ha1f

LINE Fukuokaで、普段はiOSアプリを開発しています。

LINE Developer Meetup #38【京都】 参加レポート

こんにちは。LINE FukuokaでiOSエンジニアをしているはるふです。

去る6月22日(金)、新しくオープンしましたLINE KYOTOにてLINE Developer Meetup #38を開催しました。
テーマは「ニッチ言語」ということで、Swift(Server-side), Elixir, Clojureという3つの言語について、実際に使っている方々からの、紹介を兼ねてのセッションでした。
自分も参加してきましたので、そのレポートをお届けします。

ブラウザでアニメーションスタンプ画像を深く読み込む

こんにちは、LINE Fukuokaのha1fです。この記事はLINE Advent Calendar 2017の8日目の記事です。

現在はiOSアプリの開発を担当していますが、入社前に内定者アルバイトとして社内ツールの作成を担当していました。その時の業務の1つ、アニメーションスタンプチェッカーの作成について書きます。

APNGとは

apng

APNG(Animated Portable Network Graphics)はアニメーション用の連番画像の形式で、LINEのアニメーションスタンプでも利用しています。

GIFと比べると、フルカラーを使えたり、アルファチャンネルを持てたり、圧縮率が高かったりという利点があります。

APNGはPNGと互換性があり、APNG非対応の環境でも、通常の静止画として表示されます。ツールを使って、連番のPNG画像などから作成できます。

LINE Developer Meetup in Fukuoka #18 参加レポート


LINE FukuokaでLINE Creators StudioのiOS開発を担当しているha1fです。 7/19に福岡オフィスで行いました LINE Developer Meetup in Fukuoka #18 の参加レポートをお送りします。

LINE Creators Studio Android with Kotlin / Dave

入社二年目で、現在はLINE Creators StudioのAndroid開発を担当しているDaveさんのセッションです。 Creators StudioのAndroid版の開発では、Kotlin, Anko, RxBindingといったモダンな言語・フレームワークを利用しています。これらのメリット、採用した理由について、実際のコードを交えながらお話されていました。