tarunon

LINE Creators Studioに広がる美しい型の世界(前篇)

こんにちは、tarunonです。 この半年間はLINE Creators StudioのiOS appを担当していました。一番最初のコードベースを作るところから担当でき、そして前回のLINE Engineering Blogでの知見もあったので、「コンパイラが証明できる世界」というものを目標に開発に取り組むことができました。 中でも、特に上手く行って他のプロジェクトにおいても同様に有用であろうものを2つ、紹介致します。前篇はInterface Builderについてtarunonが、 後篇はAPI Clientについて@ukitakaがお話します。

LINE Creators Studioで使っているInterface Builderの環境と同様(少し進歩しています)のものは、こちらに切り出していて、すぐにPlaygroundで遊べるようになっています。→ Instantiate

もしかしたらスター点けてくれてる方もいらっしゃるかも? Instantiate自体はLINE BLOGの頃からちょこちょこ書いていて、LINE Creators Studioの開発中も並行して書き進めていました。 コードを見たほうが楽しい方はぜひ上記リポジトリもご参照下さい。
LINE Creators StudioのView/ViewControllerは以下のコードでインスタンス化することが出来ます。これは全てのView/ViewControllerで共通しています。(※Instantiateとは若干の差異があります。)

LINE BLOGアプリ開発で contenteditable と戦った話

こんにちは、LINE Fukuoka の tarunon です。LINE BLOG iOSのリリースまで、クライアントとエディタの開発を担当していました。昨年11月に、LINE BLOG は一般開放と、iOS/Androidクライアントの公開を行いました。ほぼ1年がかりの開発だったのですが、クライアント側で最も大変だったのがエディタの開発でした。この記事では LINE BLOG のエディタの根幹を支えている Workaround について解説します。普段は Swift を書いていて、ほぼその話しかしていないのですが、今回は HTML と JavaScript の話になります。