Category Archives: カテゴリーなし

言語処理学会第25回年次大会(NLP2019) 協賛レポート

Developer Relationsチームの三木です。

2019年3月12日(火)〜15日(金)に開催された言語処理学会 第25回年次大会(NLP2019) にて、LINEはプラチナスポンサーを務めました。会期中は、スポンサーブース出展を行った他、LINEの開発者が対話システムに関する研究発表を行いました。本記事では、写真を中心にその模様をレポートします。

今回、LINEからはクラウドAIプラットフォームClovaの開発部門に所属する、自然言語処理・音声処理関連のエンジニアが参加しました。

Developer Relations はエンジニアにどんなキャリアの可能性をもたらすのか


LINEで働くエンジニアtokuhiromが、同じくLINEで働くエンジニアにいろいろと話を聞いていく連載「LINE Engineer Insights」。第9弾はDeveloper Relations(DevRel)チームの藤原聖(@satorufujiwara)さんに、LINEに入社した経緯や、DevRelチームの業務内容、そこでの担当業務などをインタビュー!藤原さんには、DevRelチームでの経験は「自身のエンジニアキャリアにどんな可能性をもたらすのか」なども語っていただきました。

2018年の言語モデル概要

こんにちは、ClovaチームのTungです。 Clovaは、Clova FriendsやClova Waveなどといったスマートデバイスに搭載されている私たちのAIプラットフォームです。 製品の詳細についてはこちらをご覧ください。

2018年の自然言語処理(NLP)分野において続々と発表された強力な言語モデル – ELMoULMFit 、OpenAI TransformerBERTについて振り返りたいと思います。 各モデルそれぞれの内部解説はインターネット上にあったりしますが、今回は少し異なった見方を持って来ることを試みます。全モデルのアーキテクチャーの特徴を比較しながら言語学習との関係を検証した論文について紹介して行きます。

APK Signingについて

こんにちは。LINEでAIR GOの開発を担当しているKIM SEUNGHOONです。
最近、Googleは、Android 9(Pie)で、APK Signature Scheme v3を紹介しました。
これに伴い、AIR GOも、APK Signature Schemeを検知できるようになりましたので、このブログでは、APK Signing(APK Signature Scheme)が何かとAIR GOがどのように検知するかについて紹介したいと思います。
(AIR GOについては前回の記事を読んでいただければと思います。)

Developer of the Month 2018.12 磯本悟様インタビュー

Clova Extensions Kit&Clovaスキルストアの公開に合わせてスタートした「Developer of the Month」。毎月一度LINEのAPIを使いこなして素晴らしいサービスをリリースしていただいた開発者の皆様の中から一組を新宿ミライナタワーオフィスにご招待し、インタビューと副賞の贈呈を行います。

第5回「Developer of the Month」は、行列ができる店舗で自分の番が来たら教えてくれるLINE Bot「順番待ち」を開発した磯本悟様です。「順番待ち」はLINE BOOT AWARDS 2018では惜しくも受賞はならなかったものの、応募1125件中12組のファイナリストに選出。さらに「順番待ち」をトラックの呼び出しに応用させた「TruckCALL™」も開発され、Clovaとの連携も考えているといいます。インタビューでは、LINEのAPIを利用したサービスの創出手法とマーケティングについてもお聞きします。

磯本悟氏

Test Automation Workshop 2018 Tokyo

こんにちは。LINE Plus Platform Engineering, Software Engineer in Test(SET) チームのMoses Kimです。
2018年10月18日から19日まで、LINEの新宿ミライナタワーオフィスでTest Automation Workshop 2018を開催しました。LINEグループ内のテスト自動化を担当するメンバーが集まり、さまざまな事例やアイディアを共有するこのイベントについて簡単にお伝えします。

FIDO at LINE: パスワードのいらない世界に向けて

本日、LINEの認証サーバであるLINE Authentication Serverが、サービス提供会社として世界初のFIDO Universal Server1認証を取得できたことを報告できた事を嬉しく思っています。
LINEは近い将来、FIDO認証を通じてログイン、認証などを生体情報(顔、指紋など)やYubikey、Google Titan keyのような外部認証装置を通じて容易に手早く行うことができるように、研究開発を進めています。FIDOの導入によって認証手段を限定することなく、パスワードやPINなどの認証情報をサービスと共有する認証方式の代わりに公開鍵暗号化方式を活用して、非常に強力な認証をサービスを利用する皆様に提供することができます。

LINE Thingsで自己紹介!? E inkを使ったLINE Thingsの活用事例

こんにちは。LINE Thingsの開発を行っている伊藤(@cpulabs)です。 今回はLINE Thingsで使用できるデモデバイスに関して、詳しい利用方法と何が出来るかについて説明します。
以前、LINE Advent Calendar 2018にてLINE Thingsに対応した2つのデバイスを簡単に紹介しました。(記事:https://engineering.linecorp.com/ja/blog/line-things-prototype/)
今回これから紹介するのはこのうちLINE Things E-cardデバイス (Bluetooth LE電子ペーパーディスプレイ) に関してです。