LINE Taiwan TechPulse 2016参加レポート

こんにちは、LINE Taiwanでエンジニアとして働いているShawn Tsaiです。LINEはユーザーのためのスマートポータルを実現するために、LINE Platformの様々な機能を開発者に公開し、クリエイティブなchatbotアプリケーションの開発を奨励してきました。日本で大盛況となった技術イベント「LINE Developer Day」に続き、台湾でも2016年12月26日に「LINE Taiwan TechPulse」というイベントが開催されました。現地のパートナー会社や優秀な開発者をはじめ、実に600人を超える参加者が集まりました。今回のイベントでは、LINE Platform上で開発者が利用できるリソースについての説明とともに、LINEのエンジニア文化とキャリア開発の機会についての紹介がありました。

200人と同時に通話できるLINEグループ通話の機能とその仕組み

こんにちは、LINEでグループ通話サービスを開発しているJungjun Parkです。

LINEでは「CLOSING THE DISTANCE」というビジョンを掲げ、様々なサービスを提供しています。今回の記事ではその中から、同時にたくさんの人と通話できるLINEのグループ通話機能と技術についてご紹介します。まず、グループ通話機能について簡単にご説明します。

最大200人と同時に通話できるLINEグループ通話

LINEのグループ通話は、LINEで同時に最大200人と通話できるサービスです。2016年3月にグループ音声通話サービスが公開され、同年12月にはグループビデオ通話をサービス開始いたしました。音声通話とビデオ通話のいずれも、いつでもどこでも無料でご利用いただけます(アクセスするデータ環境によっては、通信料金が発生することもあります)。

LINEでグループ通話をご利用いただくには、以下のようなスペックが求められます。

  • グループ音声通話:LINE iOS 5.11.0以上、LINE Android 5.11.0以上、LINE Desktop(Windows/macOS) 4.5.0以上
  • グループビデオ通話:LINE iOS 6.9以上、LINE Android 6.9.2以上、LINE Desktop(Windows) 5.0.0以上

【書籍情報】プロになるなら身につけたい プログラマのコーディング基礎力

LINE Fukuoka 開発室に所属している きしだなおきが執筆陣として参加している書籍が発売されましたのでお知らせいたします。
これからプログラマとして就職を志す学生、入社1,2年で自身のコーディング力を向上させたいと考えているプログラマなどにおすすめの内容となっているそうですので、気になるテーマがありましたらぜひお手にとっていただければ幸いです。

タイトル:プロになるなら身につけたい プログラマのコーディング基礎力
出版社:技術評論社
発売日:2017/2/18
電子版:あり

LINE Engineer Insights vol.1 「LINE BOT 育ての親に聞く、LINEの誕生と成長」

LINEで働くエンジニアに色々と話を聞いていく新コーナー「LINE Engineer Insights」をスタートいたします。インタビュアーにはLINEで働くエンジニア @tokuhirom を迎え、エンジニア同士でざっくばらんにお話を伺っていきます。LINEのエンジニアは一体どんな人達なのか、その内面に迫っていきたいと思います。

今回は、開発1センター LINE開発室 B Partチーム所属の熊井に、コミュニケーションアプリ「LINE」の誕生時のことや現在担当されているLINE BOTのバックエンドの話などを聞いてきました。

LINE BOT & Beacon 開発者向けFAQ(随時更新)

はじめに

こんにちは、LINE の長谷部です。

LINE BOT AWARDS への締め切りがいよいよ迫ってまいりました。 本イベントに伴って、弊社では諸々ハッカソン/ハンズオン等のイベントをいくつか開催してきましたが、このイベント等でよく聞かれた質問とその回答を本エントリにてご紹介致します。LINE BOT AWARDS にむけて、みなさまの参考になれば幸いです。
※2017/02/13時点での内容となっています

LINEのデベロッパー向け情報をまとめたポータルサイト「LINE Engineering」公開とBlog更新について

こんにちは、日本のLINE Engineer Blogを担当している櫛井です。
LINEのデベロッパー向け情報をまとめたポータルサイト「LINE Engineering」公開とBlog更新についてお知らせいたします。

公式Twitterアカウント@LINE_DEVにて先行してお知らせしていましたが、LINEのデベロッパー向け情報をまとめたポータルサイト「LINE Engineering」を公開しました。


