【インターンレポート】ドメイン適応と相互情報量最小化に基づくクロスリンガル音声合成の研究

みなさんこんにちは。私は2020年7月から10月まで行われたLINEのサマーインターンシップでLINE Speech Teamに参加した辛 徳泰 (シン トクタイ, Detai Xin) といいます。このインターンシップで私はクロスリンガル音声合成のためのdisentangledな話者・言語表現を獲得する方法をテーマにして、研究成果をトップカンファレンスに論文投稿することを目標に研究開発を行ってきました。私はその3か月間で開発・実験・論文執筆を行い、そこでの成果をまとめた論文[1]は音声処理のトップカンファレンスであるICASSP2021(IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing)に採択されました。

このブログでは、今回行った我々の研究について簡単に紹介したいと思います。