LINE の全社員が必要に応じて担当サービスのデータを分析できる環境の構築

この記事は、 LINE Engineering Blog 「夏休みの自由研究 -Summer Homework-」 の 2 日目の記事です。

LINE Data Labs のデータエンジニアの吉田啓二です。昨年から行っている「 LINE の全社員が必要に応じて担当サービスのデータを分析できる環境を構築・提供する」という取り組みをご紹介します。

LINE Data Labs とは

LINE Data Labsは、 LINE の各サービスのデータの収集・処理・集計・分析を専門的に行うことで、データの分析・活用という側面から各サービスの成長を支えることを目的とした部署です。Hadoop クラスタへの各サービスデータの収集、データを集計・可視化する BI/レポーティングツールの提供、データ分析による各サービスの状態把握・意思決定支援、各サービスの価値向上を目的とした機械学習の適用など、データに関する多岐に渡る業務を、合計約 50 名の機械学習エンジニアデータサイエンティストデータプランナーデータエンジニアが、お互いに協力して遂行しています。