LINE Engineering

2016年LINE Security Bug Bounty Programの結果について

常時運営化について

こんにちは。LINEでセキュリティに関する業務を担当しているMJです。

今回の記事では、2016年の「LINE Security Bug Bounty Program」を振り返り、皆さんにご紹介していきたいと思います。このプログラムは、サービスに潜在的に存在する脆弱性を外部のエンジニアの方々からご報告を頂き、我々が迅速に修正していくことで、皆様により安全なサービスを提供することを目的としています。

まず、2015年に8月24日~9月23日の期間限定で試験的に実施し、そして、(1)プログラム内容の改善 (2)リスクの継続的な管理を目指して、プログラムの利用規約、報告フォーム、報告内容の判定基準、さらに常時運営を前提とした運営体制等のあらゆる側面の改善を準備し、2016年6月2日より「LINE Security Bug Bounty Program」として新たに運営をすることとなりました。

LINE Security Bug Bountyのトップページ : https://bugbounty.linecorp.com/

LINE Haskellブートキャンプ

こんにちは、LINEでフロントエンド開発を担当しているJunです。

2016年10月24日~28日の5日間、「LINE Haskellブートキャンプ」というプログラムがLINEの渋谷オフィスにて開催されました。今回の記事では、同プログラムに参加した感想を書きたいと思います。

Haskellとは

Haskellは、柔軟性、合成可能性(composability)、安全性を維持しつつ、高性能のソフトウェアの作成を可能にする現代的なアプリケーションプログラミング言語です。ここ最近、Facebookやスタンダードチャータードなど複数の企業でHaskellを導入して商用利用の可能性を検証した例が増えており、数多くの言語・ライブラリがHaskellの方法論を借用して業界から注目を集めています。

LINEでも勉強会を立ち上げてHaskellを学習したり、社内サービスをHaskellで開発したりするなど、Haskellへの関心が高まっています。こうした中、5日間にわたって開かれた「LINE Haskellブートキャンプ」は、Haskellに興味のあるエンジニア同士が集まってHaskellに入門してみるプログラムでした。同ブートキャンプは、Haskellに対する奥深い学術的考察というよりは、誰もがHaskellに興味を持って使い始められるように、初心者レベルから学習することを目標にしました。進行役は、Haskellを使って社内サービスを開発した経験があるHanさんが担当してくれました。

LINE BOT AWARDS API協賛企業のご紹介

今回の記事では、ただ今絶賛エントリー募集中の[LINE BOT AWARDS][1]に、API協賛企業として参加いただいている各企業の協賛内容をご紹介します。

中には日本マイクロソフト社のMicrosoft Azureなど、本来有償のものをLINE BOT AWARDSにエントリーいただいている方に特別に無償提供しているものもあります。
是非この機会にエントリーください。様々なAPIを上手く活用した、斬新なbotが数多く生まれることを期待しています!

各社のAPI協賛の内容(順不同)

hachidori株式会社

同社のプログラミングレスチャットbot作成プラットフォーム「[hachidori][2]」を無償でご利用いただけます。お手続きは以下の通りです。

  1. アカウントを作成します。
  2. botの作成をクリックし、LINEを選択します。
  3. その中で、ディレクションに沿って必要情報を入れていただくと、サーバーレスで、botの作成が完了します。

日本マイクロソフト株式会社

Microsoft Azureを無償でご利用いただけます。
ご利用の詳細な手順は下記をご参照ください。

【コード認証】

  1. Azure Passのアカウントを作成します。
  2. 居住国とLINE BOT AWARDS事務局から発行されたPromo Codeを入力し、Submitをクリックします。
  3. Sign Inをクリックし、マイクロソフトアカウント(個人用でも法人用でも使用可能)に入ります(マイクロソフトアカウントをお持ちでない場合は、新規作成をクリックしてアカウントを作成してからご利用ください)。
  4. 確認ページに飛びますので、記載事項に間違いがないことを確認し、Submitをクリックしてください。
  5. Azure上で提供しているサービス内容を確認後、Activateをクリックします。

【Azure Pass利用開始方法】

  1. Azure Pass Activateのための必要事項を記入し、利用規約を確認の上Sign Upをクリックします(数分かかることがありますので、そのまましばらくお待ちください)。
  2. Sigh Upが完了しましたら、利用開始になります。

【諸注意】

  • 先着30名までとなります。
  • 2017年2月4日までにActivateしてください(それ以降は無効となります)。
  • 100ドル/月までを無料でご利用いただけます(超過分は料金が発生致します)。