Tag Archives: Openstack

Verda 2/2: CloudNative/OpenStack Days 2019-Tokyoパネルセッションレポート

この記事は、Verda 1/2:CloudNative/OpenStack Days 2019-Tokyoパネルセッションレポートの続きです。前の記事では、Verdaのエコシステム全体について説明しました。この記事では、ネットワーク側の課題をその経緯とともに説明し、Verda内で行われた最適化と改善内容を紹介します。

Verda 1/2:CloudNative/OpenStack Days 2019-Tokyoパネルセッションレポート

アジアを中心に大規模なユーザー数を抱えるコミュニケーションアプリ「LINE」の内部バックエンドで、インフラを管理するために、がどのようなシステムが使われているか気になったことはありませんか?もしあるなら、今こそ、LINEのインフラ管理を知るチャンスです。
LINEは、最近行われたCloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019(https://eventregist.com/e/cndt-osdt2019)で、Verdaと呼ばれるLINE独自のOpenStackクラウドの全貌を紹介するパネルを展示しました。
この記事では、そのパネルで説明したLINEでOpenStackをどのように使ってプライベートクラウドを構築/提供しているのかを、改めて詳しく紹介します。

OpenStack Summit Vancouver 2018参加レポート (2/2)

こんにちは、LINE株式会社 Verda 2チームの西脇です。先日の記事で聴講者としてコンテナ関連の発表を中心にいくつか気になるセッションを取り上げさせていただきましたが、2つ目になる本記事では我々がOpenStack Summit Vancounverで発表してきた「Excitingly simple multi-path OpenStack networking: LAG-less, L2-less, yet fully redundant」の内容をご紹介させていただきます。

弊社の発表について

今回のサミットでは、新しいリージョンで取り組んでいるEast-Westのネットワークトラフィックに強いデータセンタネットワークアーキテクチャとそれに対するNeutronインテグレーションに関して、私と同僚のサミルの2名で発表を行いました。英語にはなりますが下記に発表動画と資料のリンクを掲載させていただきます。

OpenStack Summit Vancouver 2018参加レポート (1/2)

初めまして、LINE株式会社のVerda 2チームでPrivate Cloud(Verda)の運用と開発に従事している西脇です。
5月21日から5月24日にかけて開催されたOpenStack Summit Vancouverに発表者/聴講者として参加してきましたので、その様子を本ブログで2回にわたってご紹介します。

1つ目の記事では、OpenStackの簡単な説明と参考になったセッションを一部ご紹介させていただき、2つ目の記事で我々が発表してきた内容をご紹介させていただきます。


LINE Engineer Insights vol.4「OpenStackベースのPrivate cloud “Verda” の野望」

LINE で働くエンジニアに色々と話を聞いていく「LINE Engineer Insights」の第4弾です。当コーナーはインタビュアーに LINE で働くエンジニア @tokuhirom を迎え、エンジニア同士でざっくばらんにお話を伺っていくというものです。今回も、LINE のエンジニアは一体どんな人達なのか、その内面に迫っていきたいと思います。

第4弾は、ITサービスセンター Infra platform TF 所属の Ibradzic Samir(イブラジッチサミル)にLINE のサーバ管理や、新たに作り運用を開始したばかりの Internal Infrastructure Cloud “Verda” などについて聞いてきました。