Kubernetes

仮想ルータクラスタを自動でローリングアップデートする仕組みの検討と実装

こんにちは.2021年の4月からITSC Verda室のネットワーク開発チームでアルバイトをしている菅原大和(@drumato)と申します.本記事では,約半年間私が取り組んできたタスクである,「SDNによって自動的に仮想ルータクラスタをメンテナンス,ローリングアップデートする仕組みの検討と実装」についての成果をご紹介します.また,ここまでの活動で現在の実装が抱える問題点もわかったので,それも合わせて共有します.最後に,今後の私達のSDNシステムに必要な機能について取り上げます.

【インターンレポート】タスクキューを用いたタイムラプス作成等の高負荷な処理の高速化

初めまして!LINEの2021年度夏季インターンシップ「技術職 就業型コース」に、8月から9月の計6週間で参加させていただいた高島空良と申します。私は現在、東京工業大学情報理工学院情報工学系の修士1年で、大学では大規模データセットを用いた並列分散深層学習についての研究に勤しんでいます。

今回のインターンシップでは、LINE株式会社のAIカンパニー/AI開発室という部署に所属し、メンターとして同部署所属の四倉晋平さんにご指導していただきました。「AI開発室」というゴリゴリにAIの研究開発をしている部署ですが、私がインターンで取り込んだ内容はAIそのものの研究開発ではなく、既存AIを活用したアプリケーションやシステムを構築する上で必要な技術要素の開発で、職種としてはいわゆる機械学習エンジニアではなくインフラ/サーバーサイドエンジニアに近しいことをやりました。

Devoxx Belgiumで学んだ方法でKubernetes上のSpring Bootをモニタリングする

こんにちは、LINE FukuokaでサーバーサイドエンジニアをやっているTeodorです。
11月にLINE Shopチーム(スタンプショップ、着せかえショップ、LINE STOREを開発)の他の3人のメンバーと一緒に、ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx Belgium 2019に参加してきました。アントワープはDevoxx発祥の地で、ベルギー最大の都市でもあります。
Devoxx は2001年に始まった開発者コミュニティによるカンファレンスで、あっという間にベンダー非依存としては世界最大規模のJavaカンファレンスに成長しました。