Event

try! Swift 登壇レポート

try! Swift に参加して

こんにちは、LINEでiOSエンジニアを担当しているInami (@inamiy) です。

先日、2016年3月2日〜4日の3日間にかけて、「try! Swift」というSwiftカンファレンスが東京・渋谷で開催されました。 弊社もゴールドスポンサーとして協賛した同イベントですが、総勢500人を超える参加者のうち実に3割近くの方々が海外からの参加で、女性講演者の比率も高く、 これまでのSwift/iOS勉強会ではなかなか見られなかったようなとても国際色豊かで華やかなイベントとなりました。 私は今回、スピーカーとして登壇する貴重な機会をいただき「パーサーコンビネーター in Swift」という関数型言語のテーマについて話しました。
スライド
GitHub
雰囲気
動画

LINE Developer Week 2015

LINE台湾支社でAPI開発とアプリケーション分析を担当しているAugustin Wangと申します。今回は、2015年11月に開かれたLINE Developer Weekについて、レポートしたいと思います。

韓国に到着

いよいよ待ちに待ったLINE Developer Weekの初日です!仁川国際空港からバスで1時間ほど移動して、書峴(ソヒョン)駅にあるLINEの韓国オフィスに到着しました。オフィスには、かわいいLINE FRIENDSのキャラクターと各種グッズが飾られていました。

ここでは、日本と中国から来たたくさんの仲間と出会うことができました。英語・日本語・中国語・韓国語が混ざった会話になっていましたが、LINEのエンジニア同士では言葉の壁を感じることはありませんでした。

LINE DEVELOPER DAY 2015 Tokyo 動画と資料を公開

こんにちは、カンファレンス担当の櫛井です。

LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo 開催のお知らせ « LINE Engineers’ Blogにてお知らせしておりました、LINE DEVELOPER DAY_2015 を開催いたしました。

イベント当日は応募者多数のため抽選となりましたが、沢山のエンジニアの皆さまにご来場いただき盛況となりました。ありがとうございました!

細かな部分を含めイベント全体の企画や運営を担当しました。「社外のエンジニアの皆さんにLINEを深く知っていただきたい」という主旨で企画をおこない、イベント準備等なかなか苦労した点もありましたが、ご参加いただいた皆さんに大変好評だったり、当日はTwitterのトレンド入りをしたりと評判が大変よかったので次回も是非開催できればと考えています。

イベントレポート等、また別の機会に行いたいと思いますが、まずは動画と資料を公開いたしますので是非ご覧いただければと思います。

LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo 開催のお知らせ

こんにちは、今回のカンファレンスを担当している櫛井です。

LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo では、弊社エンジニアチームの様々な経験を未解決の課題も含めて共有させていただきますので、ご来場のエンジニアの皆さまと共に知見を深めることができれ ば幸いです。皆さまのご来場を心からお待ちしております。
LINE DEVELOPER DAY_2015 公式サイト

LINE DEVELOPER DAY 2015

「MongoDB Tokyo 2012」で話しました

度々の登場で恐縮です。大平です。

先日、ご縁がありまして掲題のイベントで発表をさせていただきました。
http://www.10gen.com/events/mongo-tokyo-2012

http://blog.10gen.com/post/16370064130/recap-mongodb-tokyo-2012

この記事では、発表させていただいた資料の公開と、参加しての簡単な感想を書かせていただきます。

「要求工学入門」 – ソフトウェア品質シンポジウム2011(SQiP2011)チュートリアル参加レポート

こんにちは。QAチームの尾尻です。

先日、日本科学技術連盟主催のソフトウェア品質シンポジウム2011(SQiP2011)に参加してきました。私が受講したのは、要求工学に関するチュートリアルでした。今回はチュートリアル内容を中心に要求工学に関して簡単にまとめたいと思います

要求工学入門:要求工学知識体系と要求獲得プロセス
中谷 多哉子 氏(筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 准教授)
http://www.juse.or.jp/software/327/#t_005

時間の関係で半日チュートリアルしか参加できませんでしたが、実践的な内容でとても参考になりました。 今回はそのチュートリアルの内容を中心に、要求工学に関して以下3項目にまとめたいと思います。

「第6回 MongoDB 勉強会 in Tokyo」で話しました

どうもこんにちは。検索サービス開発室にて非イケメン枠を担当している大平です。
twitterでは「@just_do_neet」と名乗っていますが、実際はさだまさしと自転車が好きな、ごく普通のサラリーマンエンジニアです。

さて、先日開催されました「第6回 MongoDB 勉強会 in Tokyo」にて、機会をいただき僭越ながら発表をさせていただきました。

7月末にリリースした「NAVER Photo Album」という写真共有アプリにてMongoDBを用いたという事もあり、テクニカルな方面に深掘りした内容よりも実践的なTipsの方が良いかなと思い、事例紹介という文脈で発表をさせていただきました。