Tag Archives: Beacon

Beaconを利用したgeo-linkedアプリケーション

こんにちは。LINE TaiwanでLINE Beaconプラットフォームのビジネス開発・企画を担当しているCharlotte Yuです。

私は最近、LINE Beaconの位置認識技術を活用する方法について模索しています。LINE Beaconの位置認識技術は、LINEが目指す「スマートポータル(Smart Portal)」を実現し、人と人、人と情報、人とサービスとの距離を縮める「CLOSING THE DISTANCE」のミッションを達成する上で重要な役割を果たすことになります。

今はまだ初期段階ですので、Beaconを着実に普及させ、ユースケースを提案することでユーザ認知度や利用率を高めることに注力しています。

私たちの戦略は、LINE Beaconプラットフォームを台湾で人気の高いLINEの他のサービス・機能と連携し、台湾の膨大なLINEユーザに提供することです。そして今後、位置認識がモバイル技術の発展をけん引する原動力になるとの判断から、私たちはできるだけ多くの場所にLINE Beaconを設置するようにしてBeaconネットワーク構築に取り組んでいます。これら二つの要素、すなわち台湾におけるLINEの高い浸透率とLINE Beaconの位置認識技術の正確さは、実世界とオンラインでの行動が統合されたO2O(Online to Offline)エコシステムを構成する柱といえます。

O2Oメッセージングを利用すると、オンラインプラットフォームとオフライン店舗をつなげることができます。O2Oの目標は、ほとんどの時間をオンラインマーケットやオンラインプラットフォームで過ごす消費者をオフライン店舗へと誘導すること。オンラインクーポンやメンバーシップカードを提供し、近接マーケティングを展開するのはそのためです。そこで私たちは、様々なBeaconアプリケーションを制作し、バーチャル世界を実世界にまで広げてくれるオンライン-オフラインのネットワークを構築しています。

売上げを伸ばす目的で、O2OとBeaconを通じて、日常的に使われるモノやサービスにLINEクーポン、LINEポイント、LINEショップカードといった機能を連携することが考えられます。たとえば、近くにいるLINEユーザにGeoAD(geo-linked advertisements)をプッシュして店舗をPRし、公式アカウントやLINE@アカウントなどLINEビジネスアカウントでイベントを実施することができます。そして、LBS(location-based service、位置情報サービス)基盤のクーポンやスタンプを活用してLINEユーザの来店を促します。その結果、LINE@アカウント運用者は、屋内ナビゲーション、お買い物ガイドなどのLBS add-onを提供することで、ユーザ経験を改善し、顧客維持率を向上させることができます。

LINE Simple Beaconをつかって、ESP32の電源電圧を送ってみる

こんにちは、LINE Beaconを担当している、エンジニアの古田です。

このたび、Messaging APIに機能が追加となり、先日公開したLINE Simple Beaconに対応するデバイスが生成したデータ(device message)をLINE Botが受け取れるようになりました。 本blogでは告知を兼ねて、それを利用した実装例を紹介したと思います。

LINE BOT & Beacon 開発者向けFAQ(随時更新)

はじめに

こんにちは、LINE の長谷部です。

LINE BOT AWARDS への締め切りがいよいよ迫ってまいりました。 本イベントに伴って、弊社では諸々ハッカソン/ハンズオン等のイベントをいくつか開催してきましたが、このイベント等でよく聞かれた質問とその回答を本エントリにてご紹介致します。LINE BOT AWARDS にむけて、みなさまの参考になれば幸いです。
※2017/02/13時点での内容となっています

LINE Beacon [LINE DEVELOPER DAY 2016 Edition]の仕様

こんにちは、LINE Beacon関連の担当をしているsotaroです。

LINE DEVELOPER DAY 2016 では、イベント限定として LINE Beaconを作成し来場者の皆様にお渡ししました。今回はそのLINE Beacon [LINE DEVELOPER DAY 2016 Edition]および付属品について少し説明をさせていただきます。なお、こちらに記載されている内容は2016年10月現在のものです。