九州地区においてLINEの開発者コミュニティが発足しました

LINE Developer Group Kyushu

こんにちは。LINEでテクニカルエバンジェリストとしてLINEのAPIを利用したデベロッパーのビジネスの成功をお手伝いさせていただいている立花です。

東京関西に続いて九州地区においてもLINEのプラットフォームやAPIに興味のある方のコミュニティが発足しましたのでお知らせします。

コミュニティ紹介

九州地区におけるコミュニティは「LINE Developer Group Kyushu」という名称となりました。既にハンズオンや忘年会が開催されています。

勉強会の告知等が行われるConnpassのページはこちらになります。ご興味のある方は是非ご登録ください。

LINE×DeNAによるフロントエンドイベント「FROKAN × UIT #2 年忘れLTバトル」を開催しました

12月18日、LINE新宿オフィスにて、「FROKAN × UIT #2」を開催いたしました。

本イベントは、DeNA 主催のフロントエンドイベント「Frontend de KANPAI!(FROKAN)」と、弊社メンバーが中心となっているフロントエンドイベント「UIT」のコラボレーション企画です。第二回は UIT が主辞となり、FROKAN の運営メンバーを招待する形で開催いたしました。

前回のブログ: https://engineering.linecorp.com/ja/blog/frokan-uit-1-report/

UIT とは?

UIT は、 LINE のメンバーが中心となって発足した、「User Interface × Technology」を掲げるコミュニティです。 ユーザーの目に見える部分を技術で解決する開発者のための、実践的なコミュニティとして活動。JavaScript だけでなく、また、ユーザーインターフェースだけでもなく、多面的なテーマ設定が特徴となっています。 過去には BFF(Backend for Frontend) のような技術にフォーカスした勉強会や、「わたしたちにとってのVue.js」と題した様々な現場での Vue.js の事例など、トレンドを追いながらも地に足の着いた話が多い点も魅力の一つです。

JJUG CCC 2019 Fall Report

こんにちは、LINE Fukuokaのきしだです。
先月開催されたJavaのコミュニティイベントJJUG CCC 2019 Fallにて、LINEはGoldスポンサーとSushiスポンサーをつとめました。またスポンサーセッションとあわせて4人のLINEメンバーが登壇しましたので、その様子をお伝えします。

LINE DEVELOPER DAY 2019 総まとめ

Developer Relations室の桃木です。

11月20日・21日の2日間に渡り開催した、LINEの技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2019」の振り返りを短い動画にまとめました。本記事では、振り返り動画とともに、会場で実施されたLINEのエンジニアやPMなどによるセッションの講演資料や動画、写真などでイベントを振り返ってみようと思います。

LINE各オフィスの ”来客受付” を支えるシステム

こんにちは、LINEのIT戦略室で社内システムの開発と運用をしている上田 進太郎です。

LINEはここ数年、社員が増加傾向にあり、直近3年間は年2回のペースで拠点の増床を行っています。増床時の設計に必ず関わってくるのが、来客と受付の運用設計です。
来客と受付は、他社との会議や採用面接など、お客様との対面でのコミュニケーションで必ず発生し、「受付は会社の顔」とかよく言われたりしますよね。

その「会社の顔」を担っている、LINEの来客受付の運用とそれを支えるシステムを紹介します。

新卒エンジニアの仕事〜12月のインフラエンジニア編〜

こんにちは!2019年4月に新卒入社し、Verda室のネットワークの開発チームで業務を行なっている田口と申します。Verdaとは、社内サービス向けの大規模なプライベートクラウド基盤のことで、私はこのVerdaの業務のうち、ネットワークコンポーネントの開発を行っています。


この記事では、新卒インフラエンジニアの仕事の一例として、ネットワークソフトウェアを対象にした性能計測と、品質維持というインフラ基盤を支える取り組みについて紹介します。

【インターンレポート】LINE KYOTOで開催したサマーインターン、チーム開発コースの様子をご紹介

今年は東京・京都・福岡にてサマーインターンシップを開催しました。
東京と福岡では5週間の就業型コース、京都では5日間のチーム開発コースとして実施しました。
今回は、LINE KYOTOのインターンシップの様子をご紹介いたします。
LINE KYOTOのインターンシップではLINEのプロダクト開発、チームでの開発、エンジニアの働き方について学び、実践していただくことを目的に、前半はプロダクト開発やチームでの開発の手法について学び、後半はハッカソン形式でチーム開発を行いました。

UIT Global Workshop 2019 – 3カ国の参加者インタビュー

こんにちは。LINE UIT(User Interface Technology)チームのエンジニアのHyeseong Ohです。LINEでは、広く知られているコミュニケーションアプリをはじめ、ニュース、音楽、動画配信サービスのようなコンテンツ型サービスはもちろん、LINE Pay、家計簿のような金融サービスまで非常に様々なサービスをグローバルに展開しています。

LINE UITチームは、こうした多くのサービスのWebフロントエンド開発を担当しているチームです。普段は世界各地で様々な形で仕事をしているUITチームのLINEエンジニアが年に一度、一堂に会する特別な日があります。そのUIT Global Workshopが9月4日から6日まで韓国にて開かれました。今回の記事では、UIT Global Workshopに参加したチームメンバーとのインタビューを紹介し、当時の現場の雰囲気を皆さんにお伝えしたいと思います。