Hiroyuki Ito

LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)です。「SETタスクフォース」(以下「SETチーム」と表記)のリーダーとして、主にLINEプラットフォームのサーバーサイドで、テスト自動化を活用したプロダクト開発ライフサイクルの改善を立案・実施・主導しています。また、アジャイルコーチも兼務しています。

Tech Demo Day:リモートワークを逆手にとった情報・成果の共有と協業の推進

はじめに

こんにちは。LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)の伊藤 宏幸(Hiroyuki Ito)です。

  • 「隣のチームが何をやっているのか(全く)分からない」
  • 「このチームがなぜその施策を進めようとしているのか分からない」
  • 「あの組織が、開発・運用しているツール・サービスの技術スタックやアーキテクチャを共有してくれず、参考にしたくてもできない」

皆さんのチーム・組織・会社では、このような「不満」は出ていませんか?

DevOps Days Taipei 2019登壇レポート

こんにちは。LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)の伊藤 宏幸(Hiroyuki Ito)です。

この度、台湾で開催されたDevOps Days Taipei 2019に、チームメイトの高橋 勲(Isao Takahashi)と共に登壇する機会をいただきました。

この記事では、同イベントについてレポートいたします。

仕事をよりクリエイティブにするための「Learning Session」ノススメ

こんにちは。LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)の伊藤 宏幸(Hiroyuki Ito)です。

皆さんのチームでは、タスクの引き継ぎに際して、どのような準備をされていますか?
また、onboarding(新しいメンバーをチームに慣れさせ、成果を出せるよう導くこと)で、どのような工夫をされていますか?
さらに、チーム・メンバーの成長のために、どのような仕組みを取り入れていますか?

私たちSETチームでは、「Learning Session」という仕組みを導入し、上記の課題に対して一定の成果を出し始めています。この記事では、私たちのチームで実施しているLearning Sessionについてレポートいたします。


Agile2018にてChrisさんと

Chrisさんの会社では、以下のように勉強会を実施しています。

テスト自動化の理論と技術と戦略:LINE Developer Meetup Tokyo #39 – Testing & Engineering

はじめに

こんにちは。LINE株式会社のSET(Software Engineer in Test)の伊藤 宏幸(Hiroyuki Ito)です。

2018年6月27日(水)に、電気通信大学の西 康晴さん(以下「にしさん」と表記)をお招きして、「Testing & Engineering」をテーマに「LINE Developer Meetup Tokyo」を開催しました。

この記事では、イベント企画者 兼 登壇者の立場から、同イベントについてレポートいたします。

Agile2017参加レポート

はじめに

こんにちは。LINEのSET(Software Engineer in Test)のItoです。

世界最大のアジャイルのカンファレンス「Agile2017」に参加してきました。 今年は8月7日から11日にかけて、アメリカのフロリダ州オーランドで開催されました。

この記事では、LINEでのSETの仕事と関連付けて、以下の観点からこのカンファレンスをご紹介します。

  1. テスト自動化の進め方と注意点
  2. メトリクスによるプロセス改善シミュレーション
  3. 著名な企業の現場事例

SlideShareにも参加レポート資料を公開していますので、よろしければこちらもご覧ください。