株式会社ディー・エヌ・エーとの共催イベント「FROKAN × UIT #1」を開催しました

9月27日、渋谷ヒカリエ DeNA オフィスにて「FROKAN × UIT #1」を開催いたしました。本イベントは、DeNA 主催のフロントエンドイベント「Frontend de KANPAI!(FROKAN)」と、弊社メンバーが中心となっているフロントエンドイベント「UIT」のコラボレーションイベントです。記念すべき第一回は Frontend de KANPAI! に招かれる形で、UIT がゲストとして登壇しました。

Front-end開発組織によるUIT Global Workshop 2019 レポート編

こんにちは、フロントエンド開発センターUIT1室 Dev1チームの井上です。
私たちのチームはLINE NEWSのフロントエンド開発を担当しています。9月に社内の情報共有を目的として開催された「UIT Global Workshop 2019」には日本、韓国、台湾、ベトナムといった様々な拠点に所属するフロントエンジニア130名が一同に会し、各セッションを通じてプロジェクトの開発内容やノウハウなどを共有しました。そこで本ブログでは、日本と韓国のエンジニアが2回に渡ってイベントの様子をレポートしたいと思います。


2019-07 LINE x Intertrust Security Summit 2019, Spring レポート

こんにちは、サイバーセキュリティ室の市原です。
毎年開催している LINE x Intertrust Security Summit 2019, Spring(5/29開催)をダイジェスト的に振り返ってみたいと思っています。
今年は、「Safeguarding the New Era of Digital Identity and Digital Trust」というテーマで開催しました。

Verda 2/2: CloudNative/OpenStack Days 2019-Tokyoパネルセッションレポート

この記事は、Verda 1/2:CloudNative/OpenStack Days 2019-Tokyoパネルセッションレポートの続きです。前の記事では、Verdaのエコシステム全体について説明しました。この記事では、ネットワーク側の課題をその経緯とともに説明し、Verda内で行われた最適化と改善内容を紹介します。

Verda 1/2:CloudNative/OpenStack Days 2019-Tokyoパネルセッションレポート

アジアを中心に大規模なユーザー数を抱えるコミュニケーションアプリ「LINE」の内部バックエンドで、インフラを管理するために、がどのようなシステムが使われているか気になったことはありませんか?もしあるなら、今こそ、LINEのインフラ管理を知るチャンスです。
LINEは、最近行われたCloudNative Days Tokyo 2019 / OpenStack Days Tokyo 2019(https://eventregist.com/e/cndt-osdt2019)で、Verdaと呼ばれるLINE独自のOpenStackクラウドの全貌を紹介するパネルを展示しました。
この記事では、そのパネルで説明したLINEでOpenStackをどのように使ってプライベートクラウドを構築/提供しているのかを、改めて詳しく紹介します。

LINE API Expert 新メンバー をお知らせします vol.04



<figure class="wp-block-image size-large"><img src="https://engineering-org.line-apps.com/wp-content/uploads/2019/10/lae.png" alt="LINE API Expertは、LINEが開発者向けに提供する各種APIなどへの深い理解と高い技術力を持ち、開発者コミュニティに影響力を持つエンジニアの方々を認定し、様々な特典を提供するとともに、その活動を支援するプログラムです。" class="wp-image-47984"/></figure>
LINE API Expertは、LINEが開発者向けに提供する各種APIなどへの深い理解と高い技術力を持ち、開発者コミュニティに影響力を持つエンジニアの方々を認定し、様々な特典を提供するとともに、その活動を支援するプログラムです。

LINE API Expertは、LINEが開発者向けに提供する各種APIなどへの深い理解と高い技術力を持ち、開発者コミュニティに影響力を持つエンジニアの方々を認定し、様々な特典を提供するとともに、その活動を支援するプログラムです。
今回は、日本、タイ、台湾から合計4名を認定しました。新たなメンバーによる積極的な情報発信やLINE Developer Communityの盛り上げ等を期待しています。

コードの可読性についてのプレゼンテーション紹介 vol. 1: “導入と原則” 編

こんにちは。LINE メッセンジャーの Android クライアントチームの石川です。
先日、コードの可読性についてのプレゼンテーション (https://speakerdeck.com/munetoshi/code-readability) を公開しました。

今後、このプレゼンテーションについてのちょっとした解説を、本ブログ上で不定期に連載していきます。
今回は、このプレゼンテーションの概要と、最初の章 “導入と原則” についての解説を行います。

「LINE DEVELOPER DAY 2019」開催のお知らせ

こんにちは、Developer Successチームの佐藤です。

2015年から毎年開催しているLINEのエンジニア向け技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2019」を11月20日(水)・21日(木)の2日間に渡り、グランドニッコー東京 台場にて開催いたします。

まずは概要とセッション内容の一部をご案内いたします。
今後公式サイトおよびブログやTwitter(@LINE_DEV)を通じて、セッション内容やコンテンツの追加情報を配信していきますので、是非ご確認ください。
公式サイト:https://linedevday.linecorp.com/jp/2019/

【「LINE DEVELOPER DAY 2019」開催概要】
開催日時:11月20日(水)10:00開場、19:00頃終了予定
                    11月21日(木)10:00開場、19:00頃終了予定
開催場所:グランドニッコー東京 台場(東京都港区台場2-6-1)
参加費用:無料
申込方法:専用登録フォームによる事前登録制
※応募者多数の場合は申し込みを締め切らせて頂く可能性がございます。

本で振り返るAgile 2019

Lean & Agile Teamの中村と長南です。
2人合わせてちょなりーです。
8月にアメリカのワシントンDCで開催されたAgile 2019に参加しました。
Agile 2019は、Agile Allianceが年に1度開催する世界最大のカンファレンスです。
今回はセッションで紹介された本や記事を通してカンファレンスを振り返ります。

【登壇・協賛情報】CROSS Party 2019

2019年10月4日(土)に開催される「CROSS Party 2019」にて、LINEはシルバースポンサーを務めます。

CROSS Party 2019は「興味の外側に会いに行く」をコンセプトとして、宇宙関係ビジネス、データ関連、技術的負債、 エンジニアの働き方、IT企業ではない企業でのエンジニアの働き方などテーマを元に、日本におけるトップエンジニアや有識者の方々がパネルディスカッションを行うイベントです。