Event

スピーカーインタビュー動画を公開しました – LINE DEVELOPER DAY 2020

Developer Successチームの三木です。

「LINE DEVELOPER DAY」は、LINEが運営する様々なサービスの技術領域でのチャレンジや取り組みなどをご紹介するエンジニア向け技術カンファレンスです。本年度は11月25-27日の3日間に渡ってオンラインで開催いたします。

「LINE DEVELOPER DAY 2020」公式Webサイト

本カンファレンスは、以下のように技術領域ごとに特化したトラックに分かれて、150超のセッションを3日間に渡り配信します。

  • Day1 : AI/Data, Server Side LINE Platform, Security, Infrastructure, Corporate IT, Others
  • Day2 : AI/Data, Server Side Application, Client, Frontend, Test/QA, Others
  • Day3 : AI/Data, Fintech, Blockchain, Developer Product, OSS, Product Management, Team & Process, Design, Others

この度、カンファレンスの内容を断片的にお伝えするため、スピーカーへの事前インタビュー動画を公開しました。全てのセッションはご紹介できないため、AI/Data、Server Side LINE Platform、Security、Infrastructure、Server Side Application、Client、Frontend、Developer Productの8つの領域から1つずつピックアップし、スピーカー自身に担当セッションの概要や、「LINE DEVELOPER DAY 2020」の見所について話してもらいました。

ゲストを含むパネルディスカッションの紹介 – LINE DEVELOPER DAY 2020

こんにちは、Developer Successチームの桃木です。

11月25-27日の3日間、オンライン開催の「LINE DEVELOPER DAY 2020」では、全156のセッションのうち、26のセッションがテーマを設けて複数人でお話するパネルディスカッション形式で行われます。

この記事では、ゲストを交えたパネルディスカッション形式で実施される10のセッションについて、セッション概要と登壇者のプロフィールをまとめて紹介します。

ゲスト登壇者のセッションの紹介 – LINE DEVELOPER DAY 2020

こんにちは、Developer Successチームの桃木です。

11月25-27日の3日間に渡ってオンラインで開催予定の「LINE DEVELOPER DAY 2020」のセッション一覧をアップデートし、全てのセッション情報を公開しました。

この記事では、「LINE DEVELOPER DAY 2020」で行われるゲストによる講演形式の全20セッションについて、概要と登壇者のプロフィールをまとめます。

「LINE DEVELOPER DAY 2020」開催のお知らせ

こんにちは、Developer Successチームの桃木です。

2015年から毎年開催しているLINEの技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY」、今年は11月25日(水)・26日(木)・27日(金)の3日間に渡り、オンライン開催します。
10月8日に「LINE DEVELOPER DAY 2020」公式Webサイトをオープンし、セッション情報(一部を除く)やイベント概要を公開、参加登録の受付を開始しました。ぜひ、公式Webサイトで詳細を確認いただき、ご登録&ご参加をお願いします!

「LINE DEVELOPER DAY 2020」公式Webサイト: https://linedevday.linecorp.com/2020/ja/

UIT Meetup vol.10「Vue 三昧」を開催しました

9 月 18 日、フロントエンドコミュニティ UIT の 10 回目となるミートアップ「Vue 三昧」を開催しました。

今回の UIT meetup のテーマでもある Vue.js は、メジャーアップデートとなる Vue 3 のリリースに向けておよそ 2 年間開発が続けられていました。そんなフロントエンドエンジニア注目の Vue 3 期待の新機能について、Vue.js コアチームメンバーでもある kazupon さんをお呼びして、文字通り Vue 三昧の内容をお送りしました。

2020LINE KYOTOで開催したサマーインターン、ハッカソンプログラムの様子をご紹介

去年に引き続きLINE KYOTOにて、サマーインターンシップを開催しましたので、その様子をご紹介いたします。今年は去年の2倍の期間となる2週間のハッカソンコースで、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点からオンラインでの開催となりました。
今回のインターンシップでは「LINEで実際に使われている技術を体験し、チーム開発を通じて、今後に繋がる学びを得ていただく」を目的に課題に取り組む形式で行いました。

LINE Fukuoka開発室エンジニアによるリモートハッカソンを実施しました

LINE Fukuoka開発室では、2週間に渡って80人のエンジニアがリモートでアイディアソンとハッカソンを実施しました。その開催の準備から発表された成果物をご紹介します。

LINE Fukuokaでは去年は実施できなかったですが、基本的に毎年ハッカソンを開催しています。今年も開催を予定していたのですが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のためオフィスにみんなが集まることは難しく、リモートで開催することになりました。

UIT meetup vol.9 「The new normal frontend」を開催しました

フロントエンドコミュニティ UIT のミートアップ 9 回目は「The new normal frontend」というテーマで 6 月 17 日に開催しました。

オンラインで開催する UIT meetup はこれで 2 回目になります。昨今の状況で皆さんの中にも、働き方や生活様式が大きく変わった人も多いんじゃないでしょうか。そんな中、UIT meetup vol.9 ではこの状況下で新しいプロジェクトを完成させた Changhee Kim さん、リモートワークが当たり前な会社で働くための基盤を構築した Lena Morita をゲストにお呼びしてお話していただきました!

GWを利用した自由研究発表会を開催しました

こんにちは!LINEのDeveloper Relations活動としてCulture Evangelistをしている櫛井です。
GW皆さんいかがお過ごしでしたか?今回は、GWの時間を利用して、業務とは関係ない自由研究をしてもらい、発表会を開催してみたら盛り上がったという話をお届けします。

私は普段、社内外のエンジニアと接する機会が多いのですが「何かを作る」ということに情熱を持った人がエンジニアには多いなと感じてます。今年のGWは出かけることもままならないし、わりとおうち時間を持て余している人も多いかも?というのと、エンジニアの雑談チャンネルで見かけた「ここでGWの自由研究を宣言する事によって、やる気を出すハック」という言葉で”業務と関係ない自由研究発表会”を開催しました。

ICASSP2020のOpen Previewが始まりました

LINE Data Labs、Speechチームの戸上です。


IEEE Signal Processing Society主催のICASSP2020 (International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) は、音声・音響信号処理分野におけるトップカンファレンスです。

本年度は、5月4日〜8日にかけてスペイン・バルセロナで開催予定でしたが、COVID-19の世界的な感染拡大の影響から、バーチャルカンファレンスに変更となりました。口頭発表・ポスター発表ともに、プレゼンテーションは発表者が事前に動画を収録、当日はQ&Aセッションを行う形式で進行します。4月9日より、学会開催に先駆けて、各論文が事前に閲覧可能です。


以下、LINEの研究者(太字)が発表を予定している、11本の論文情報をまとめております。ぜひリンク先から各論文をご参照ください。