Tag Archives: Clova

LINE Clova Skill Awards結果発表

LINE Clova Skill Awards結果

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

LINE Clova Skill Awardsにたくさんのご応募を頂きありがとうございました。

厳正なる選考の結果、受賞作品を決定いたしましたのでお知らせいたします。

VUIで効果音を活用するとUXは良くなるのか?良くなる!

VUI(Voice User Interface)の体験において、音で演出することはとても大切です。ユーザーの楽しさを高めるのはもちろん、メッセージの区切れをわかりやすくすることや、サービスの世界観を伝えるという観点においても、発話以外の「音」を意識することがクオリティーの高さにつながります。

ユーザー体験の良いVUIのスキル(機能)を開発することに少しでも役に立てるよう「効果音」に焦点を当てて取り組みを紹介します。

GWはLINE API!開発関連情報や最新事例のまとめ

GWはLINE API

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

平成が終わり令和時代へ。今年のゴールデンウィークは長めということもあり、この辺りで一度LINE関連の開発情報をまとめてみます。何か開発をしてみたい方は是非この機会に試してみて下さい。

LINE Clova Skill Awards開催のお知らせ

LINE Clova Skill Awards

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

この度「LINE Clova Skill Awards」と題し、より多くのユーザーがClovaのある生活を楽しめるようになるようなスキルを募集させていただくことになりました。豪華景品もご用意しておりますので是非ご参加ください。

2018年の言語モデル概要

こんにちは、ClovaチームのTungです。 Clovaは、Clova FriendsやClova Waveなどといったスマートデバイスに搭載されている私たちのAIプラットフォームです。 製品の詳細についてはこちらをご覧ください。

2018年の自然言語処理(NLP)分野において続々と発表された強力な言語モデル – ELMoULMFit 、OpenAI TransformerBERTについて振り返りたいと思います。 各モデルそれぞれの内部解説はインターネット上にあったりしますが、今回は少し異なった見方を持って来ることを試みます。全モデルのアーキテクチャーの特徴を比較しながら言語学習との関係を検証した論文について紹介して行きます。

Ruby on Rails で作る! Clova スキル 〜LINE 連携もあるよ〜

LINEの Clova 開発室・開発1チームに所属している安田篤史 (@ayasuda) です。この記事はLINE Advent Calendar 2018の22日目の記事です。
2018年といえば、Clova Developer Center βがオープンし、誰でも Clova スキルを開発することができるようになりました。 また、LINE では Clova SDK 以外にも様々なプロダクトを提供しています。これらを組み合わせることで、興味深いサービスを簡単に作れるようになります。 本記事では、Ruby on Rails (以下 Rails) で作られた簡単な Web アプリを Clova のスキルに改造する方法と、 LINE の様々な API を組み合わせる方法についてステップバイステップで説明していきます。

Creating a Clova Skill with Elixir

Greetings from Kyoto! My name is Adam Millerchip, I’m a server-side Engineer at the LINE KYOTO office. This post is day 7 of the LINE Advent Calendar 2018. This year I’ve been working on developing a package in Elixir for developing Clova Skills, so for today’s topic, I’d like to do a walkthrough of developing a simple Clova skill using Elixir.

Clovaにおける機械学習モジュールの管理運用基盤Druckerについて

こんにちは、LINEでClovaの自然言語理解 (NLU) ユニットの開発をしている服部 (keigohtr)です。この記事は、LINE Engineering Blog 「夏休みの自由研究 -Summer Homework-」 の3日目の記事です。

はじめに

機械学習が流行ってます。みなさんも既に機械学習をやっていたり、上司から機械学習をやれと言われたりしているのではないでしょうか?幸いなことに、近年の機械学習の流行のおかげで機械学習まわりのツールやフレームワークはかなり充実してきました。線形回帰やロジスティック回帰、Perceptoron、Adaboost、Random Forest、Support Vector Machine、XGBoost、そして多様なDeep Learningのアルゴリズムなど、多くのアルゴリズムが誰でも簡単に利用できるようになりました。しかし「学習」まわりのツールやフレームワークが充実する一方で、構築した機械学習モジュールの「運用」まわりのツールやフレームワークは多くありません。そこで今回は、LINEのAIプラットフォームであるClovaで採用する機械学習モジュールの管理運用基盤Druckerをご紹介します。

Clovaスキル開発者へのTシャツプレゼントとQiita等における人気のCEK解説やサンプルコード集のご紹介

こんにちは。LINEでLINE Messaging APIやLINEログイン等のプラットフォームの啓蒙活動を担当している立花です。

本記事では、CEKを利用したClova向けスキルを開発し、審査に通過後公開していただいた方にお配りする予定のTシャツと、現段階でQiita等に公開されているCEK関連の開発講座やTipについてご紹介させて頂きます。

Clovaスキル開発者向けTシャツについて

Clovaのスキルを開発し提出、審査に通過しストアに公開していただいた開発者の方にこちらのTシャツをプレゼントする予定です。

Clovaデバイス上で動作するスキルを自由に開発できる「Clova Extensions Kit」を公開しました。ハンズオンも開催決定!

こんにちは。LINEでLINE Messaging APIやLINEログイン等のプラットフォームの啓蒙活動を担当している立花です。

本記事では、今回新たにリリースされたClova向けスキルを開発できるCEK(Clova Extensions Kit)の概要と使い方について解説します。

CEKとは

ClovaはLINE株式会社が提供するAIアシスタントで、Clovaを搭載した端末として、Clova WAVE、Clova FriendsやClova Friends mini等がリリースされています。ご購入は公式サイトや取扱店舗にで可能です。

これらのClovaデバイスに「新宿の天気を教えて」と話しかけると天気を調べて教えてくれますが、これが「スキル」です。他にも翻訳やLINE通話等たくさんのスキルがデフォルトでインストールされており、便利に利用できます。

今回スキルの開発環境がオープン化され、CEKを利用することで誰でも簡単にClovaデバイス上で動作する、「スキル」を開発することができるようになりました。