LINE Engineering
Blog

  • HTMLに近い感覚で自由なレイアウトが可能になった新しいメッセージタイプ「Flex Message」が追加!サンプルを交えてご紹介します
    Kazuki Nakajima 2018.06.12

     Flex Messageという新しいタイプのメッセージがMessaging APIに追加されました。これまでMessaging APIでは、シンプルなテキストの他にスタンプや画像といったメディアを表示することができるメッセージや、テンプレートという複数のボタンやURLを配置可能なメッセージタイプが利用可能でした。

    テンプレートはユーザーに複数の選択肢から回答を選んでもらうようなシチュエーションで特に有効でしたが、ボタンテンプレートでは配置できるボタンの数が4つまでだったり、タイトル、本文、ボタン、というようにレイアウトが画一的だったりという制約がありました。

    Flex Messageは極めて自由なレイアウトが可能なメッセージタイプで、その可能性はほぼ無限と言えます。一定の表示フレームがありつつも、HTMLに近い感覚でレイアウトをカスタマイズでき、各コンポーネントが美しく整頓されるような仕組みが提供されています。一例として、下図のようなメッセージを作成することが可能です。

    LINE BOT Messaging API

    もっと見る

  • LINEの新卒エンジニアが入社後どのような数ヶ月を過ごすのかご紹介!研修のお題は「LINEクローンを作る」
    Yusuke Kushii 2018.06.11

    LINE Engineering Blogや技術イベントなどを担当しています

     こんにちは、LINEでCulture Evangelistをしている櫛井です。
     今回はLINEに新卒エンジニアとして入社した場合、どのように最初の数ヶ月を過ごすのかご紹介したいと思います。

    はじめに

     LINEでは新卒採用を2013年から開始し、その後、採用数は年々増加しています。技術職は、開発/データ/インフラ/セキュリティの4職種でエンジニアを採用しており、オフィスも東京・福岡・京都の3拠点から選択が可能です。

    training newgrads

    もっと見る

  • OpenStack Summit Vancouver 2018参加レポート (2/2)
    Yuki Nishiwaki 2018.06.07

    LINE株式会社にてOpenStackを含むPrivate Cloudの運用開発を担当しています

    こんにちは、LINE株式会社 Verda 2チームの西脇です。先日の記事で聴講者としてコンテナ関連の発表を中心にいくつか気になるセッションを取り上げさせていただきましたが、2つ目になる本記事では我々がOpenStack Summit Vancounverで発表してきた「Excitingly simple multi-path OpenStack networking: LAG-less, L2-less, yet fully redundant」の内容をご紹介させていただきます。

    弊社の発表について

    今回のサミットでは、新しいリージョンで取り組んでいるEast-Westのネットワークトラフィックに強いデータセンタネットワークアーキテクチャとそれに対するNeutronインテグレーションに関して、私と同僚のサミルの2名で発表を行いました。英語にはなりますが下記に発表動画と資料のリンクを掲載させていただきます。

    Openstack

    もっと見る

  • 【登壇・協賛情報】GitHub Satellite 2018
    LINE Engineering Blog 2018.06.06

    2018年6月12日(火)〜13日(水)にGitHubが東京で初めて開催する、GitHubやソフトウェア開発の最新情報を届ける大型カンファレンス「GitHub Satellite 2018」にて、LINEはコミュニティスポンサーを務めさせていただきます。また13日(水)にはLINEの開発マネージャーである松野が登壇いたします。 参加費は無料ですので、満員になる前にお早めに参加ご登録ください!


    協賛情報 登壇情報 GitHub

    もっと見る

  • Messaging APIの新機能LIFFの使い方を解説します。
    Sho Tachibana 2018.06.06

    LINEのMessaging API、LINE Login等のプラットフォーム全般の啓蒙活動を担当しています。

    こんにちは。LINEでLINE Messaging APIやLINEログイン等のプラットフォームの啓蒙活動を担当している立花です。

    本記事では、今回新たに実装されたLIFFの概要と、使い方を解説します。

    LIFFとは

    LIFFとは、LINE Front-end Frameworkの略で、LINEアプリ内で動作するウェブアプリのプラットフォームです。

    LIFFに登録したウェブアプリ(LIFFアプリ)をLINEアプリ内で起動すると、LINEのユーザーIDや、LIFF APIを利用するためのトークンをLINEプラットフォームから取得できます。LIFFアプリではこれらを利用して、ユーザー情報を活用した機能を提供したり、ユーザーの代わりにトークルームにメッセージを送信したりできます。

    LINE BOT Messaging API

    もっと見る