Write the Docs Prague 2018 Recap

こんにちは。Clova技術ドキュメントの作成・管理を担当しているTechnical WritingチームのJeongil Kangです。

私がテクニカルライティング(Technical writing)分野に携わってから、もう10年くらいになります。しかし、この記事をお読みの方の中には、テクニカルライティングという言葉を初めて聞くか、聞いたことがあっても果たしてどのような仕事なのかピンとこない、という方も多くいらっしゃるかも知れません。

韓国でも、大学にテクニカルライティング関連学科がないからか、この分野に携わる方はなかなか見当たらないのが現状です。特に韓国ではソフトウェア産業の特性から、設計ドキュメント、APIレファレンスといった技術ドキュメントを扱うテクニカルライターに出会うというのはなかなか難しいことです。

こうした厳しい環境においてテクニカルライターの多くは、業界の最新ニュースや仕事に関わる知識、戦略を手に入れるためにネット検索かチームメンバー同士の情報・経験の共有に頼っています。

ところが今回のWrite the Docsカンファレンス参加で、普段抱えていたそうしたニーズもだいぶ満たされたような気がします。今日はそこで見聞きしたことをブログ記事で皆さんに共有したいと思います。「Learning to love release notes」セッションはリリースノートの書き方について語られていたもので、テクニカルライターのみならず開発者にも有効な内容となっています。