LINE Engineering
Blog

  • 「LINEはエンジニアにとってめっちゃ面白いから知ってほしい!」新設された Developer Relations Team の活動を紹介します
    Yusuke Kushii 2018.01.18

    LINE Engineering Blogや技術イベントなどを担当しています

    こんにちは!LINEでTech PRをしている櫛井です。
    このLINE Engineering Blogも私が担当しているのですが、今回は新設された Developer Relations Team についてご紹介したいと思います。

    何を目的としたチームなのか

     端的に表現しますと「LINEが提供するAPIやSDKを使ってわくわくするサービスを作ってもらいたい」「LINEはエンジニアが働く環境としてめっちゃ面白いから知ってほしい!」「更に拡大解釈でよくしていきたいのでエンジニアが困っていることは何でもやります!」という部署です。

    ちょっとお堅い言い方だと「社内・社外へ向けて技術的な観点から啓蒙活動を行い、LINEのエンジニア文化やコミュニティ、エコシステムをよりよいものにしていくこと」を目的としています。チームメンバーはEvangelist、Advocate、開発者向けマーケティング、広報、人事など様々なバックグラウンドを持つ個性的なメンバーが集う社内でも稀有なチームとなっています。

    Developer Relations Team

    もっと見る

  • LINE Developersドキュメントサイトのリデザインの話
    Kenneth Lau 2018.01.11

    LINEプラットフォームの開発者向けドキュメントを担当しているテクニカルライターです。

    こんにちは。LINEの開発者向けプロダクトのドキュメントを作成している、テクニカルライターのKenneth Lauです。すでにお気付きの方も多いと思いますが、2017年9月にLINE Developersサイトが大幅に更新されました。このサイトでは、LINEログインやMessaging APIのような開発者向けプロダクトに関するドキュメントや、アプリ管理用の開発者コンソールにアクセスできます。サイトの変更内容の概要については、サイトのニュース投稿「LINE Developersサイトのデザインが新しくなりました」を参照してください。

    このブログ記事では、サイトを支える技術と開発者向けドキュメントの執筆プロセスに対する変更に焦点を当て、静的サイトジェネレータへの移行、この移行がドキュメント開発に与えた影響、そして今後の変更予定について述べたいと思います。まずは、LINE Developersサイトの簡単な説明から始めます。

    LINE Developers LINE Platform Technical writing Docs

    もっと見る

  • LINE Developer Meetup in Kyoto #23 参加レポート
    Keita Shiya 2017.12.26

    テクニカルPMチーム所属。新規サービス開発をしています。

    LINEでテクニカルPMをしているshiyaです。最近はサービスの新規開発をしています。今回は12月1日に開催しました、LINE Developer Meetup in Kyoto #23の参加レポートをお届けします!

    前回のMeetupと同様に、今回も130名以上の方にご参加いただき、非常に活気のあるイベントとなりました。ありがとうございました!

    LINE Kyoto LINE Developer Meetup DYI

    もっと見る

  • AIに「Clova、今日の天気は?」を理解させることの面白さ
    overlast 2017.12.23

    LINEのData Labsに所属している佐藤敏紀(@overlast)です。この記事はLINE Advent Calendar 2017の23日目の記事です。

    この記事では、スマートスピーカーで対処を求められる自然文クエリの言い換えがどれほど多様であるかを示し、「スマートスピーカーを実現するための自然言語処理の楽しさ」をお伝えしたいと思います。

    はじめに

    みなさんはスマートスピーカーを家に置いていますか?

    私は自宅のリビングに弊社が販売しているClova FriendsClova WAVEを置いていますし、それ以外に、Google HomeAmazon Echo Dotも設置しています。

    ちょっと多すぎでしょうか (;^_^A

    これらのスマートスピーカーは、主に人間の言葉を聞いてその内容に基づいた動作をします。たとえばClova Friendsに「Clova!小町さんに電話して(クローバ コマチサンニデンワシテ)」と、電話をかける気持ちで声をかけると、Clova FriendsはLINEのIP電話機能を使って小町さんに電話をかけてくれます。

    スマートスピーカーは、主に音声を使ってユーザーの言葉に応答します。画面が付いているなら音声以外に画像や動画を使った応答もできますし、さらに手足が付いているなら簡単なジェスチャーも同時にできるでしょう。

    スマホやパソコンから得られる情報の形式は主にテキストや画像ですが、スマートスピーカーからは、音声、映像、アクションなどが融合した「誰かと会話したときのような」情報が得られます。

    他の人間が発信する情報というだけであれば、テレビやラジオなどのマスメディアからも多くの情報を得られます。しかし、個人用として提供されているスマートスピーカーなら「より自分の今の状況に合う情報」を得ることができます。

    スマートスピーカーによる応答が面白いのは、音声認識によりクエリを取得して、音声合成でクエリを処理した結果を発話することで、「誰かと会話したときに近い形で」「よりユーザーの状況に合う情報」を返せるところだと思っています。

    自然言語処理 NLP

    もっと見る

  • Qiitaで人気のLINE関連投稿紹介(保存版)
    Shinichiro Isago 2017.12.21

    Developer Relations Teamマネージャーの砂金(いさご) @shin135 です。この記事はLINE Advent Calendar 2017の21日目の記事です。

    LINEでは12月よりDeveloper Relation Teamを新設し、より一層エンジニアのみなさまとの関係構築に注力して参ります。

    LINEとしてエンジニアが積極的に情報発信してゆく雰囲気を応援しようという意図で、Qiitaのアドベントカレンダーに協賛させていただいている流れもあり、今回はQiita上でLINE、特にチャットボット開発に関連した記事をピックアップして、みなさまが後に参照するときに困らないためのまとめ記事として紹介してゆきます。LINE Bot関連情報はWeb上に多くあるものの、まとまった記事を見つけにくいというご意見もいただいており、こちらの投稿を「はてぶ」などで保存版としてご活用いただけると幸いです。ここに掲載させていただいた方々のみならず、LINEが公開しているMessaging APIやLINE Loginを実際に試していただいたすべてのエンジニアのみなさまに、改めて御礼申し上げます。

    Qiita上の投稿は1.事例系、2.作り方解説系、3.Tipsの3つに分類することができそうなので、順にご説明してゆきます。

    AdventCalendar Bot

    もっと見る