LINE Engineering
Blog

MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #2 参加レポート

Ryuichi Yamamoto 2018.07.06

こんにちは。LINE KYOTO Clova開発室の山本です。
2018年6月15日に、ヤフー株式会社 大阪グランフロントオフィスにて開催されたMACHINE LEARNING Meetup KANSAI #2の参加レポートをお伝えします。
本勉強会は、LINE株式会社、株式会社ハカルス、株式会社はてなの3社を中心として、関西における実務にまつわる機械学習の知見を共有、議論できるコミュニティを作るべく立ち上がったものです。今回弊社からは、山本と杉 (sugyan) の二名がLT発表で登壇しました。ありがたいことに、今回も多くの方にご応募、参加いただき、大変盛況となりました。メインセッション、LTセッションを含め約3時間、非常に濃い時間を過ごしました。写真と共に、勉強会の様子が少しでも伝われば幸いです。

メインセッション

実践! 機械学習 データ解析の現場から Open and Share

山本 康生 さん (ヤフー株式会社 データ&サイエンス サイエンス本部) によるトークの様子です。

Deep learningではデータが多ければ多いほど良いとする考えもありますが、一日1TB以上のデータが蓄積するような場合には、それらをすべて活用することは容易ではありません。ヤフー山本さんの発表では、そのような大規模なデータからいかにして知見を得るか、といった問題に対して、小規模でありながら有用なデータセットを作るためのサンプリング技法のお話をしていただきました。


TensorFlowで 趣味の画像収集サーバーを作る

有山 圭二さん (有限会社シーリス) によるトークの様子です。

モチベーションがシンプルでわかりやすい発表でした。Twitterをクロールして画像を収集するところから始め、自作のアノテーションツールでデータセットを構築していったそうです。データセットの作成からモデルの学習、運用まですべてを個人でこなされている方のお話は非常に有意義でした。興味深かったのは、knowledge distillation (蒸留)を利用して、デプロイ可能なコンパクトなモデルを作成されている点でした。山本のLT発表で話したWaveNetによる音声合成の発展でも、リアルタイム合成のために提案されている技術であり、個人的に注目している技術の一つです。


運営事務局によるLT発表

LTは、運営側からの発表と、それ以外の発表も含めた二部構成でした。

WaveNetによる統計的音声合成に挑戦した話

運営側の発表では、はじめに山本がWaveNetによる統計的音声合成に挑戦した話というタイトルで発表しました。DeepMindが32 GPUを使って学習したモデルを、個人の環境(1GPU)で何とかしたというお話です。より詳しい話は、 私個人のブログにまとめていますので、興味のある方はご覧ください。



エンジニアへの運動指導における機械学習適用の可能性

菊本知美さん (株式会社ハカルス CHO(CHief Health Officer)室) の発表です。健康指導に機械学習を使えないか、という観点で、OpenPoseを使った姿勢推定に取り組まれているお話でした。



発表の後に、参加者全員でストレッチをしました。勉強会でストレッチをする機会はそうないのではないかと思います(褒め言葉です)

LT第二部

LT第二部からは、お酒を片手に参加者同士での話を楽しみながらの発表でした。

顔画像からのアイドル識別と棋譜判定の話

弊社杉(sugyan)からは、顔画像からのアイドル識別と棋譜判定の話でした。アイドル識別のための顔画像データセットは一人で収集されているとのこと、その情熱はさすがとしか言いようがありません。


広告コンテンツ制作における機械学習の活用

島袋克弥(1-10 Robotics)さんからの発表です。1-10さんにおける、画像生成を用いた広告コンテンツ製作についてのお話をしていただきました。


AWS が提供する Machine Learning Platform の Update

桶谷拓也さん (Amazon Web Services Japan K.K.) からの発表です。AWSにも数多くのサービスがありますが、Amazon SageMakerという機械学習の開発から運用までのフローを簡単にするためのサービスを紹介していただきました。MXNet、TensorFlow、Chainer がプリインストールされているようで、特に初学者には嬉しいですね。


まとめ

MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #2を開催し、参加レポートをお届けしました。弊社からは山本と杉(sugyan)がLT発表で登壇しました。今後も、関西での機械学習コミュニティを盛り上げるため、継続的に活動していきたいと考えています。第三回は、LINE KYOTO オフィスでの開催予定ですので、興味のある方はぜひともご参加ください。

#mlm_kansai

Ryuichi Yamamoto 2018.07.06

Add this entry to Hatena bookmark

リストへ戻る