LINE BOT

新型コロナウイルスに関する課題をLINEプラットフォームで解決することをテーマとしたハッカソンが開催されました

コロナウイルスハッカソン

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

3/28(土)、29(日)に、新型コロナウイルスに関する課題をLINEプラットフォームで解決することをテーマとしたオンラインハッカソンが開催されましたので、レポートをお届けまします。

LINE ThingsとLINE Pay APIを活用したプロダクト「未来ゴミ箱」がROHM OPEN HACK CHALLENGE 2019にて最優秀賞を獲得しました。

未来ゴミ箱デジットハッカソン

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

以前弊社がスポンサーとして参加させて頂いたハッカソンにてサポートを行った作品「未来ゴミ箱」がROHM OPEN HACK CHALLENGE 2019にて最優秀賞を獲得されましたので、ご紹介します。

LINE Engineer Insights vol.8「Messaging API開発者が語るFlex Messageへのこだわりと今後の展望」


LINEで働くエンジニアに色々と話を聞いていく「LINE Engineer Insights」の第8弾です。当コーナーでは、インタビュアーにLINEで働くエンジニア tokuhirom を迎え、エンジニア同士でざっくばらんに話を聞くという形で進めています。今回も、LINEのエンジニアは一体どんな人達なのか、その内面に迫っていきたいと思います。

第8弾は開発1センターBパートの小野侑一さんに、BOTの開発者がユーザーとやりとりするために使用するMessaging APIの中でも、2016年にリリースされたTemplate Messageと、2018年6月にリリースされたFlex Messageの開発に至った流れやこだわり、今後の展望について聞いてきました。

HTMLに近い感覚で自由なレイアウトが可能になった新しいメッセージタイプ「Flex Message」が追加!サンプルを交えてご紹介します

 Flex Messageという新しいタイプのメッセージがMessaging APIに追加されました。これまでMessaging APIでは、シンプルなテキストの他にスタンプや画像といったメディアを表示することができるメッセージや、テンプレートという複数のボタンやURLを配置可能なメッセージタイプが利用可能でした。

テンプレートはユーザーに複数の選択肢から回答を選んでもらうようなシチュエーションで特に有効でしたが、ボタンテンプレートでは配置できるボタンの数が4つまでだったり、タイトル、本文、ボタン、というようにレイアウトが画一的だったりという制約がありました。

Flex Messageは極めて自由なレイアウトが可能なメッセージタイプで、その可能性はほぼ無限と言えます。一定の表示フレームがありつつも、HTMLに近い感覚でレイアウトをカスタマイズでき、各コンポーネントが美しく整頓されるような仕組みが提供されています。一例として、下図のようなメッセージを作成することが可能です。

Messaging APIの新機能LIFFの使い方を解説します。

こんにちは。LINEでLINE Messaging APIやLINEログイン等のプラットフォームの啓蒙活動を担当している立花です。

本記事では、今回新たに実装されたLIFFの概要と、使い方を解説します。

LIFFとは

LIFFとは、LINE Front-end Frameworkの略で、LINEアプリ内で動作するウェブアプリのプラットフォームです。

LIFFに登録したウェブアプリ(LIFFアプリ)をLINEアプリ内で起動すると、LINEのユーザーIDや、LIFF APIを利用するためのトークンをLINEプラットフォームから取得できます。LIFFアプリではこれらを利用して、ユーザー情報を活用した機能を提供したり、ユーザーの代わりにトークルームにメッセージを送信したりできます。

LINE Botとの会話をプレビューするためのアプリケーション「Bot Designer」を公開しました

Bot Designerとは?

Bot DesignerはBotとの会話をプレビューするためのアプリケーションです。

LINE Messaging APIを使うと、開発者はBotを通じてユーザーにテキスト・画像・スタンプ・位置情報など様々な種類のメッセージを送ることができます。そのメッセージがどのように表示されるかを確認するにはJSON形式のメッセージオブジェクトを作成して実際にAPIコールをおこない、LINEアプリケーションでBotから受信したメッセージを確認する必要がありました。Bot Designerを使うと、フォームに情報を入力すればメッセージオブジェクトがJSON形式で生成され、メッセージが即座にプレビューワーに表示されます。

LINE Developer Meetup in Kyoto #26 参加レポート

こんにちは。LINE Fukuoka で開発エンジニアをしている ueneid です。

去る1月25日、LINE Developer Meetup #26 が京都にて開催されました。今回はそのレポートをお届けしたいと思います。

昨年12月18日に、東京で LINE BOT 大忘年会 が行われたのがまだ記憶に新しいですが、今回は、LINE BOT 新年会を LINE Developer Meetup として京都で開催しました!この会には、弊社エンジニアだけではなく、LINE BOT を作成いただいている外部のエンジニアの方にもご登壇頂きました。
今回も多数の方に足を運んでいただき、大変熱気あふれるイベントとなりました。皆様寒い中ありがとうございました!

LINE BOT & Beacon 開発者向けFAQ(随時更新)

はじめに

こんにちは、LINE の長谷部です。

LINE BOT AWARDS への締め切りがいよいよ迫ってまいりました。 本イベントに伴って、弊社では諸々ハッカソン/ハンズオン等のイベントをいくつか開催してきましたが、このイベント等でよく聞かれた質問とその回答を本エントリにてご紹介致します。LINE BOT AWARDS にむけて、みなさまの参考になれば幸いです。
※2017/02/13時点での内容となっています

LINE BOT AWARDS API協賛企業のご紹介

今回の記事では、ただ今絶賛エントリー募集中の[LINE BOT AWARDS][1]に、API協賛企業として参加いただいている各企業の協賛内容をご紹介します。

中には日本マイクロソフト社のMicrosoft Azureなど、本来有償のものをLINE BOT AWARDSにエントリーいただいている方に特別に無償提供しているものもあります。
是非この機会にエントリーください。様々なAPIを上手く活用した、斬新なbotが数多く生まれることを期待しています!

各社のAPI協賛の内容(順不同)

hachidori株式会社

同社のプログラミングレスチャットbot作成プラットフォーム「[hachidori][2]」を無償でご利用いただけます。お手続きは以下の通りです。

  1. アカウントを作成します。
  2. botの作成をクリックし、LINEを選択します。
  3. その中で、ディレクションに沿って必要情報を入れていただくと、サーバーレスで、botの作成が完了します。

日本マイクロソフト株式会社

Microsoft Azureを無償でご利用いただけます。
ご利用の詳細な手順は下記をご参照ください。

【コード認証】

  1. Azure Passのアカウントを作成します。
  2. 居住国とLINE BOT AWARDS事務局から発行されたPromo Codeを入力し、Submitをクリックします。
  3. Sign Inをクリックし、マイクロソフトアカウント(個人用でも法人用でも使用可能)に入ります(マイクロソフトアカウントをお持ちでない場合は、新規作成をクリックしてアカウントを作成してからご利用ください)。
  4. 確認ページに飛びますので、記載事項に間違いがないことを確認し、Submitをクリックしてください。
  5. Azure上で提供しているサービス内容を確認後、Activateをクリックします。

【Azure Pass利用開始方法】

  1. Azure Pass Activateのための必要事項を記入し、利用規約を確認の上Sign Upをクリックします(数分かかることがありますので、そのまましばらくお待ちください)。
  2. Sigh Upが完了しましたら、利用開始になります。

【諸注意】

  • 先着30名までとなります。
  • 2017年2月4日までにActivateしてください(それ以降は無効となります)。
  • 100ドル/月までを無料でご利用いただけます(超過分は料金が発生致します)。