Event Report

PromCon 2016登壇レポート

はじめに

以前のblog postで予告したように、OSSのモニタリングツールとして最近注目を集めているPrometheusの初のカンファレンスPromCon 2016に参加して発表してきました。
発表資料や動画はこちらから見ることができるので各セッションの詳細はそちらをご覧ください。
このblog postでは当日の様子をお伝えしたいと思います。本家でもレポートが出ているので興味ある方はそちらもチェックしてみると良いと思います。
https://prometheus.io/blog/2016/09/04/promcon-2016-its-a-wrap/

AWS SUMMIT TOKYO 2016参加記録

こんにちは。LINEの鈴木です。

AWS SUMMIT TOKYO 2016が6月1日から3日にかけて開催されました。私は開発環境改善とサービス開発支援に従事していますが、近年のDevOpsにおいて Amazon Web Services (AWS)のサービスや関連事例は見逃すことができません。今回はこのイベントに参加してまいりましたので、弊社におけるDevOpsの実践と比較しながらセッションを振り返ってみたいと思います。
*写真提供: AWSJ

AWS SUMMITとは

その名の通りAWSに関するや事例や活用方法がAWSサービス提供側からだけではなくAWSを利用している企業からも様々な視点から紹介されるカンファレンスです。 私は LINE に入社する前に何度か参加したことがありますが、入社してしばらく経ちますので実に数年ぶりの参加です。General ConferenceとDeveloper Conferenceの2つが並行して行われていましたが、私は主にDeveloper Conferenceのセッションに参加しました。

LINE Developer Week 2015

LINE台湾支社でAPI開発とアプリケーション分析を担当しているAugustin Wangと申します。今回は、2015年11月に開かれたLINE Developer Weekについて、レポートしたいと思います。

韓国に到着

いよいよ待ちに待ったLINE Developer Weekの初日です!仁川国際空港からバスで1時間ほど移動して、書峴(ソヒョン)駅にあるLINEの韓国オフィスに到着しました。オフィスには、かわいいLINE FRIENDSのキャラクターと各種グッズが飾られていました。

ここでは、日本と中国から来たたくさんの仲間と出会うことができました。英語・日本語・中国語・韓国語が混ざった会話になっていましたが、LINEのエンジニア同士では言葉の壁を感じることはありませんでした。

LINE Developer Workshop & Hackathon 2015

こんにちは、新米ソフトウェア開発者のJamesです。

今回は今年1月に開催された開発者向けワークショップ「2015 LINE Developer Workshop」についてレポートしたいと思います。

Hadoop Conference Japan 2013 Winterで話してきました!

こんにちは.サービス開発2チームの中村です.

先日1/23に行われた日本最大級のHadoopユーザー会イベント,「Hadoop Conference Japan 2013 Winter at 東京ビッグサイト」にて,私,中村と同チームの大平が講演させていただきました.

「MongoDB Tokyo 2012」で話しました

度々の登場で恐縮です。大平です。

先日、ご縁がありまして掲題のイベントで発表をさせていただきました。
http://www.10gen.com/events/mongo-tokyo-2012

http://blog.10gen.com/post/16370064130/recap-mongodb-tokyo-2012

この記事では、発表させていただいた資料の公開と、参加しての簡単な感想を書かせていただきます。

「要求工学入門」 – ソフトウェア品質シンポジウム2011(SQiP2011)チュートリアル参加レポート

こんにちは。QAチームの尾尻です。

先日、日本科学技術連盟主催のソフトウェア品質シンポジウム2011(SQiP2011)に参加してきました。私が受講したのは、要求工学に関するチュートリアルでした。今回はチュートリアル内容を中心に要求工学に関して簡単にまとめたいと思います

要求工学入門:要求工学知識体系と要求獲得プロセス
中谷 多哉子 氏(筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 准教授)
http://www.juse.or.jp/software/327/#t_005

時間の関係で半日チュートリアルしか参加できませんでしたが、実践的な内容でとても参考になりました。 今回はそのチュートリアルの内容を中心に、要求工学に関して以下3項目にまとめたいと思います。