります。

技術的な挑戦をするためのプロジェクトとしてもちょうど良いサイズ感であったため、今回多くの挑戦を行いましたので、連載形式で紹介していければと思います。

初回である今回は、Vue.js と TypeScript を併用した開発についてです。