Client

新卒エンジニアの仕事〜2020年入社のAndroidエンジニア編〜

こんにちは。2020年04月に新卒入社した佐藤 柊一です。 学生時代は趣味やアルバイト共にWebアプリを開発していました。業務では、App Dev 3 チームに配属され、Androidアプリのバグ修正や新機能開発を行っています。

この記事では、LINEのメッセンジャーのAndroidアプリケーションの開発を担当するエンジニアとして、私が入社してから約半年間の中で、どんな業務や活動をしてきたのか紹介します。

スマホ向けアプリのクロスプラットフォーム開発検討中の方へのTips

こんにちは。京都オフィスでクライアント開発チーム(iOS/Android)のマネージャーをしています田中です。現在は出前館の開発チームで引き続きアプリエンジニアとして業務に取り組んでいます。

私はこれまでUnityを用いたスマホ向けゲームアプリのクロスプラットフォーム開発、Objective-C、Swiftを用いたiOSアプリ開発に取り組み、そして現在は出前館にてReact Nativeを用いたクロスプラットフォーム開発を行っています。

本記事では私のこれまでの経験を踏まえスマホ向けアプリのクロスプラットフォーム開発についてお話ししたいと思います。様々あるクロスプラットフォーム開発の技術でどれを利用すべきか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

【Team & Project】LINEアプリのAndroidクライアント開発をしているチームを紹介します

LINEの開発組織のそれぞれの部門やプロジェクトについて、その役割や体制、技術スタック、今後の課題やロードマップなどを具体的に紹介していく「Team & Project」シリーズ。

今回は、LINEアプリのAndroidクライアント開発チームを紹介します。マネージャーの岡本雄三と池永健一に話を聞きました。

LINEアプリのAndroidクライアント開発チームのzoom会議の様子

iOSのコード署名について

こんにちは。LINEでAIR ARMORの開発を担当しているSIM MINYOUNGです。AIR ARMORは、LINE GAME PLATFORMの一つであるAIRを構成する一つのセキュリティソリューションです。AIRについてはこのURLで紹介されました。前回のブログでは、Androidの署名の仕組みであるAPK Signingについて紹介されましたが、今回のブログでは、iOSのコード署名について紹介したいと思います。

コード署名は、ファイルの完全性を保証する、署名者(開発者)を確認する役割があります。Mach-O形式で表現されるiOSのバイナリーに対する完全性や署名者の検証は、後ほど説明するCode signature構造によって実現されています。

Swift 4.1+

こんにちは、AIプラットフォームClova開発チームのezuraです。この記事はLINE Advent Calendar 2017の14日目の記事です。

みなさん、今年のSwiftマイグレーション祭りは無事に終わりましたか。例年よりも穏やかなエラーを味わえたのではないでしょうか。

さて、マイグレーションといえば、みなさんの行ったマイグレーションは「普通の」マイグレーションですか?それとも「スーパー」マイグレーションですか?

ここでいう「スーパーマイグレーション」とは、エラー・警告部分を修正するだけでなく、Swiftの改善によって効率的に書けるようになった部分の変更を含めたマイグレーションです。

スーパーマイグレーションの対象箇所はエラー等が出ない部分も含むため、いざマイグレーションを始めると見つけにくいですよね。効率良く移行するには、今のうちから、新しいバージョンに移行しやすいような設計や記述にしておくことや、新規または既存のコードに今後実装される機能によって改善できる部分を見つけたらマークをつけておくなど、下準備が重要です。これはSwift Projectでもよく見られる光景です。

しかし、そのためにはこの先に何が変わるのかを早めに知っておく必要があります。

Androidで日付表記をお手軽に国際化する

こんにちは、LINEでAndroid clientを開発しているShojiです。何故か一部からはビルド王子と呼ばれています。この記事はLINE Advent Calendar2016の5日目の記事です。

Androidアプリの日付表記の国際化

せっかく頑張ってコードを書いて、テストしたAndroidアプリなら海外含めて沢山の人に使って欲しいですよね?

LINEは海外でも使われているのでUIテキストの翻訳をするのは勿論ですが、アプリの国際化はUIの翻訳に限りません。特にLINEはアプリの性格上日付表示がUI上に多く、このフォーマットを各言語文化にあった形で表示する必要があります。

LINE iOSアプリ開発についてのご紹介

はじめまして、LINE技術戦略室のhayaishiです。

趣味は自転車と言っていますが最近は全く乗っていません。
この記事では、LINEのiOSアプリ開発に関することをいくつかご紹介させていただこうと思います。