【登壇・協賛情報】SeleniumConf Tokyo 2019

2019年4月18日(木)・19日(金)の2日間にわたって開催される、SeleniumConf Tokyo 2019にて、LINEはプラチナスポンサーを務めます。当日は、4月18日のTrac 2 14:25からのセッションにて、LINE Fukuoka 所属の大園博昭 が「LINEのサービスを支えるSelenium/Appium」というタイトルで登壇いたします。

【インターンレポート】LINE LIVEの新機能開発や負荷対策を行いました

はじめにこんにちは、京都大学2年の岸直輝です。この度、LINEの冬インターンシップのエンジニア就業コースに2/18~3/15の一ヶ月間参加させていただきました!今回のインターンでは、サーバーサイドエンジニアとしてチームに加わり、通常の業務と同じタスクに取り組むことができました。ここでは、その内容について紹介したいと思います。取り組んだテーマについて私はLINE LIVEというライブ配信サービスのサーバーサイドのチームに配属され、「LIVE Q」という新機能のAPI開発や負荷対策の設計・実装・検証を行いました。

【インターンレポート】データ可視化プラットフォーム「OASIS」のフロントエンドの改善

 

LINEの冬インターンで、Data Labsという組織に参加させていただいた坂口達彦と申します。
普段は HCI 分野で研究をしている大学院1年です。
インターンでは、Data Labs で開発しているデータ可視化プラットフォームである OASIS のフロントエンドの改善を行いました。
その成果についてご紹介できればと思います。

LINE Clova Skill Awards開催のお知らせ

LINE Clova Skill Awards

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

この度「LINE Clova Skill Awards」と題し、より多くのユーザーがClovaのある生活を楽しめるようになるようなスキルを募集させていただくことになりました。豪華景品もご用意しておりますので是非ご参加ください。

LINE Growth Technologyの紹介

LINEの”Growth開発”を担うために設立した「LINE Growth Technology」でPRを担当している安藤です。2018年6月の設立から約1年経ち、LINE Growth Technology(以下、GT)はエンジニアを中心に現在約30名ほどが働いています。一方で、エンジニアの採用活動にも引き続き力を入れていて、毎月会社説明会を開催しているのですが、お時間の都合等で参加いただけないない方もいらっしゃるので、この場をお借りして、GTを設立した背景や具体的な業務内容を簡単に説明させていただきます。

LINE初のエンジニアフェロー並川淳さんは、どんな仕事をしているのか。マシンラーニングエンジニアが求められるスキルとは。

LINEで働くエンジニアtokuhiromが、同じくLINEで働くエンジニアにいろいろと話を聞いていく連載「LINE Engineer Insights」。第10弾は2019年1月にLINE初のエンジニアの最高役職、フェローに就任した並川淳さん(ML基盤開発担当)にインタビュー!フェローとはどういう役職で、並川さんが所属する「LINE Data Labs」というチームではどんな役割があるのか、マシンラーニングエンジニアとして活躍できる人材について、話を聞いてみました。

LINE BOOT AWARDSからSXSW EDUへ: SXSW EDUへの出展とStudent Startup Competitionでのピッチ

こんにちは、Developer Relationsチーム マネージャーの砂金です。昨年開催したLINEアカウントやClovaスキルを組み込んだサービス開発コンテスト「LINE BOOT AWARDS 2018」では、多くの皆様に参加いただき誠にありがとうございました。LINE BOOT AWARDSでグランプリを受賞した西村唯さんが、テキサス州オースチンで開催されたSXSW EDUの学生向けスタートアップコンテスト「Student Startup Competition」で日本から唯一のファイナリストとして選出され、登壇されました。せっかくの機会ということで、レポートを書いていただきましたので、ぜひご一読くださいませ。SXSW(読み:サウスバイサウスウエスト)はスタートアップや新規事業担当の方々を中心に日本でも注目が高まり、私も参加しています。今回はメディアアーティスト落合陽一氏がプロデュースしたNew Japan Islandsという経済産業省の取り組みが話題となりました。

LINE Developer Trialプランの移行についてのご案内

こんにちは、LINE Developer Relationsチームです。LINE@をご利用いただきありがとうございます。
リデザインに伴い、現在開発者のみなさんにご利用いただいているDeveloper TrialプランのLINE@アカウントは、2019年6月中旬から順次、LINE公式アカウントに移行され、同じく無料のフリープランが適用されます。