登壇情報

INTERSPEECH2019 発表・聴講報告

LINE Research Labsの戸上、小松、升山(9月末までアルバイトとして所属)です。

LINEには海外カンファレンスや学会への参加を支援する制度があり、会社負担で学会に参加することが可能です。

今回は、音声処理における世界最大規模の国際会議である、International Speech Communication Association (ISCA)主催のINTERSPEECH2019に参加し、聴講と音源分離・音声強調技術に関する2件のオーラル発表を行ってきました。INTERSPEECHは今回で20回目となり、2010年には日本の幕張でも開催されました。今回のINTERSPEECH2019の投稿数は2180件となっており,採択率は49.3%でした。投稿数は過去最高となっており、歴代最多の年よりもさらに今年は20%ほど増加しているとのことです。AI スピーカなどの音声プロダクトが普及する中で,音声処理の研究が加速している様子を強く感じました。NAVERとLINEはINTERSPEECH2019のゴールドスポンサーになっており、今回、ブースも出展いたしました。

【登壇・協賛情報】CROSS Party 2019

2019年10月4日(土)に開催される「CROSS Party 2019」にて、LINEはシルバースポンサーを務めます。

CROSS Party 2019は「興味の外側に会いに行く」をコンセプトとして、宇宙関係ビジネス、データ関連、技術的負債、 エンジニアの働き方、IT企業ではない企業でのエンジニアの働き方などテーマを元に、日本におけるトップエンジニアや有識者の方々がパネルディスカッションを行うイベントです。

SIGIR2019 聴講・発表報告

京都開発室 UnivRelチームの坂田です。私は2018年4月に新卒としてLINEに入社して以来、京都大学などと連携しながら自然言語処理技術を活用した社会課題解決手法の開発に取り組んでいます。

LINEには海外カンファレンスや学会への参加費用を支援する制度があり,会社負担で学会に参加することが可能です。私は今回、情報検索のトップカンファレンスであるSIGIRにて聴講・発表してきました。

JJUG CCC 2019 Spring 協賛・登壇レポート

 こんにちは、LINEでCulture Evangelistをしている櫛井です。2019年5月18日(土)に開催されたJJUG CCC 2019 Springにて、LINEはゴールドスポンサーと懇親会での寿司スポンサーを務めました。また、LINEのエンジニアが4つのセッションで登壇いたしました。

LINEではサービスの開発言語としてJavaを多用しているだけでなく、社内にJavaやその周辺技術にContributeしているエンジニアが多数所属しています。そのため、企業としてJavaコミュニティへの感謝からJJUG CCCには継続的にスポンサーさせて頂いています(前回のレポートはこちら

社内のGitHub Enterpriseにおけるrepository数の分布を見ても、Java が最多です

SeleniumConf Tokyo 2019 協賛レポート

Developer Relationsチームの三木です。

2019年4月18日(木)〜19日(金)にタワーホール船堀にて開催されたSeleniumConf Tokyo 2019で、LINEはプラチナスポンサーを務めました。会期中は、スポンサーブース出展を行った他、LINEのテストエンジニアがSeleniumに関するセッションを行いました。本記事では、写真を中心にその模様をレポートします。

【登壇・協賛情報】SeleniumConf Tokyo 2019

2019年4月18日(木)・19日(金)の2日間にわたって開催される、SeleniumConf Tokyo 2019にて、LINEはプラチナスポンサーを務めます。当日は、4月18日のTrac 2 14:25からのセッションにて、LINE Fukuoka 所属の大園博昭 が「LINEのサービスを支えるSelenium/Appium」というタイトルで登壇いたします。