AngularJSを使ってみよう

こんにちは、こんばんわ
NHN Japan ウェブサービス本部開発1室UITチーム 吉田徹生(@teyosh)と申します。

最近ではJavaScriptのMVCフレームワークが雨後のタケノコのようにたくさん出てきています。
先日Quirks ModeがJavaScript Libraryの利用状況をアンケートが公開していました。
backbone.jsやknockout.jsなど、MVCライブラリもランクインしてきました。

その中で今回はAngularJSを紹介しようと思います。

「カジュアル」な規模のデータクラスター上でのデータ解析処理

今年はさだまさしさんのデビュー40周年ということで、記念コンサート「さだまつり」も絶賛開催中の折も折、残暑も厳しい中皆様いかがお過ごしでしょうか。大平です。

さだまさし氏は経験の豊富な方ですので彼の歌や発言から学ぶことは大変多いのですが、個人的に非常に感銘を受けているのは「歌はコンサートで成長する」という言葉です。歌い手として、「歌」という作品を作って公開・販売するだけが仕事ではなく、実際にコンサートなどでお客さんに届け、お客さんの反応を参考にしたり日々の演奏活動の中で試行錯誤を繰り返して、内容をブラッシュアップし洗練させていく過程を指して先の言葉があるのだと思います。実際にさだまさし氏の曲はCDに収録されているものと実際にライブで演奏されるものとでアレンジが大きく異なり、かつ作品としても質が向上しているものが少なからず存在します。

…あまりさだまさしの話を続けると本当に上長に叱られますので、、まあ何が言いたいかというと、サービスも同じで、機能を開発して終わりではなく、いかに機能を洗練させ、安定して稼働させるようにするか、運用やチューニングの作業は非常に大事です。
この記事では、あるデータ解析基盤におけるチューニングの過程についてお話できればと思います。

Schema.orgをパーツ化しリッチスニペットを実装する

皆様、お久しぶりです。
NHN Japan ウェブサービス本部の「キョウ」と申します。

前回の「初心者向けschema.org講座」に引き続き、
今回は「Schema.orgをパーツ化しリッチスニペットを実装する」方法についてお話しようと思います。

スマートフォンの電力事情

こんにちは、QAチームのKYOKOです。

「機能やデザインも大事だけど、電池が長持ちするスマートフォンがよいねー」
今日は、個人的に気になるスマートフォンの電力事情についてです。

Backbone.js gives structure to web app

こんにちは、開発1室UITチーム 清水@tori3_jpです。

さて、今回はLINEのスマートタブレット向けブラウザ版でも採用したJavaScriptのMVC FrameworkであるBackbone.jsについて紹介したいと思います。

nginxの優雅な再起動

こんにちは開発チームの崔珉秀と申します。

今回はnginxというウェブサーバーについて話をさせて頂きます。
nginxは最近数年の間けっこう人気が高くなっています。特によく使われているApacheやLighttpdなどのウェブサーバーと性能の面で比較することがよくありまして、優れた性能で単純なstaticファイルを転送するウェブサーバーからCGIサーバー、reverse proxyサーバーなどの様々なウェブリクエスト処理に関わる分野で導入されています。
今日はnginxの性能の比較よりもサーバーの開発者(nginx module)もしくはサーバーの運営者としてのnginxにある仕組の中で一つを紹介したいと存じます。

慎ましい構成で使うSolr

お世話になっております、開発チームの池上です。

最近ちょっとした検索機能にSolrを導入しました。Solrは検索エンジンのミドルウェアでご存知の方も多いと思います。大規模な構成による導入実績が豊富でWeb上にもたくさんの事例がありますが、今回は慎ましい構成の事例を紹介させて頂こうと思います。

初心者向けschema.org講座

NHN Japan ウェブサービス本部の「キョウ」と申します。
NAVERサービスのマークアップ等を担当している、「突っ込みづらいキャラ」で有名な男ですw

今回はマークアップエンジニアやSEOエンジニアの中で注目を集めている、
schema.orgについてご説明させていただきます。

この記事を読んでいる方の中には「schema.org公式サイト(英)」
「schema.org 日本語訳」をご覧になった方も多いと思いますが・・・

皆様理解できましたか?
正直難易度が高いと思うので、初心者向けに内容を砕いて説明していきます。

「MongoDB Tokyo 2012」で話しました

度々の登場で恐縮です。大平です。

先日、ご縁がありまして掲題のイベントで発表をさせていただきました。
http://www.10gen.com/events/mongo-tokyo-2012

http://blog.10gen.com/post/16370064130/recap-mongodb-tokyo-2012

この記事では、発表させていただいた資料の公開と、参加しての簡単な感想を書かせていただきます。

Introduction of ‘fluentd’

今年はさだまさしさんのデビュー40周年という記念の年ですね。大平です。
さだまさしさんの歌は、時に切り口鋭く、時に叙情的に情景を描写する技術もさることながら、落研出身ゆえの話術の巧みさ、流暢さも魅力の一つです。

あまりさだまさしの話を続けると上長に叱られますので、、この記事では「流暢な」という意味の名前を持つOSSのミドルウェアについて、ご紹介をしたいと思います。