Tag Archives: LINE Developer Meetup

テスト自動化の理論と技術と戦略:LINE Developer Meetup Tokyo #39 – Testing & Engineering

はじめに

こんにちは。LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)の伊藤 宏幸(Hiroyuki Ito)です。

2018年6月27日(水)に、電気通信大学の西 康晴さん(以下「にしさん」と表記)をお招きして、「Testing & Engineering」をテーマに「LINE Developer Meetup Tokyo」を開催しました。

この記事では、イベント企画者 兼 登壇者の立場から、同イベントについてレポートいたします。

LINE Developer Meetup in Kyoto #33 参加レポート

こんにちは、LINE Fukuoka株式会社で開発エンジニアをしている開田です。
4月25日(水)に京都でLINE Developer Meetup #33が開催されましたので、参加レポートをお届けします。
今回も100名近い方にご参加いただき、ありがとうございました!

今回は「ミドルウェア」をテーマに、2人の弊社エンジニアが登壇いたしました。

LINE Developer Meetup in Kyoto #26 参加レポート

こんにちは。LINE Fukuoka で開発エンジニアをしている ueneid です。

去る1月25日、LINE Developer Meetup #26 が京都にて開催されました。今回はそのレポートをお届けしたいと思います。

昨年12月18日に、東京で LINE BOT 大忘年会 が行われたのがまだ記憶に新しいですが、今回は、LINE BOT 新年会を LINE Developer Meetup として京都で開催しました!この会には、弊社エンジニアだけではなく、LINE BOT を作成いただいている外部のエンジニアの方にもご登壇頂きました。
今回も多数の方に足を運んでいただき、大変熱気あふれるイベントとなりました。皆様寒い中ありがとうございました!

LINE Developer Meetup in Kyoto #23 参加レポート

LINEでテクニカルPMをしているshiyaです。最近はサービスの新規開発をしています。今回は12月1日に開催しました、LINE Developer Meetup in Kyoto #23の参加レポートをお届けします!

前回のMeetupと同様に、今回も130名以上の方にご参加いただき、非常に活気のあるイベントとなりました。ありがとうございました!

LINE Developer Meetup in Fukuoka #20参加レポート

こんにちは。LINE Fukuokaで開発エンジニアをしているyouheiです。

9月1日にLINE Fukuokaで開催いたしました、LINE Developer Meetup in Fukuoka #20の参加レポートをお送りします。

今回は、Unix開発の歴史を解説した『Unix考古学 Truth of the Legend』の著者である藤田昭人さんにお越しいただき、「情報セキュリティの考古学」と題してご講演いただきました。

LINE Developer Meetup in Fukuoka #18 参加レポート


LINE FukuokaでLINE Creators StudioのiOS開発を担当しているha1fです。 7/19に福岡オフィスで行いました LINE Developer Meetup in Fukuoka #18 の参加レポートをお送りします。

LINE Creators Studio Android with Kotlin / Dave

入社二年目で、現在はLINE Creators StudioのAndroid開発を担当しているDaveさんのセッションです。 Creators StudioのAndroid版の開発では、Kotlin, Anko, RxBindingといったモダンな言語・フレームワークを利用しています。これらのメリット、採用した理由について、実際のコードを交えながらお話されていました。