Tag Archives: LINEインターン

【インターンレポート】環境音認識のための弱ラベル学習に関する研究

はじめまして、宮崎晃一です。2019年夏の2ヶ月間、LINEのResearch Labsにて研究インターンシップに参加しました。「環境音認識のための弱ラベル学習」をトピックとして、2ヶ月間で新たな手法の開発から実験、論文執筆・学会投稿までを行うことができました。

今回のレポートではその際に行った研究内容について報告いたします。

【インターンレポート】生成モデルのプライバシ保護技術について

2019年夏のインターンシップに参加した高木 駿です。インターンシップでは「データ共有のための生成モデルのプライバシ保護」について研究しました。
今回、インターンで取り組んだ内容を2020年3月にオンラインで開催されたDEIM 2020 (第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム)で発表し、
オンラインプレゼンテーション賞を頂くことができました。その研究内容について紹介します。発表資料は以下で公開しています。

https://speakerdeck.com/line_developers/privacy-preserving-deep-generative-model

【インターンレポート】LINE KYOTOで開催したサマーインターン、チーム開発コースの様子をご紹介

今年は東京・京都・福岡にてサマーインターンシップを開催しました。
東京と福岡では5週間の就業型コース、京都では5日間のチーム開発コースとして実施しました。
今回は、LINE KYOTOのインターンシップの様子をご紹介いたします。
LINE KYOTOのインターンシップではLINEのプロダクト開発、チームでの開発、エンジニアの働き方について学び、実践していただくことを目的に、前半はプロダクト開発やチームでの開発の手法について学び、後半はハッカソン形式でチーム開発を行いました。

【インターンレポート】 LINEを支えるインフラのメンテナンスと監視環境の改善を行いました

LINEの夏のインターンシップに参加しました平野孝徳です。
インターンシップではLINEを支えるインフラを設計・構築・運用をしているサービスネットワークチームに8/13~9/13の期間所属し、インフラのメンテナンスと監視環境の改善を行いましたので、その内容を紹介します。

【インターンレポート】ネットワークノードのパケット処理の高速化について

こんにちは。8月26日から5週間、Verda室のネットワーク開発チームというところでインターンをしていた齋藤遼河といいます。私は今回、データセンター内にあるネットワークノードのパケット処理の高速化についての開発を行っていました。今回は、その成果についてお話していきます。

【インターンレポート】LINEクーポンの新機能対応 & UIT Global Workshop

こんにちは、倉本涼です。
サマーインターンシップのエンジニア職 就業コースに、8/13~9/13の一ヶ月間参加しました。

今回、フロントエンドエンジニアとしてチームに所属し、実際の社員と同様に業務に取り組みました。
また、インターン期間中に開催された、UIT Global Workshopにも参加しました。
ここでは、それらの内容を紹介します。

【インターンレポート】LINEクライアント内に見つかった脆弱性について

初めまして。LINEの夏季インターンシップにセキュリティエンジニアとして参加した小池悠生です。1ヶ月間、アプリケーションセキュリティチームにて、LINEが提供するプロダクトのリスクアセスメントや、オープンソースプロジェクト(https://github.com/line/)のバグハントなどに取り組んでいました。

インターンが始まる前、インターン中の業務として与えられるのは主にリスクアセスメントのみだと思っていたのですが、蓋を開けてみれば自分のしたい事をほとんど自由にさせていただける非常に柔軟なインターンでした。その成果の1つとして、私がLINEクライアント内で見つけた脆弱性についてお話ししたいと思います。

以下、少し技術的な話に終始してしまいますが、この記事を通して皆さんにお伝えしたいことは、
皆さん、必ずLINEクライアントを最新バージョンにアップデートしましょう!!!
ということです