Ii Sotaro

LINE BOT AWARDSを担当しているIiです.

LINE BOT AWARDS API協賛企業のご紹介

今回の記事では、ただ今絶賛エントリー募集中の[LINE BOT AWARDS][1]に、API協賛企業として参加いただいている各企業の協賛内容をご紹介します。

中には日本マイクロソフト社のMicrosoft Azureなど、本来有償のものをLINE BOT AWARDSにエントリーいただいている方に特別に無償提供しているものもあります。
是非この機会にエントリーください。様々なAPIを上手く活用した、斬新なbotが数多く生まれることを期待しています!

各社のAPI協賛の内容(順不同)

hachidori株式会社

同社のプログラミングレスチャットbot作成プラットフォーム「[hachidori][2]」を無償でご利用いただけます。お手続きは以下の通りです。

  1. アカウントを作成します。
  2. botの作成をクリックし、LINEを選択します。
  3. その中で、ディレクションに沿って必要情報を入れていただくと、サーバーレスで、botの作成が完了します。

日本マイクロソフト株式会社

Microsoft Azureを無償でご利用いただけます。
ご利用の詳細な手順は下記をご参照ください。

【コード認証】

  1. Azure Passのアカウントを作成します。
  2. 居住国とLINE BOT AWARDS事務局から発行されたPromo Codeを入力し、Submitをクリックします。
  3. Sign Inをクリックし、マイクロソフトアカウント(個人用でも法人用でも使用可能)に入ります(マイクロソフトアカウントをお持ちでない場合は、新規作成をクリックしてアカウントを作成してからご利用ください)。
  4. 確認ページに飛びますので、記載事項に間違いがないことを確認し、Submitをクリックしてください。
  5. Azure上で提供しているサービス内容を確認後、Activateをクリックします。

【Azure Pass利用開始方法】

  1. Azure Pass Activateのための必要事項を記入し、利用規約を確認の上Sign Upをクリックします(数分かかることがありますので、そのまましばらくお待ちください)。
  2. Sigh Upが完了しましたら、利用開始になります。

【諸注意】

  • 先着30名までとなります。
  • 2017年2月4日までにActivateしてください(それ以降は無効となります)。
  • 100ドル/月までを無料でご利用いただけます(超過分は料金が発生致します)。

LINE Beacon [LINE DEVELOPER DAY 2016 Edition]の仕様

こんにちは、LINE Beacon関連の担当をしているsotaroです。

LINE DEVELOPER DAY 2016 では、イベント限定として LINE Beaconを作成し来場者の皆様にお渡ししました。今回はそのLINE Beacon [LINE DEVELOPER DAY 2016 Edition]および付属品について少し説明をさせていただきます。なお、こちらに記載されている内容は2016年10月現在のものです。