協賛情報

2017年度 人工知能学会全国大会 協賛レポート

人工知能学会全国大会は人工知能(AI)の新たな発展や次の方向性に関わる様々なアイデアが提案され、議論される場です。LINE はプラチナスポンサーとして協賛し、ブースを出展いたしました。ブースでは、現在LINEで開発中のクラウドAIプラットフォーム「Clova」のご紹介と、無限どら焼きを提供いたしました。

公式サイト JSAI2017 – 2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)

【協賛情報】Perl Association (JPA) & YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。Perl に関連した協賛を2つご紹介させていただきます。

Perl技術及び文化の啓蒙・促進のための組織 Japan Perl Association (JPA) にプラチナ会員として賛助会員となりました。
Japan Perl Association

JJUG CCC 2017 Spring 登壇&協賛レポート

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。

【協賛情報】JJUG CCC 2017 SPRING : LINE Engineering Blog
でもお知らせしておりましたが、LINE は寿司スポンサーとして協賛いたしました。また、LINE Fukuokaで働くエンジニアが登壇いたしましたのでその様子も合わせてご紹介いたします。

JJUG CCC とは

毎年2回、春と秋に開催する日本最大のJavaコミュニティイベントです。Java関連の技術や事例に関する良質なセッションが行われ、また異なる分野で活躍するJava技術者が一堂に会する場ともなっています。
▼公式サイト JJUG CCC 2017 Spring

【協賛情報】JJUG CCC 2017 SPRING

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

JUG CCCは毎年2回、春と秋に開催する日本最大のJavaコミュニティイベントです。Java関連の技術や事例に関する良質なセッションが行われ、また異なる分野で活躍するJava技術者が一堂に会する場ともなっています。LINE は寿司スポンサーとして協賛いたします。

▼公式サイト JJUG CCC 2017 Spring

<開催期間> 2017年5月20日(土)
<開催場所> ベルサール新宿グランド
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8丁目17
<主催>日本Javaユーザーグループ

チケット情報はこちらから
JJUG CCC 2017 Spring – 日本Javaユーザーグループ/Japan Java User Group | Doorkeeper

try! Swift Tokyo 2017 協賛&登壇レポート

try! Swift はプログラミング言語 Swift に関するコミュニティ主催のカンファレンスです。LINE はプラチナスポンサーとして協賛し、ブースを出展いたしました。また、LINEで働くエンジニアも2名登壇いたしましたのでその様子も合わせてご紹介いたします。

▼公式サイト TOKYO – try! Swift Conference

会場は700名ほど収容可能で、朝のオープニングトークから満員でした。

【協賛情報】Microsoft Innovation Day 2017

LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。

Microsoft Innovation Dayは学生、教育者、スタートアップ、エンジニア、投資家、アクセラレーター、 ビジネス リーダーなどを対象としたイノベーション創造イベントです。

▼公式サイト Microsoft Innovation Day 2017

<開催期間> 2017年3月22(水)
<開催場所> 大崎ブライトコアホール
〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目5−15
<主催>日本マイクロソフト株式会社

チケット情報はこちらから
Microsoft Innovation Day 2017 | Peatix

LINE BOT AWARDS API協賛企業のご紹介

今回の記事では、ただ今絶賛エントリー募集中の[LINE BOT AWARDS][1]に、API協賛企業として参加いただいている各企業の協賛内容をご紹介します。

中には日本マイクロソフト社のMicrosoft Azureなど、本来有償のものをLINE BOT AWARDSにエントリーいただいている方に特別に無償提供しているものもあります。
是非この機会にエントリーください。様々なAPIを上手く活用した、斬新なbotが数多く生まれることを期待しています!

各社のAPI協賛の内容(順不同)

hachidori株式会社

同社のプログラミングレスチャットbot作成プラットフォーム「[hachidori][2]」を無償でご利用いただけます。お手続きは以下の通りです。

  1. アカウントを作成します。
  2. botの作成をクリックし、LINEを選択します。
  3. その中で、ディレクションに沿って必要情報を入れていただくと、サーバーレスで、botの作成が完了します。

日本マイクロソフト株式会社

Microsoft Azureを無償でご利用いただけます。
ご利用の詳細な手順は下記をご参照ください。

【コード認証】

  1. Azure Passのアカウントを作成します。
  2. 居住国とLINE BOT AWARDS事務局から発行されたPromo Codeを入力し、Submitをクリックします。
  3. Sign Inをクリックし、マイクロソフトアカウント(個人用でも法人用でも使用可能)に入ります(マイクロソフトアカウントをお持ちでない場合は、新規作成をクリックしてアカウントを作成してからご利用ください)。
  4. 確認ページに飛びますので、記載事項に間違いがないことを確認し、Submitをクリックしてください。
  5. Azure上で提供しているサービス内容を確認後、Activateをクリックします。

【Azure Pass利用開始方法】

  1. Azure Pass Activateのための必要事項を記入し、利用規約を確認の上Sign Upをクリックします(数分かかることがありますので、そのまましばらくお待ちください)。
  2. Sigh Upが完了しましたら、利用開始になります。

【諸注意】

  • 先着30名までとなります。
  • 2017年2月4日までにActivateしてください(それ以降は無効となります)。
  • 100ドル/月までを無料でご利用いただけます(超過分は料金が発生致します)。