GitHub Universeに登壇しました

こんにちは、LINEでiOSエンジニアを担当しているInami (@inamiy) です。

GitHub Universe 2016イベントの紹介

先日、2016年9月13日〜15日の3日間、「GitHub Universe 2016」というイベントが、アメリカ・サンフランシスコのPier 70にて開催されました。
海辺のガレージを改築した会場に、総勢1500人の開発者、テックリード、ビジネスリーダーらが来場し、GitHub社・共同創業者でCEOのChris Wanstrath氏による基調講演をはじめ、世界各国から招待された約40名のスピーカーによる様々なオープンソースプロジェクト・企業の取り組みが紹介されました。

私は今回、日本から唯一のスピーカーとして、パネルディスカッションに登壇させていただきました。

以下、数枚の写真でイベント現場の雰囲気をお伝えいたします。

Pier 70にあるウェアハウス(倉庫)の会場と屋上から見下ろすOctocatです。

会場内の雰囲気を写真に収めてみました(Heroku、Travis、Circle CI、IBMのブースがありました)。

豪華な朝食とランチに、無限タピオカジュースも完備されていました。また、皆大好き、GitHub Shopも出店していました。

Chris Wanstrath氏による基調講演の様子です。

この基調講演の中で、同氏は「過去最大のアップデート」と述べ、以下の6つの新機能について紹介しました。
1. Integeration: GraphQL APIの提供や、その他の機能拡張サービスへのEarly Access
2. Businesses: 2段階認証の必須化、SAMLを使ったアカウント管理(来年予定)
3. Workflow: かんばん方式によるタスク管理「Projects」の導入 (参考リンク)
4. Reviews: 「レビュー開始」、「承認」、「修正要望」などのボタンが追加され、コードレビューからマージまでの作業を能率良く統合(参考リンク
5. Profile: ユーザーの過去の活動が見渡せるタイムラインが追加
6. Forums: ユーザー同士でコミュニケーションを取れる掲示板。教育用プラットフォーム用、GitHubコミュニティ用(来年予定)など。

これまで、GitHub社では新機能のリリースを小出しに行ってきた印象があっただけに、今回の発表は予想以上のサプライズで、とても興奮しました。
特に「Projects」と「Reviews」は、ユーザーが待ち望んだ機能ではないでしょうか。
今後のプロジェクト運営や業務において、幅広い活用が期待できそうです。

弊社のインナーソースの取り組み

私は今回、「インナーソース(企業内におけるオープンソース志向の取り組み)」というテーマで、パネルディスカッションに登壇する貴重な機会をいただきました。GitHub社のKakul Srivastava氏を司会に、Jeff Jagoda氏 (IBM)、Joan Watson氏 (Hewlett-Packard)、Jeremy King氏 (Walmart)、Panna Pavangadkar氏 (Bloomberg)と並んで、弊社の取り組みやインナーソースの課題などについて話しました。

Launch – InnerSource: Reaping the Benefits of Open Source, Behind Your Firewall(動画)

ディスカッションの内容について、各種メディアに取り上げていただきましたので、ご覧ください。

なお、LINEでは、2012年からGitHub Enterpriseを活用したプロジェクト管理を行っています。
導入の経緯や、開発フローなどについては、下記のブログ記事も合わせてご参照ください。

おわりに

他にも、米国ホワイトハウス英国政府におけるオープンソース活動(各官庁間でのコード共有など)、黒人女性向けのプログラミング教育 Black Girls Codeの話、GitHub社製Electron/Atomエディタの紹介など、多種多様な領域で新しいコミュニティが形成されている様を肌で感じました。
どの登壇者も、オープンソースに対する情熱に溢れていて、技術の力で文化の壁を乗り越えていく力強い姿勢に、いちエンジニアとして非常に感銘を受けました。

弊社では、今年からGitHub上でのオープンソース活動を取り入れておりますが、この流れをさらに加速させ、様々な分野で貢献していきたいと考えています。

Related Post