LINE Engineering
Blog

  • 【登壇情報】NLP若手の会 (YANS) 第12回シンポジウム
    LINE Engineering Blog 2017.07.18

    LINE株式会社ではエンジニアのため、様々な活動を支援しております。そのうちの1つをご紹介させていただきます。
    NLP若手の会 (YANS) は、自然言語処理および関連分野の若手研究者・若手技術者の交流を促進し、若手のアクティビティを高めることを目指したコミュニティです。LINE はプラチナスポンサーとして協賛いたします。

    ▼公式サイト NLP 若手の会

    NLP YANS

    もっと見る

  • HBase アプリケーションローカルテスティング
    Zhao Yu 2017.07.14

    こんにちは、LINEでGame Platformを開発している 趙 です。LINEではHBaseを様々な場面で活用しており、今回はGame Platformでの利用例を紹介させていただきます。

    LINE Game PlatformはHBaseをメインストレージとして利用します。私達が新規の機能開発時にHBaseを利用する場合、ローカル開発環境におけるユニットテストなどのアプリケーションテストは専用のリモートクラスターで実行されるHBaseに接続していました。リモートクラスターはHadoopアドミニストレータが構築、管理してくれます。チームメンバーとHBaseを使ったアプリケーションの数が増えるにしたがい、このテスト方式は以下に示す問題があり、不便に感じていました。

    HBase

    もっと見る

  • 【協賛・登壇情報】CEDEC 2017
    LINE Engineering Blog 2017.07.13

    2017年8月30日(水)〜9月1日(金)にパシフィコ横浜で開催される CEDEC 2017 にてLINEのエンジニアが登壇いたします。また、 LINEはPRプログラムスポンサーとして協賛しております。

    公式サイト CEDEC 2017 | Computer Entertainment Developers Conference

    協賛情報 登壇情報 CEDEC Security

    もっと見る

  • WWDC17 参加レポート
    Lee Taejeong, Hur Hyuk 2017.07.12

    Lee Taejeong:LINEのiOS開発者です。ブラウンが大好きです。/Hur Hyuk:LINE iOSアプリ開発を担当しています。幸運なことにWWDCには3回連続で参加することができました。

    はじめに

    こんにちは。LINEのiOS開発者のLee TaejeongとHur Hyukです。LINEでは、開発者がカンファレンスなどに参加して技術的な刺激が受けられるよう、参加チケット代、渡航費、ホテル代など諸費用を会社側よりサポートしてもらうことができます。今回の記事では、今年6月5日から同9日にかけ米サンノゼコンベンションセンターにて開かれたカンファレンス「WWDC17」の参加レポートをお届けします。WWDCは、カリフォルニア州で毎年6月に開催されるApple社主催の開発者向けイベントです。カンファレンスでは、ティム・クックCEOのKeynoteスピーチを皮切りに、Apple社の新しいソフトウェアと技術をいち早く経験できる100以上のセッションと、200以上の「ラボ(Labs)」が5日間にわたって繰り広げられます。昨年まではサンフランシスコで開かれていたWWDCですが、今年は15年ぶりにシリコンバレーの中心部でApple Infinite Loop、Apple Parkが所在するクパチーノ市のお隣の町、サンノゼ市で開催されました。今年の参加者規模は計75カ国から集まった5,300人。イノベーションの象徴ことApple社からお披露目されたワクワクする発表内容の数々をお伝えしていきます。

    WWDC LINE WWDC WWDC17

    もっと見る

  • The Next Webカンファレンス登壇レポート「なぜメッセンジャーサービスでチャットボットを作るべきか?」
    JoseLuis Takahashi 2017.07.11

    こんにちは。LINE開発1センターのテクニカルコンサルタントリード、そしてLINEのプロダクトマネージャーのJose Luisです。

    5月18日にアムステルダムで開催されたThe Next Web(TNW)カンファレンスの招待を受け、エンゲージ・セッションに参加してきました。イベントの簡単な紹介とエンゲージ・セッションについて書きたいと思いますが、まずは私たちを招待して頂いたことにTNWにお礼を申し上げたいと思います。

    chatbot 登壇レポート

    もっと見る