Category Archives: カテゴリーなし

【登壇・協賛情報】CROSS Party 2019

2019年10月4日(土)に開催される「CROSS Party 2019」にて、LINEはシルバースポンサーを務めます。

CROSS Party 2019は「興味の外側に会いに行く」をコンセプトとして、宇宙関係ビジネス、データ関連、技術的負債、 エンジニアの働き方、IT企業ではない企業でのエンジニアの働き方などテーマを元に、日本におけるトップエンジニアや有識者の方々がパネルディスカッションを行うイベントです。

KDD 2019 参加レポート

Data Science Team / B2B Data Engineering TeamのBukawa, Tanigawa, Yoshinagaです。
LINEでは、最新の知見を業務に取り入れるべく論文の紹介や研究会への参加などを積極的に行なっています。
その一貫として、LINEの社員が技術に関連する海外カンファレンスに会社負担で参加できる制度があります。
その制度を利用して2019年8月4日〜8日に開催された国際会議KDD 2019に聴講参加してきた内容について報告します。

GitHub Contributions グラフを緑豊かにしてみましょう(feat. Armeria Sprint)

こんにちは。この記事を読んでいる方の中に、GitHub contribution graphが日照り状態の方はいませんか。この記事では、その日照りの解消につながるArmeria Sprintイベントとその感想を紹介します。

今回のイベントは、LINEで働く開発者から参加者を募集しました。メンターとメンティーの割合を考慮し、先着順10名とお知らせしました。募集を開始するとすぐに定員に達し、さらに10名がキャンセル待ちになるなど想定以上の反響があり非常に驚きました。参加申し込みから分かるように、みんな熱意に溢れる方でした。イベントは2日間にわたって開かれました。初日は歓迎セッションが2時間、2日目はスプリントが4時間行われました。

LINE API Expert 新メンバー をお知らせします

LINE API Expertは、LINEが開発者向けに提供する各種APIなどへの深い理解と高い技術力を持ち、開発者コミュニティに影響力を持つエンジニアの方々を認定し、様々な特典を提供すると共に、その活動を支援するプログラムです。
審査基準は、コミュニティへの影響力、記事執筆やプレゼンテーション能力、関連ソフトウェア開発における技術力、将来の技術パートナーとしてのポテンシャルなどの観点で、総合的に判断しています。
今回も多数の応募者の中から認定した新たなメンバーをご紹介します。

【登壇・協賛情報】SeleniumConf Tokyo 2019

2019年4月18日(木)・19日(金)の2日間にわたって開催される、SeleniumConf Tokyo 2019にて、LINEはプラチナスポンサーを務めます。当日は、4月18日のTrac 2 14:25からのセッションにて、LINE Fukuoka 所属の大園博昭 が「LINEのサービスを支えるSelenium/Appium」というタイトルで登壇いたします。

【インターンレポート】LINE LIVEの新機能開発や負荷対策を行いました

はじめにこんにちは、京都大学2年の岸直輝です。この度、LINEの冬インターンシップのエンジニア就業コースに2/18~3/15の一ヶ月間参加させていただきました!今回のインターンでは、サーバーサイドエンジニアとしてチームに加わり、通常の業務と同じタスクに取り組むことができました。ここでは、その内容について紹介したいと思います。取り組んだテーマについて私はLINE LIVEというライブ配信サービスのサーバーサイドのチームに配属され、「LIVE Q」という新機能のAPI開発や負荷対策の設計・実装・検証を行いました。

【インターンレポート】データ可視化プラットフォーム「OASIS」のフロントエンドの改善

 

LINEの冬インターンで、Data Labsという組織に参加させていただいた坂口達彦と申します。
普段は HCI 分野で研究をしている大学院1年です。
インターンでは、Data Labs で開発しているデータ可視化プラットフォームである OASIS のフロントエンドの改善を行いました。
その成果についてご紹介できればと思います。

言語処理学会第25回年次大会(NLP2019) 協賛レポート

Developer Relationsチームの三木です。

2019年3月12日(火)〜15日(金)に開催された言語処理学会 第25回年次大会(NLP2019) にて、LINEはプラチナスポンサーを務めました。会期中は、スポンサーブース出展を行った他、LINEの開発者が対話システムに関する研究発表を行いました。本記事では、写真を中心にその模様をレポートします。

今回、LINEからはクラウドAIプラットフォームClovaの開発部門に所属する、自然言語処理・音声処理関連のエンジニアが参加しました。