Engineering

新卒NLPエンジニアが取り組んだ音声合成システムにおける句境界予測モデルの導入

はじめに

こんにちは、2020年4月に新卒としてLINE株式会社に入社した二又 航介です。テキスト音声合成システムの研究開発を担当するAI開発室 Voiceチームに所属し、音声合成システムにおけるテキスト処理部の研究開発やチームの機械学習基盤構築に取り組んでいます。

学生時代は機械翻訳や同時通訳に関連する研究に取り組んでいました。研究以外の活動としては、アルバイト・インターンでの対話システムや機械翻訳システムの研究開発、個人活動としてwebアプリケーション開発などを行っていました。このような活動を通じて、数多くのユーザーに利用される自然言語処理技術を活かしたサービスに携わりたいという思いからLINEを志望しました。学生時代は専ら自然言語処理に関連する研究に取り組んでいましたが、音声合成に興味を持ち始め、かつ音声合成システムの研究開発において自然言語処理の知見が活きるタスクが多くあるため、これらに取り組む形でVoiceチームに配属しました。

全体研修や集中開発研修を経て、去年8月にAI開発室 Voiceチームに配属となりました。エンジニアとして入社した同期が、配属部門での開発業務についての紹介記事を同ブログに投稿する中、研究開発業務に関する記事は上がっていなかったので、LINEの研究開発業務における雰囲気を掴んで頂きたくこの記事を執筆しました。この記事では、自然言語処理エンジニアとして入社し、AI 開発室 Voiceチームで過去半年間取り組んだ業務内容について紹介します。

Bootstrap5がリリースされました!

はじめに

こんにちは。フロントエンド開発センター(UIT) 岡崎です。

LINEはBootstrapを応援しており、2021年5月からはSponsorも行っています。また、OSS貢献の一環としてBootstrap日本語リファレンスの翻訳・運営も担当しています。

Bootstrap4正式公開から3年4ヶ月、2021年5月5日に待望のBootstrap5正式版がリリースされました!

今回はバージョン4からの変更点をチェック、公式Blog記事(英語)を日本語に翻訳して紹介していきます。

【インターンレポート】ドメイン適応と相互情報量最小化に基づくクロスリンガル音声合成の研究

みなさんこんにちは。私は2020年7月から10月まで行われたLINEのサマーインターンシップでLINE Speech Teamに参加した辛 徳泰 (シン トクタイ, Detai Xin) といいます。このインターンシップで私はクロスリンガル音声合成のためのdisentangledな話者・言語表現を獲得する方法をテーマにして、研究成果をトップカンファレンスに論文投稿することを目標に研究開発を行ってきました。私はその3か月間で開発・実験・論文執筆を行い、そこでの成果をまとめた論文[1]は音声処理のトップカンファレンスであるICASSP2021(IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing)に採択されました。

このブログでは、今回行った我々の研究について簡単に紹介したいと思います。

【インターンレポート】 独立低ランク行列分析を用いた音源分離・残響除去

LINE株式会社の 2020 年度夏季インターンシップに参加しました中嶋 大志と申します。普段は東京都立大学大学院で音源分離に関する研究をしています。
今回のインターンシップでは LINEのData Labs の Speech チームに所属し、 Robin Scheibler さんにメンターになっていただきました。

【インターンレポート】多次元データに対する差分プライベートなデータ探索

2020年夏のインターンシップに参加した加藤郁之です.今回のインターンシップでは,多次元データに対する差分プライベートなデータ探索の実現に関する研究を行いました.また,インターンシップ終了後も,アルバイトとして半年間研究に携わりました.

本研究に関する論文は,2021年3月に開催される 第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021) で発表予定です.

TypeScriptの導入にあたって考慮すべきメリットとコスト

皆さんこんにちは。京都開発室のLinです。仕事と個人的なプロジェクトでTypeScriptによる開発を始めて約2年が経ちましたので、TypeScript導入時の経験を皆さんにお話ししたいと思います。

Bootstrap5 alpha1 vs beta1

みなさん、こんにちは。
UIT室DEV8チームで、フロントエンド開発を担当しているイジュヨンと申します。

LINE では Bootstrap4 をベースとした管理画面向けの koromo と Bootstrap5 をベースとした社内プロダクト向けの UIT Toolkit “Astro” を開発しています。

今回は alpha1 と beta1(alpha2, alpha3含め) の差についてざっくり紹介します。

UIT Front-end Tooling Survey 2020

こんにちは。フロントエンド開発センター(UIT) 岡崎です。

UITでは毎年、フロントエンド周辺のツールに関する社内向けアンケート『UIT Front-end Tooling Survey』を行っています。Ashley Nolanさんが実施しているFront-end Tooling Surveyをベースにアレンジしたものです。2018年から実施して今回で3回目、2020年の結果を2019年と比較する形で紹介します。

LINEの新卒採用試験ズバリ問題解説~アルゴリズム問題編~

LINEのAI技術「LINE CLOVA」の開発を担当している橋本です。

2014年からLINEの新卒採用のコーディングテストの監修をしています。新卒採用イベントで、「どういった点を評価していますか?」や「なにをすれば合格できますか?」といった質問がよくあります。一言でこの質問に答えることは難しいのですが、この記事を読んでどんなコードがよいコードだと考えているかわかってもらえたらなぁとおもいます。ということで、今回はコーディングテストのアルゴリズム問題について解説をしていきたいと思います。

新卒エンジニアの仕事〜2020年入社のデータサイエンティスト編〜

こんにちは、2020年春に新卒としてLINE株式会社に入社した小坪琢人です。主にLINE Pay、LINEウォレット関連のデータ分析を行うチームに所属しています。

学生時代は時系列データ (株価や気温変化など)に関する解析手法について研究を行っていました。研究以外では企業・学会が主催するコンペティションやR言語の勉強会に参加していました。このような活動を通じて、データサイエンティストという職業に興味を持ちました。学部時代に就職活動をしていたときは、そもそもデータサイエンティストという職業すら知らなかったので、その点でも大学院に行く価値があったと思います。

就職活動はデータ分析チームがある事業会社かつR言語が使用できるという軸で行いました。LINEのデータサイエンスチームはRやpythonの得意な方、あるいは両方を業務に合わせて使用することができます。LINEには「OASIS」というデータ分析ツールがあり、SQLでデータを抽出→ Rやpythonで集計・分析という一般的なフローを誰でも簡単に行うことができます。

全体研修・エンジニア研修を終えて、興味を持っていた LINE Payに関する分析チームに配属しました。
この記事では、6月末にチームに配属されてからの自分の取り組みやデータサイエンティストの仕事についてお話ししていきたいと思います。