LINE Engineering
Blog

  • サーバーサイドKotlinの知見/KotlinでClova Skill Award挑戦
    Hokuto Kagaya / Akira Iwaya 2018.08.13

    Hokuto Kagaya: 2016年入社。LINE GAME プラットフォームのチームにおいてサーバサイドの開発に従事。/ Akira Iwaya: LINE LIVEのAndroidアプリを作っています。趣味ではリマインくんというBOTを作っています。

    はじめに

    LINE Engineering Blogをご覧の皆さまこんにちは!今日の記事は2名の連名によってお送りします。LINEでゲームプラットフォームを開発しているKagayaと、ライブ配信サービスLINE LIVEのAndroidアプリを開発しているakiraです。こちらはLINE Engineering Blog「夏休みの自由研究 -Summer Homework-」の9日目の記事です。

    Kotlin summer homework Android

    もっと見る

  • LINE Developer Meetup #38【京都】 参加レポート
    ha1f 2018.07.11

    LINE Fukuokaで、普段はiOSアプリを開発しています。

    こんにちは。LINE FukuokaでiOSエンジニアをしているはるふです。

    去る6月22日(金)、新しくオープンしましたLINE KYOTOにてLINE Developer Meetup #38を開催しました。 テーマは「ニッチ言語」ということで、Swift(Server-side), Elixir, Clojureという3つの言語について、実際に使っている方々からの、紹介を兼ねてのセッションでした。 自分も参加してきましたので、そのレポートをお届けします。


    LINE_DM

    もっと見る

  • RedisConf18登壇レポート
    Jongyeol Choi 2018.07.06

    LINE Messenger ServerのStorageチームでRedis関係の様々な開発を手がけています。

    こんにちは。LINEのRedisチームのJongyeol Choiです。LINEでは、各サービスで様々なストレージシステムを使用しています。たとえばメッセージングサービスではRedis、HBase、Kafkaといったオープンソース・ストレージシステムをたくさん利用していますが、中でも私が担当しているのはRedis関係の開発です。その業務の一環として今年4月26日、米サンフランシスコで開かれたRedisConf18に発表者として参加し、「Redis at LINE, 25 Billion Messages Per Day」と題して発表を行いました。今回の記事では、発表の準備から発表への反応、そしてカンファレンスの雰囲気などをお届けします。

    RedisConf18 Venue

    Server Redis RedisConf

    もっと見る

  • API the Docs参加レポート
    Serizawa 2018.05.17

    LINEプラットフォームの開発者向けドキュメントを担当しているテクニカルライターです。

    はじめに

    こんにちは。テクニカルライターのSerizawaです。LINEには、エンジニアが最新の技術動向を把握できるよう、海外で開催されるカンファレンスに会社負担で参加できる制度があります。今回の記事では、その制度を利用して参加してきたAPIドキュメンテーションのカンファレンス「API the Docs」の様子をご報告します。

    API the Docsは、テクニカルライター、API開発者、プロダクトオーナー、エバンジェリスト向けに年に数回世界各地で開催されている、APIドキュメンテーションに特化したイベントです。デベロッパーエクスペリエンスの重要な要素であるドキュメンテーションについて、最新のベストプラクティスやトレンドについて知見を共有し、意見を交換する場になっています。

    Technical writing

    もっと見る

  • LINE Game Cloudの例に見る関数型言語の特徴
    Bu Sung Kim, Jae Ho Lee 2018.03.05

    Busung Kim:LINEでGame Promotion Platformの開発を行っています。プログラミング言語に大変興味があり、最近、Kotlinの勉強を始めました。 Jaeho Lee:LINEでGame Tech PMを務めています。最近はJavascriptに関心があります。

    こんにちは。LINEでゲームプラットフォーム開発を担当しているジュニア開発者のBusung Kim、Jaeho Leeです。LINE Game Cloudが関数型プログラミング言語の一つであるClojureで実装されているのを見て、関数型言語に興味を持つようになりました。本記事では、LINE Game Cloudの例に見る関数型言語の特徴をいくつかご紹介したいと思います。

    LINE Game Cloudと関数型プログラミング言語

    LINEは、グローバルにゲームサービスを安定して提供するため、LINE Game Cloudというクラウドベースのゲームサーバープラットフォームを構築・運用しています。LINE Game Cloudは、サービスのグローバル化やリリースプロセスの自動化を目指して始まったプロジェクトです。現在、同プラットフォームを通じて世界各地のユーザにゲームサービスが提供され、サーバーの自動手配、L4/L7ルーティング、DNS、自動スケールといった対応が行われています。プロジェクトの詳細については、下記ページからご確認いただけます。

    Functional Programming LINE Game Cloud Clojure Server

    もっと見る