Kotlin Fest 2018 協賛&主催レポート

はじめまして。Developer Relations Team の藤原(@satorufujiwara)です。

8/25(土) に東京コンファレンスセンター品川にて開催されたKotlin Fest 2018に、LINEは「ことりスポンサー」として協賛しました。 また、「日本Kotlinユーザグループ」に所属する個人として、本イベントを主催しました。
スポンサーと主催、両方の視点からイベントの様子をレポートいたします。

Kotlin Fest 2018とは

Kotlin Fest 2018はプログラミング言語「Kotlin」に関する国内初のカンファレンスです。

有志によって運営される技術コミュニティ「日本Kotlinユーザグループ」が主催しており、 カンファレンスのテーマは「Kotlinを愛でる」となっています。 このテーマには「Kotlinを愛し、そして、深く知ろう」という意味が込められています。

スポンサーとして

LINEはサービス開発言語としてKotlinを多用しており、企業として、Kotlinというプログラミング言語やその周辺のコミュニティといったエコシステムに広く貢献していきたいと考えており、本イベントにスポンサーさせて頂きました。
ますはスポンサーとして、本イベントをふりかえります。

以下はオープニングセッション内でのことりスポンサーであるLINEを紹介するスライドです。

上のスライドにあるとおり、コミュニケーションアプリ「LINE」のAndroid版は150万行あるそのコードの一部がKotlinで記述されており、ライブ配信サービス「LINE LIVE」のAndorid版などにもKotlinが導入されています。そして、新規でAndoridアプリを作る場合は積極的にKotlinを採用しています。 また、Androidアプリだけではなく、社内の複数のサービスのサーバーサイドもKotlinで開発されています。

Clovaのスキルを開発できる「Clova Extensions Kit」にもKotlin版SDKがあり、Kotlinを使ったことある開発者ならすぐにClovaのスキルを開発することができます。 (Kotlinだけではなく、JavaやSwift、Node.js、Elixirなど多くの言語でClovaのスキルを開発することが可能です。興味のある方はスキル開発者用のサイト、Clova Developer Center βをチェックしてみて下さい。)

2016年にKotlin1.0がリリースされ、Spring FrameworkがKotlinをサポートし、さらにはKotlinがAndroidの公式開発言語となって以来、多くの開発者がKotlinをサービス開発へと使い始めました。 本イベントのオープニングセッション内では、ことりスポンサーの各社におけるKotlin導入事例を紹介することになっており、LINE社内におけるKotlinの導入事例を調べたところ、LINEでもKotlinは広く使われている言語、そして多くの開発者から「愛されているプログラミング言語」であることを確認することができました。
それを表すように、本イベントにはLINEの国内拠点(東京、京都、福岡)からKotlinを業務で使っている多くのエンジニアが参加しました。


(呼びかけに間に合わず写れなかった人も。)

LINEはことりスポンサーとして本イベントの成功に微力ながらも貢献することができ、とてもありがたく思います。 今後ともLINEは積極的にKotlinコミュニティへの貢献を続けてまいります。

主催者として

さて、ここからは私個人、すなわち主催者として、この場を借りて本イベントをふりかえります。


Kotlin Fest 2018 公式アルバムより

Kotlin Fest 2018は多くの素晴らしい参加者、スピーカー、スポンサー、会場スタッフ、そして素晴らしい運営スタッフの皆さまのお陰で、素晴らしいイベントとなりました。改めて感謝したいと思います。 また、LINEの社内からも開催前には多くの期待の声、そして開催後には多くの感謝の声があり、さらには当日の朝から準備を手伝ってくれる同僚もいて、それらがとてもとても私の力になりました。ありがとうございました!


▲オープニングセッションにてKotlinへの愛を語っております

本イベントにおいて、私はカンファレンスの主催者としてのスポンサー対応の窓口、そしてスポンサー企業であるLINEの窓口という二足のわらじを履いておりました。こういったことはあまりないことかとは思いますが、立場の反する2つの視点で動くことでそれぞれの考え方が分かり、主催者としての動きがとてもスムーズに行えたのではないかなと思います。今後とも技術コミュニティの運営進めていく上でとても良い経験になりました。

技術コミュニティは多くの人が関わり成り立っています。それは生き物のようなものであり、愛情をもって育てなければなりません。
LINEにも技術コミュニティを運営しているメンバーが多数在籍しており、LINEにはそれらのメンバーをサポートするカルチャーがあります。私もそのようなサポートを受けつつ、今後とも技術コミュニティを大きく育てていきたいと考えております。
社内外を問わず、「技術に関してこういう事をやりたい!」等ありましたら、お気軽にお声がけ下さい。よろしくお願いします。






▲懇親会では多くの参加者が笑顔でKotlinへの愛を語っておりました。Kotlin Fest 2018 公式アルバムより

最後になりますが、LINEにもKotlinを愛でるポジションが多数ございます。Kotlinでのプロダクト開発に興味のある方はお気軽にご応募ください。「クライアント開発エンジニア」の多くがKotlinを愛でることができるポジションです。

LINE Corporation | 募集職種一覧

Related Post